ピクシブ百科事典

黒田長政

くろだながまさ

黒田長政は、安土桃山時代から江戸時代にかけて登場した武将・大名。筑前福岡藩初代藩主。父親は稀代の軍師と知られる黒田孝高(官兵衛・如水)。父と同じくキリシタン大名。後世部下に対する嫌がらせから評価が分かれてしまっている。
目次[非表示]

生涯

永禄11年(1568年)、黒田孝高の嫡男として生まれる。幼名・松寿丸
当初は織田信長への人質として、家臣である羽柴秀吉に預けられて育った。
しかし、荒木村重が主君・信長に反旗を翻す事件が起こり、
その村重説得に赴いた父・孝高があろうことが、逆に捕縛されてしまった。
一向に帰る気配のない孝高に業を煮やした信長は、寝返った可能性ありとして
松寿丸への処刑の命が下る。
しかし、竹中重治(半兵衛)の機転により一命を助けられている。

その後、父親に付き従い各地を転戦し、親子の功績が認められ豊前国中津に12万5,000石
の所領を与えられた。そして、天正17年(1589年)、父が隠居に伴い家督相続した。

秀吉の朝鮮出兵にも従軍し、ここにおいても数々の武功を挙げたが、
石田三成小西行長らと対立することとなり後の禍根となった。

秀吉死後は、石田三成らとの対立関係から徳川家康に接近し、
家康の養女を正室にするなど家康に忠実に仕えるようになっていった。

家康の上杉景勝討伐に参加して、西で石田三成らが挙兵するとそのまま東軍側の武将として
関ヶ原の戦いで戦った。
ここでの長政の活躍は冴えわたり、武勇だけでなく小早川秀秋吉川広家などの寝返りの
調略も行い成功した。
その働きが認められて、東軍一の功労者として筑前名島(福岡)に52万3千石を与えられた。

その後、大阪の陣などにも参加して、京都知恩寺で病のため死去。享年56歳。

人物・逸話

・当初は武勇に優れた武将であったが、関ヶ原の戦いにおいては父親譲りの調略を発揮したことなどで、高い知略も持ち合わせていたことが分かる。
・関ヶ原の戦いの後、東軍に属した長政と父・孝高とのある日のやり取りで
 長政は「家康公は私の手を3度とり、喜んでくださいました」と言う。
 如水は「それはどちらの手だ」と尋ねた。
 その質問を妙と思いつつも「右手でございました」と答えた長政に、
 如水は「その時お前の左手は何をしていたのだ」
 つまりは「なぜ家康を刺し殺さなかったのか」と返したと言われている。
    ただし、この逸話は江戸時代の著者不明の古文書『古郷物語』が出所であり、
    現在確認できるそれ以前の史料には一切登場していない。
    有名な逸話だが、後世の創作と思われる。
・また嫉妬深い一面もあったようで、黒田家随一の勇将で父からも厚遇を受けていた
後藤基次(又兵衛)を追放してしまい、さらに奉公構という再登用をほぼ無効にしてしまう措置も行った。
また同じく黒田家中の筆頭的存在である武将・母里友信が長政の子・黒田忠之に対して、
「父君以上の功名を挙げなさい」と言ったとされ、それを知った長政は
「父以上の功名とは何事だ」と激昂して、友信を殺そうとしたこともあった。

 これらのことで長政の人物としての悪評を買い、武将として評価にも悪影響を
 後世にわたって与えてしまった。
 今日においては基次の件に関しては父親以上に厚遇していたにも関わらず、
 禁止した細川家との付き合いを守らなかったことが原因とされている。
 基次には長政の命令を軽視した逸話が数多く残っている。


・月に一度、信頼のおける家来と共に「異見会(腹立たずの会)」という、上下の隔てなく対等な立場で討論の上で決断する議会を行ったとされる。
お互いに「腹を立ててはいけない」を大前提のルールとし、主君である長政にも非があれば進言するようにしていた。その場でもし、長政に少しでも怒るような雰囲気が見られると、他の者達は「おやおやこれは一体どういうことですか怒り給えるように見えますぞ」と言い、すると長政は「いやいや、心中には少しも怒りはない」と顔色を和らげたという。

黒田長政「腹立たずの会(異見会)」


自分自身の不完全さを自覚するための良い機会であったようで、長政の遺書にはこの異見会を続けるようにと綴られていた。

・歴代の黒田家当主を記した家伝に「とても歌が下手」と書かれてしまうくらい音痴だったらしい。

創作

軍師黒田官兵衛伝

主人公・官兵衛の嫡男。幼くして臣従の証として織田家に送られ、ねねの下で育てられる。
官兵衛が荒木に寝返ったと誤認した信長により処刑されそうになるも、半兵衛の機転により難を逃れ、軟禁生活の後に官兵衛が黒田軍に救出されたことを受けて復帰した。
ねねの弟子である大谷吉継らと共に文武を学ぶが、先輩の加藤清正福島正則の暴れん坊コンビに影響され、「軍師」というより「武将」寄りに育っていくこととなる(官兵衛は清正&正則に「なんちゅうことを教えとんだ~!」と腹を立てていた)。
幼い頃より殺人級の音痴であり、宇喜多直家の元妻・福(秀吉の側室「円融院」)は長政の歌を聞いた途端に耳から血を噴き出し「歌で暗殺するとは…」などと息も絶え絶えに発言していたほど。
は得意であるが馬術秀吉並みにヘタクソである。


関連タグ

日本史 戦国武将 キリシタン大名 東軍
黒田孝高(官兵衛如水) 後藤基次(又兵衛)
福岡県

pixivに投稿された作品 pixivで「黒田長政」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 179120

コメント