ピクシブ百科事典

剛勇鎮西一

ごうゆうちんぜいいち

剛勇鎮西一とは、戦国大名である立花宗茂の異名。
目次[非表示]

概要

由来は立花宗茂が豊臣秀吉「九州征伐」の際に、抜群の活躍をした為
秀吉が「その忠義、鎮西一。その剛勇、また鎮西一」(その忠義も武勇も九州随一である)と
高く評価した事から由来している。

またこの時、戦が終わった後に秀吉はその功を認めて筑後柳川13万2000石を与え、
大友氏から独立した直臣大名に取り立てた。

ちなみに鎮西とは、昔の九州の行政・軍事などの中心官庁であった
鎮西府が福岡に置かれたことから、九州の別称として扱われるようになった。

立花宗茂はその他にも多くの武将から評価されており、同じく秀吉から
「九州の逸材」や、並みいる諸大名を前をして「東に本多忠勝という
天下無双の大将がいるように、西には立花宗茂という天下無双の大将がいる」
小早川隆景「立花家の3000は他家の1万に匹敵する」と評価し、
加藤清正から「日本軍第一の勇将」と絶賛された。

戦国時代の人物の主な異名タグ


関連タグ

戦国時代 戦国武将 戦国大名
創作戦国

pixivに投稿された作品 pixivで「剛勇鎮西一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30387

コメント