ピクシブ百科事典

大友義鑑

おおともよしあき

大友義鑑とは大友義長の長男で大友義鎮(宗麟)、晴英(大内義長)、塩市丸の父。後に後継者問題を起こし、最後は家臣に斬られて死亡した。(1502年-1550年)
目次[非表示]

父と祖父の後見を得て当主となる

1502年、大友家第19代当主・大友義長の長男として生まれる。初名は親安。後に親敦と改名した後、足利義晴の偏諱を受け義鑑に改名。ちなみに親安の誕生から3年後の1505年には弟の大友重治が誕生している。

1515年、父・義長が隠居した事により第20代目当主に就任したが若年の為に父が後見を務める事となるが、1518年に父が死去すると代わりに祖父の大友親治が1524年まで後見を務めた。

なお、家督相続直後に家臣・朽網親満の反乱が起こったが、これを鎮圧している。

弟と大内家との戦い

この頃の大友氏は大友義長の時代に内紛を収拾していたため、義鑑は積極的な領土拡大政策に乗り出した。そこで義鑑は強敵がいない肥後に勢力拡大を図った。

更に肥後国の名門・菊池氏に目を付けた義鑑は菊池武包を追放し、弟・重治を送り込んで菊池家を継がせたのである。

しかし、元々粗暴の振る舞いが多かった弟・重治(この時点で菊池義宗に改名していたとされる。)とは仲が悪かった事が原因か、重治は突如謀反を起こして兄と対立。

更に大内義隆が攻めてくるなど劣勢に立たされるも1538年に幕府の仲介もあって大内家と和解している。1543年には肥後守護に任命される。

二階崩れの変

しかし1550年、側室(塩市丸の母)と家臣・入田親誠と共に長男・義鎮を廃嫡する事を画策。

まず義鑑は小佐井大和守鎮直斎藤長実ら義鎮派の主要家臣を次々と謀殺していった。

ところが、義鎮派の主要家臣の一部である津久見美作田口新蔵人鑑親はこれを察知し、1550年2月に府内館2階で就寝していた義鑑を初めとする6人を襲撃。

この結果、塩市丸とその母と娘2人は死亡。義鑑は負傷しながらも2人を討つが、やがて義鎮を居城に呼び寄せて領国経営に関する置文を残して48歳で死去。

その後、入田親誠は阿蘇家に逃亡するも変の黒幕として阿蘇惟豊に謀殺されたのであった・・・。

信長の野望

覇王伝PKから登場。天翔記PK-蒼天録、創造PKに二階崩れの変がイベントとして実装されている。

コメント