ピクシブ百科事典

戸次鑑連

べっきあきつら

大友家に仕えた九州の戦国武将。
目次[非表示]

戸次鑑連(立花道雪

 pixivでは道雪タグの方が多い。

概要

豊後鎧岳城主、十四代目戸次親家の嫡男。大友家の加判衆。
立花誾千代の父であり、立花宗茂の養父でもある。

14歳で初陣を果たし敵将を捕縛する武功を立てるなど、当時から大器の片鱗を見せていた無敗の名将。
毛利元就小早川隆景吉川元春中国勢との長年に亘る戦での功績が認められ、1571年に立花山城主となり立花氏を継いだが本人は立花姓を名乗らなかった。龍造寺隆信の筑後侵攻の途上に病死した。

家臣を大切に思い、また家臣から尊敬される人望の篤い人である。

逸話

・37戦無敗、雷を斬ったなどの逸話から、「鬼道雪」「雷神」と称される。雷切丸は、立花家の至宝として今も伝わる。
・陣中で病没した道雪を戦場から運ぶ際、敵方の島津軍・秋月軍の兵達は名将の喪を悼み、誰一人とて攻撃を加えるものは居なかった。
・主君である大友宗麟には躊躇いなく諫言をしていた。
  ・宗麟が悪戯でけしかけた鉄扇で一撃で叩き殺して説教。
  ・に溺れる宗麟を嘘の宴会で誘い出して説教。
  ・負け戦をした宗麟に無能ぶりを手紙で説教。 など

関連タグ

戦国 戦国武将 九州勢
立花誾千代 立花宗茂 大友宗麟

pixivに投稿された作品 pixivで「戸次鑑連」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38142

コメント