ピクシブ百科事典

鍋島直茂

なべしまなおしげ

九州地方の戦国武将。主家である龍造寺氏を支えた智勇兼備の名将で、豊臣政権による九州征伐や関ヶ原の戦いといった、数々の中央との関わりを巧みに乗り切り、後には龍造寺氏の遺領を継承し佐賀藩の祖となった(1538年-1618年)。
目次[非表示]

概要

生没年:天文7年3月13日(1538年4月12日)~元和4年6月3日(1618年7月24日)
肥前佐嘉郡の豪族鍋島清房の次男。
幼名は彦法師丸。仮名は孫四郎。諱は信安→信真→信昌→信生→直茂。ちなみに直茂の諱は龍造寺隆信死後の名乗りで、それ以前は信生(のぶなり)とかで表記されることもある。しかしこの記事では諱を直茂で統一する。
 肥前の戦国大名・龍造寺氏の家臣であり、同家20代目当主である龍造寺隆信従弟にして義弟でもある。あくまで龍造寺氏の家臣という立場を通していたものの、戦国時代後期の実質的な大名として数えられており、後の肥前佐賀藩の基礎を作り上げた名将として知られる。
 彼の子孫で、幕末期に藩政改革で先進的な軍事技術を導入(有名な兵器アームストロング砲)したことで有名な鍋島直正がいる。
 また化け猫のモチーフである鍋島化け猫騒動でも有名である。

 豊臣秀吉からは天下の三陪臣として、小早川隆景直江兼続と並んで評された(直茂の代わりに堀直政が挙げられる場合もある)一方、「知恵と大器はあるが大気がない」とも評されている。大気とは野望という意味であり、意訳すれば「強いんだけど自重気味」ということである。他方で後述する関ヶ原での動向を始め、見事な狸親爺っぷりも発揮している。
 主君・龍造寺隆信とセットで「龍造寺の仁王門と称されるくらい仲が良かったが、次第に色に溺れていく隆信を諫言したため、次第に仲が悪くなったとも言われている。

ちなみにネット界隈では「ナベシマン」などと呼ばれている。

生涯

西千葉氏の養子時代

鍋島氏は祖父の清久の代から龍造寺氏に仕えており、また直茂の母は隆信の祖父・龍造寺家純の娘であるなど、血縁の上でも強い結び付きを築いていた。直茂が4歳となった天文10年(1541年)には、龍造寺氏の主筋である少弐氏の意向により、肥前小城で西千葉氏の千葉胤連(妻は家純の娘)に養子として預けられる。しかし天文14年(1545年)に少弐家中での実権を巡り、馬場頼周(子・政員の妻は家純の孫娘)の策略で水ヶ江龍造寺家当主の龍造寺家門(家純の弟)・家泰親子や家純・周家親子ら龍造寺氏の一族の多くが殺害されるという事件が発生。これにより龍造寺氏と少弐氏は敵対関係に転じ、直茂は実父・清房によって養子縁組を白紙に戻す形で実家に戻った。ただし養父だった胤連はその後も龍造寺・鍋島に同調し隠居時に西千葉氏の勢力や家臣団を直茂に譲ったが江里口信常(元々は父・清房の家臣)もその中の一人である。

龍造寺の仁王門

90代の超高齢ながら子や孫の死もあり水ヶ江龍造寺家当主に復帰していた龍造寺家兼が亡くなると、僧籍に入っていた曾孫の円月坊が家兼に指名され後を継ぎ胤信(のち隆信)と名乗った。また彼の生母である慶誾尼(けいぎんに)が清房の継室になった事により、隆信と直茂との間に義兄弟の関係が出来た。龍造寺氏にとって、清房・直茂父子の存在が重要であると確信した、慶誾尼による半ば押し掛けも同然の縁組であったという。
 これ以降、直茂は隆信から絶大な信頼を受ける事となり、後に宿敵である少弐冬尚やその弟・政興を滅亡に追いやる上でも多大な働きを見せている。

永禄12年(1569年)、当時龍造寺氏が従属姿勢をとっていた豊後の大友宗麟の軍が肥前に侵攻。この時直茂はまず隆信に篭城を進言し、同時に安芸の毛利氏に領地の挟撃を要請した。翌元亀元年(1570年)の今山の戦いでは敵方の士気の緩みを察して夜襲を進言、慶誾尼の後押しもあってこの策が容れられると、直茂自らも部隊を率いて敵陣への突入を敢行する。この夜襲により大将の大友親貞(宗麟の従弟または弟)を討たれるなど、混乱に陥った大友軍は潰走を余儀なくされた。直茂はこの大勝を記念し、家紋をそれまでの「剣花菱」から大友氏の用いていた「抱き杏葉」へと改めている。

 その後も天正3年(1575年)の少弐氏残党の討滅、翌年の有馬氏・大村氏の屈服においても多大な功績を上げ、天正8年(1580年)に隆信が隠居すると、その後を継いだ嫡男・政家の後見人を任されるなど、引き続き厚い信任を受け隆信とペアで「龍造寺の仁王門」と呼ばれた。

しかし龍造寺氏と鍋島氏との関係にも、次第に変化が生じていく事となる。その最初の契機となったのが翌天正9年(1581年)、隆信や田尻鑑種との共謀による柳川城主・蒲池鎮漣(鑑盛の子)の殺害と、それに続く蒲池一族の討滅である。一連の蒲池討伐の後、隆信の命令で柳川城主に任命され、筑後の国政を担う事となった直茂であるが、これは直茂の手腕を信頼しての委任であったと言われる一方、諫言も厭わない直茂を疎んじた隆信が、大友氏との抗争の最前線でもあった筑後へと遠ざけたとする見解もあり、未だ解釈の分かれるところである。
 天正12年(1584年)に島津氏との間で発生した沖田畷の戦いで隆信が討死すると、当初殉死も考えていた直茂は木下昌直や他の家臣たちの勧めもあって肥前へ撤退、残された主君・政家を補佐すると共に島津氏との折衝にも尽力した。島津側からの隆信の首の返還を断固拒否するなど強烈な敵対姿勢を示しつつも無事に講和に漕ぎ着け、合戦での惨敗にも関わらず好条件での恭順が認められた。

豊臣政権への接近と実権掌握

 天正15年(1587年)より始まった豊臣秀吉九州征伐は、直茂と龍造寺氏との関係において2度目の転機ともなった。
 この時、かねてより秀吉と誼を通じていた直茂は、当初島津氏に従って立花城包囲戦に参加しつつ、秀吉軍の接近を知ると島津と手を切って鞍替えし、秀吉軍の先導役を務めた。また肥後南関にて囚われの身であった高橋統増(統虎の弟)に立花統虎の母親と妹の救出にも当たっている。
 その甲斐あって秀吉からは一連の働きを高く評価され、戦後処理において直茂と勝茂父子は龍造寺氏とは別に所領を受け取ると共に、主君・政家に代わって肥前の国政を担うよう命じられた。これ以降、朝鮮出兵における龍造寺家臣団の統率なども通して彼らの直茂への傾倒が深まるなど、龍造寺氏から鍋島氏への実権の移譲が着々と進む一方、肥後における一揆鎮圧を巡って政家が秀吉の不興を買った際に弁明に当たったり、直茂による政家毒殺の企てが噂されると弁明のための起請文を提出して異心のない事を示すなど、あくまでも主家である龍造寺氏を立てる姿勢を示し続けた。
 ちなみに、朝鮮出兵の折に当地の陶工らを日本に連行しており、後に肥前にて彼らに陶磁器を作らせている。これが今に伝わる有田焼(伊万里焼)の始まりにして、本邦における陶磁器製造の原点ともなった。

関ヶ原合戦時の直茂

 慶長3年(1598年)の秀吉薨去の後、徳川家康石田三成ら奉行衆との間で対立が生ずると、家康の勝利を予測した直茂は彼に恭順の意を示したが、ここで思わぬ誤算が発生する。息子の勝茂が西軍に属し、伏見城や安濃津城攻めにて主力として参加していたのである。この事態を受けて直茂は、まず尾張方面の穀物を買い占めてその目録を家康に献上、さらに勝茂とその軍勢を速やかに前線から退かせ関ヶ原本戦に参加させない事で、立場の保全を図っている。
 さらにその後の家康側からの要請に応じ、九州各地の西軍諸将の居城攻略にも当たっており、小早川秀包の久留米城や立花宗茂の柳川城を相次いで降伏・開城させた他、実行には至らなかったが島津討伐に向けた準備もしている。この一連の直茂の奮闘が功を奏し、肥前佐賀の龍造寺氏本領は辛うじて安堵される結果となったが、ここでも龍造寺家中で家康から直々に労いの言葉を得た龍造寺茂綱(後藤茂綱)に対して、自身よりも所領を多く与えるなど龍造寺家中への配慮も忘れる事はなかった。

佐賀藩祖として

 しかしそうした直茂の数々の配慮とは裏腹に、主君・政家の嫡男である龍造寺高房は徳川氏による政権が確立する中で、江戸幕府に対して龍造寺氏の実権の回復を働きかけるようになった。しかし幕府のみならず、龍造寺信周龍造寺長信ら隆信の弟やその他一門衆も龍造寺氏から鍋島氏への禅譲を積極的に支持。これにより龍造寺氏の遺領を引き継ぐ形で嫡男・勝茂が佐賀藩を立藩、直茂はその「藩祖」として勝茂を後見する形で、藩政に参与する事となった。
 この裁定を不服とした高房は慶長12年(1607年)3月、直茂を恨んで夫人(直茂の養女)とともに心中を図るという事件を引き起こしている。高房はその後同年9月にこの時の傷が元で憤死しているが、その間の7月には直茂が政家に対し、高房の行状を非難した「おうらみ状」と呼ばれる書状を送るなど、この件に対する不満を示している。さらに時代が下り寛永11年(1634年)、高房の遺児・季明(伯庵)が江戸幕府3代将軍・徳川家光相手に龍造寺家再興を直訴する騒動が起こっている。
 
 高房、そして政家が相次いで死去する中で、直茂は龍造寺氏やその遺臣への配慮を欠かさぬ一方、藩主である勝茂と共に子息に相次いで支藩を立藩させるなど、家中における彼らの影響力を次第に弱めていった。
 元和4年(1618年)、耳の腫瘍が元で81年の生涯に幕を下ろした。激痛に苦しんだ末の半ば悶死に近い最期であった事から、直茂の死は高房の亡霊のしわざではないかと噂され、これが「鍋島家化け猫騒動」の由来のひとつとなった。

戦国無双

武器:薙刀(2) 槍(3以降) 声:江川央生(2Emp) 山田真一(3Emp) 金本涼輔(4)

「おのれ島津…今は勝ちを誇るがよい!だが、この俺が大友家を、そして天下人・秀吉を動かしてきっと貴様らを滅ぼし、領地を取り戻してやる!」(3Empries:龍造寺滅亡より)
「い、要らぬ! なにやら不吉な予感がするわ!」(chronicle:柳川攻防戦)
「味方が中央湿地帯に密集していませんか…。殿、これは危険です…!」(4:沖田畷の戦い)
「殿、お待ちを!戦線が膠着している今、本陣をみだりに動かすなど危険です」(同上)
「天下に轟く智勇、味わってみるがいい!」(4Empriesにおける特殊台詞)

概要

モブとして2から登場しているが、大きく目立ったのは3から。

3Empriesでは立花道雪から送られてきた酒を飲もうとする隆信に対して、毒が入っているのでは無いかと疑っていた。(ただし当の隆信本人は道雪が毒を盛るような人物では無いと反論した。隆信の豪胆と直茂の慎重を対比する逸話である。)

その後、沖田畷の戦いで主君・隆信が戦死すると上記の台詞の通り島津に対して大友、豊臣を動かしてまでも滅ぼそうとした。この時のみ、一人自称が「俺」となっている。

chronicleでは化け猫騒動の逸話を反映してか、義弘が猫を進呈しようとした際に不吉な予感があると言って反対した。4では固有武将として登場。味方が中央へ進軍した際に島津の策を見抜くが、隆信からは臆病者や空気の読めぬ男と言われている。

4Empriesでは前作に無かった特殊台詞を引っ提げて登場した。

信長の野望

「武将風雲録」から登場。明智光秀に匹敵する能力値で登場しファンに衝撃を与えた。風雲録では国主になると独立を狙う危険人物だったが覇王伝以降は危険ではなくなった。

関連タグ

戦国時代 龍造寺隆信 佐賀 小早川隆景 立花宗茂 江里口信常 龍造寺四天王 化け猫

関連記事

親記事

九州勢 きゅうしゅうぜい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「鍋島直茂」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 166230

コメント