ピクシブ百科事典

立花誾千代

たちばなぎんちよ

立花道雪の娘、立花宗茂の妻。
目次[非表示]

立花誾千代(たちばな ぎんちよ)は戦国時代の女性。父親は立花道雪(戸次鑑連)。夫は立花宗茂
表記揺れ: 立花ギン千代

概要

立花道雪の娘として生まれた。道雪には男児が生まれなかった為に、家督を継ぐこととなる。
その際男性当主が家督を相続するのと同じ手続きをとった。
このことにより戦国時代でも稀な女性当主となった。高橋紹運の子、立花宗茂を婿に迎えた。
豊臣秀吉の命により宗茂が柳川城へ移ると、立花山城の明け渡しに反対して別居。
関ヶ原の戦いの際には、鎮西に撤退してきた宗茂を出迎えた。
宗茂が改易された2年後にこの世を去った。

立花誾千代の逸話

誾千代の逸話には、女性当主という肩書きや父や夫の影響からか烈女としての逸話がいくつか存在する。
宗茂が文禄・慶長の役で不在の際に、言葉巧みに秀吉が誾千代を名護屋城に呼び寄せた際、付き人の女中に鉄砲を持たせ、自らも武装して悠々と入城し、秀吉はそのことに恐れをなし、手も足も出なかったという。
また関ヶ原で敗北した時には、甲冑を着込み自ら出陣し敵軍を威嚇したとも伝わっている。
また一般的には夫である宗茂とは不仲であるとされるが、宗茂との関係を示した確固たる資料は発見されていない。

登場作品における立花誾千代

戦国無双』シリーズ

「女ではない、立花だ!」

ギン千代


CV:進藤尚美
無双奥義・奥義皆伝の文字:『迅』『雷』

立花家当主。男装の麗人
容姿はショートカットの髪型に、細身の身体つきをしている。頭を保護するに体にフィットした甲冑を着用している。「雷切」と呼ばれる稲妻を帯びた武器として使用して戦う。

言動においても、女性的な所作というよりも立花家当主としての自覚を持った言動を行う。
なお、彼女の設定の多くは、父の道雪や夫の宗茂の設定を取り込んでいる。その為か『2』までゲーム内における宗茂の存在は完全に黙殺されてしまっている。
その後、『戦国無双3』において宗茂が登場することで、夫婦の間の絡みが時々ネタになるが、基本的に自由奔放な宗茂に振り回されていることが多い。

また、厳格な面を持つ一方で、(表面上は否定しているものの)可愛い物や小動物が好きな面もあり、『無双OROCHI2』での小喬との会話に出てきた「ふわふわもふもふのパンダの赤ちゃん」を想像し、目を輝かせたまま固まってしまう、安倍晴明の肩の上に乗っている狐に見とれるも「別に、そのふわふわのもふもふに興味はない」と気のない素振りを見せる(但し、晴明には「その割には顔がとろけている」と笑われている)、といった姿を見せている。
更に、『戦国無双4』の流浪演舞ではぼたもちが好きな事が判明し、「丸くて可愛い」ぼたもちを前にすると我を忘れてしまう場面が見られる。
これは熊本にある彼女の墓が地元では「ぼたもち様」と呼ばれていることに由来する。

ちなみに、ポケナガギンチヨのパートナーはでんきタイプ
戦国無双シリーズでの武器の属性設定に由来しているのだろう。

『殿といっしょ』

立花誾千代



父の道雪に似た顔立ちで、父親と同様、吹き出しが角ばっている。「し」「す」の発音が「チ」になる。3歳ながら言動がはっきりし、大友宗麟も驚かせる幼女。

『うっかり戦国四コマかいこ』→かいこ

ぎんちゃん



父道雪に似た黒髪ぱっつんの髪型に、夫立花宗茂と似たアシンメトリデザインの衣装。
夫に対して世間一般基準のツンデレよりずっとデレてはいるのだが、数少ないデレを女心の読めない宗茂が完全にスルーしてしまう結果、愛情表現が空回ってしまっている事が多い。


関連タグ

戦国時代 戦国武将 創作戦国
立花宗茂 立花夫婦 島ギン 無双 ツンデレ 立花道雪 ぎんぽっぽ

pixivに投稿された作品 pixivで「立花誾千代」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1498725

コメント