ピクシブ百科事典

約束のネバーランド

やくそくのねばーらんど

「約束のネバーランド」とは週刊少年ジャンプで連載されている漫画である。 2016年8月15日号から連載開始。原作:白井カイウ。作画:出水ぽすか。
目次[非表示]

あらすじ

エマ、ノーマン、レイの三人は幼い頃から孤児院「グレイス=フィールドハウス(通称:GFハウス)」で暮らしていた。毎日行われる高度なテストと、施設の敷地外へ出るのを許されない事を除けば、何不自由のない生活であり、優しい「ママ」のイザベラや、30人以上もの幼い「弟妹」達と仲良く元気に暮らしていた。
子供たちは、早ければ6歳頃に、遅くとも12歳になれば施設を離れ、里親の許へ発って行った。

だが、6歳の少女コニーが里親の許へ旅立つ日。エマとノーマンは、コニーに忘れ物のぬいぐるみを届けようとし、立ち入り厳禁の施設の「門」に忍び込む。そこで2人が見たものは、異形の食人鬼達と息絶えたコニー、そしてコニーを「食料」として食人鬼に引き渡すイザベラの姿だった。
「グレイス=フィールドハウス」は、実は食人鬼たちの「農園」であり、施設の子供たちは皆、コニーのように食用児として出荷される運命、「優しいママ」だったはずのイザベラは、「食料の収穫」を管理する飼育監だったのだ。

残酷な真実に打ちひしがれながらも、エマとノーマンは運命に抗う決意を固める。レイを仲間に引き入れ、施設から全員で脱出する計画を進めてゆく3人。しかし、タイムリミットは次の「出荷」が予想される2か月後。時間はあまりにも短く、頼れるのは己の知恵と体力のみ。はたして彼女たちの運命は……。

登場人物

GFハウスの子供たち

  • エマ
脱走しなさそうなエマ


物語の主人公の一人。11歳の少女。オレンジ色の髪をしている。首に刻印された認識番号は63194。並外れた運動神経と学習能力を持った少女。やや幼い面があるが、兄弟たちを非常に大切に思う優しい性格。また、教育テストで満点の300点をたびたび記録する三人のうちの一人でもある。

  • ノーマン

ノーマン


物語の主人公の一人。11歳の少年。白い髪をしている。首に刻印された認識番号は22194。施設内でもトップクラスの明晰な頭脳の持ち主で、穏やかな笑みを絶やさないが、芯の強い行動派。教育テストでは、作中で描かれた限りにおいて、常に満点の300点を記録している。

  • レイ

約ネバ


物語の主人公の一人。11歳の少年。黒い髪をしている。首に刻印された認識番号は81194。ノーマンに匹敵する知恵を持った博識な少年。一匹狼的な雰囲気を持っており、ハウスの子供たちとの遊びの輪に加わることは基本的に無く、一人で読書をしていることが多い。教育テストで満点の300点をたびたび記録する三人のうちの一人。実は、他の兄弟には無い重大な秘密を持っている。

  • ドン
GFハウスで暮らす、色黒(黒人?)の少年。10歳。認識番号は16194。教育テストの成績は200点前後で、ハウス内では年長者にあたり、幼子たちの面倒見も良い。感情的になりやすいが行動力があり、また、手先が器用なのか、スリの技術も持ち合わせている。

  • ギルダ

エマギル


GFハウスで暮らす少女。大きな眼鏡が特徴。10歳。認識番号は65194。教育テストの成績は200点台前半から後半で、「フルスコア」の三人組に次ぐ四番手であり、ハウス内では年長者にあたる。非常に気弱な性格だが、高い観察力と論理的思考力を持つ切れ者。ハウスを旅立った兄弟たちが音信不通になる事実や、エマたちの様子の変化にも気づいていた。

  • フィル
「グレイス=フィールドハウス」で暮らす、色黒(黒人?)の少年。4歳。認識番号は34394。まだ幼少だが、教育テストの成績は約200点と、高得点の部類に入る。図書館の本に隠されたある事に気づき、エマに教えた。

  • コニー

リトルバーニーがいるもん


GFハウスで暮らす少女。イザベラが作ってくれたリトルバーニーと言うウサギのぬいぐるみが宝物。認識番号は48294。6歳になり、怪物の食料にされてしまったが、受けていたテストの成績は悪かったらしく、鬼たちからは「並」の商品と評されていた。

GFハウスの大人たち

  • イザベラ
人類が衰退したネバーランド


「グレイス=フィールドハウス」の管理人。子供たちを可愛がり、「ママ」と呼ばれ、実の母のように慕われている。しかしその正体は怪物たちの部下で、育て上げた子供達を「食料」として出荷する「飼育監」であった。

  • シスター・クローネ

鬼ごっこクローネ


イザベラの補佐役として招聘された黒人女性。野心家で、イザベラの地位を狙っている。

  • 大母様(グランマ)
ママやシスターの先生。最大の利益を出すことを目的とする。

  • 食人鬼(おに)
約束のネバーランド 鬼


異形の怪物。動物や人間の肉を喰らって生きている事以外、正体は不明。子供たちの認識番号・成績・年齢などを把握しており、誰を「出荷」するかイザベラへ指示している。

他人物

  • ウィリアム・ミネルヴァ

GFハウスにフクロウ印の本を寄贈している人物。密かに本やペンを通してメッセージを残しており外の世界に出たエマたちの道標になっている。本作の重要人物。

  • 謎の少女

「こっちよ こっち」


外の世界で出会った人物でエマたちを助けようとしている

キーワード

人を食う生物。高い知性を持つものから、野生のものまで、人を食う生物を総じて鬼と呼ぶ。中には独自の宗教を持ち人を食う事を避けている鬼もいる。

食用児

鬼たちが食料にするために飼育している人間。知性が高いものほど価値がある。GFハウスのような環境で育てられるケースは稀で、ほとんどの農園の食用児は劣悪な環境で家畜として生育される。

儀程

知性のある鬼たちが人を食う前に行う宗教儀式。吸血花を人の胸に刺し神への供物とする。

関連イラスト

1周年!
約束のネバーランド

 

脱獄
約束のネバーランド4巻 発売記念



関連タグ

週刊少年ジャンプ 脱獄 約ネバ
約束のネバーランド100users入り

外部リンク

公式サイト:約束のネバーランド
作画担当:出水ぽすかのサイト「ぽすかのくさむら」

pixivに投稿された作品 pixivで「約束のネバーランド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 549191

コメント