ピクシブ百科事典

今世の張良

こんせのちょうりょう

今世の張良とは、日本の戦国時代に活躍した黒田官兵衛(孝高)の異名。異名タグの一種。
目次[非表示]

今世の張良とは、戦国時代に活躍した黒田官兵衛(孝高)の姿勢が、主君を助け、
神算鬼謀の知恵者であったことからこの様に評された。

概要

徳川秀忠が黒田官兵衛のことを「今世の張良なるべし」と評したことが由来。

張良とは、中国秦末期から前漢初期に活躍した天才軍師。彼はよくその知恵で主君
である劉邦を助け、ついには彼の働きもあり主君である劉邦は皇帝となった。

漢末期が荀彧を迎えた曹操は「我が子房が来た」と大いに喜んだ。子房とは前漢の張良の字であり、劉邦が智者の張良を幕下に加えて覇をなしたことになぞらえたのである。

歴史小説三国志演義諸葛亮も自分を評する際に彼の名前を出したと言われている、正史三国志自らを管仲楽毅になぞらえていたと言います。
実際は陳寿の評にいわく「蕭何にも匹敵する」とのことである。

戦国時代の人物の主な異名タグ


関連タグ

両兵衛 戦国武将 戦国大名

pixivに投稿された作品 pixivで「今世の張良」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27862

コメント