ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

曖昧さ回避

  1. 囚人が何らかの方法を用いて刑務所牢屋を破り、脱走すること。本稿で詳述。
  2. 上から転じてiPhoneなどのiOS端末においてAppleが承認していないアプリのインストールを可能な状態にすることも脱獄といい、サポート外となる。Androidにおけるroot化の事である。逆に正規の状態に戻すことは「入獄」と言う。
  3. SNK1988年に販売した業務用ベルトスクロールアクションゲーム。翌年にファミリーコンピュータに移植。→脱獄(SNK)
  4. NeruによるVOCALOID鏡音リンを使ったオリジナル楽曲。→脱獄(Neru)

1. の概要

刑法では97条【逃走罪】にあたり、1年以下の懲役とされる。また、脱獄の際に「拘束具を破壊する」「暴力的手段を用いて脱走する」「2名以上で共謀する」のいずれかの条件を満たした場合、98条【加重逃走罪】の規定により3年以上5年以下の懲役が科せられる。勿論、逃走を幇助した者も別条により罪が科せられる。


当たり前だが現代で脱獄が成功する確率は極めて低く、よしんば成功したとしても、身分証明書も無い脱獄犯に衣食住を整える事は不可能なので、結局は窃盗・強盗を行いすぐ捕まるのがオチである。


フィクションでは

古来より映画などの題材で使用されることが多く、創作物の世界では脱獄囚が強敵として登場したりすることも多い。


また、長編ストーリー等においてイベントの一つとして登場することもある。大抵は冤罪による投獄、しかも話を聞いてもらえないまま問答無用で入れられる。

この際主人公が冤罪に対する復讐に燃える事も有れば、看守の不当な扱いに目に物見せんとする事も有り、様々な反応が見られるが多くの場合、あくまで長編内の一つのイベントで有るためか、脱獄そのものに対する描写は脱獄をメインの題材にした作品より薄い。

大きな投獄施設(特に実在の施設)だと、中で情報集めの為に登場人物に「ここからは出られない」と宣言されるだろうが、そんなものは十数分後ぐらいにイベント進行のため脱獄を選択せざるをえない主人公側には無縁なものである。

道具を用立てたり看守に取り入ってうまく欺いたりといった手助けをしてくれる囚人仲間が出てくることも多い。

時々本当に処刑日まで脱出できなくて処刑されそうになったりすることもあるが、その時は間一髪のところで仲間キャラ等に助けられることもある。

大抵裁判などは省かれるのだが、クロノトリガーでは裁判で有罪・無罪判決が決定される、という珍しいシーンが登場する。


脱獄を題材とした作品

作品名あいうえお順


関連項目

犯罪 牢獄 脱獄囚

 手錠 手枷 足枷 鉄格子

iOS 脱走

白鳥由栄 巌窟王

関連記事

親記事

刑務所 けいむしょ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2305035

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました