ピクシブ百科事典

独眼竜

どくがんりゅう

伊達政宗の通称。

概要

伊達政宗が幼少時に患った疱瘡により右目を失明し隻眼となったことが由来とされている。
なお、今でこそ政宗の代名詞の様になっているが、元々は中国の名将、李克用の異名である。彼もまた隻眼であり、優れた軍略家であった。
江戸時代(幕末)の歴史家頼山陽の漢詩が初出とされる。

独眼竜政宗など、小説物語のタイトルとしても使われている。

関連タグ

お館様 筆頭
戦国無双 戦国BASARA 独眼鉄

pixivに投稿された作品 pixivで「独眼竜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 343443

コメント