ピクシブ百科事典

目次[非表示]

運命を受け入れろ。


概要

ソニー・ピクチャーズが配給したアニメーション映画。
スパイダーバースとは、マーベル・コミックの世界観を元に様々なスパイダーマンたちが次元を超えて集結するマルチバースの世界。
全く新しい世代の物語がスパイダーマン映画史の新たな扉を開く。
アメリカ合衆国では2018年12月14日に公開。日本では2019年3月9日に公開された。

3DCGアニメーションでありながら手書きのタッチも出す特殊で革新的な手法が用いられており、配給会社であるソニー・ピクチャーズはこの技術を特許出願している。

公開されるや否や、原作ファンからもライト層からも多大な高評価を受けるという異例の事態が発生し、2019年2月24日にディズニー、ピクサー作品などを抑えてアカデミー賞を受賞した。その他にも、ゴールデングローブ賞をはじめとする多数の賞を受賞またはノミネートされるという成功を納め、ゴールデンラズベリー賞の名誉挽回賞にもノミネートされた。興行収入は現在日本円にして400億円以上を記録している。


書籍版との違い

新たな世界線?

スパイダーバースと銘打ってある書籍作品もあるが、登場キャラクターやマルチバースという設定こそ共通しているものの、ストーリーや各キャラクターの設定や活躍が全く異なっており完全に別物である(だからこそ割り切って見る事が出来る書籍版ファンもいるのかもしれない)。本作の原題は「Spider-Man: Into the Spider-Verse」となっており、書籍版のスパイダーバースとは厳密には異なることが伺える。

主役のマイルス・モラレスペニー・パーカーなど、書籍版では決してメインのスポットライトを浴びていなかったと言えるだろうメンバーが抜擢。
逆にアース-616のスパイダーマンシルク、スパイダーウーマン等、書籍版で活躍したメンバーが登場しない。
また、書籍版の敵であるインヘリターズも本作には登場しない。

映画のメインの世界アース-1610も原作とは異なるため、マイルスを主役とした別の物語となっている。

なぜ書籍版と異なるのか

実は今回の映画は書籍の「スパイダーバース」を基にせず、アルティメットスパイダーマン(Ultimate Spider-Man)」を基に製作、そこに追加する形で「スパイダーバース」や他のカッコいいキャラクターを紹介しようと考えられたものとなっている。
さらに「アルティメットスパイダーマン」をコミックス版そのままではなく“2019年における世界”として表現したいという思いから原作同様マイルスを主人公に作られたらしい。(参照)

つまり直接的な原作は存在しない、「スパイダーマン」を良く知らなくても楽しめるマイルスを主人公とした全く新しい「スパイダーマン」となっている。

「アルティメットスパイダーマン」のクリエイターの1人、ブライアン・マイケル・ベンディスも顧問に入りマイルスのユニバースについて細かくアドバイスがもらえたとのこと。

また、アルティメットスパイダーマンがテレビアニメとして認知されている事からも、マイルス・モラレスを主人公に持ってきたのも功を奏したのかもしれないという指摘もある(参照)。

主人公と師匠役とヒロイン以外のスパイダーマンについては時代と次元の独特感を重視したものとなっている。


あらすじ

「スパイダーマン、死す」

キングピンが時空を歪める装置を開発。その危険性から装置を止めようするスパイダーマンことピーターだったが殺されてしまう。

「彼に替わって“守る”」

その“思い”と“責任”を引き継ごうとするマイルスだったが、13歳の若き彼にそんな力はない……。不安に暮れるマイルスだったが、そこに現れたのはーー死んだはずのピーターだった!しかしどこか…おかしい?

「俺達しかできないー世界を救えるのは」

少々おかしくても彼もスパイダーマン。マイルスはピーターを師にして彼と共に戦う決意をする。
そんな2人の元に他のスパイダーマン達も集結し、全てのユニバースを元に戻す戦いに挑む。


登場人物

ヒーローサイド

Miles Morales
マイルス


本作の主人公で本作が初主人公。スパイダーマンを受け継いだスパイダーマン。初出は「アルティメットスパイダーマン」。彼は頭はいいが新しい学校に上手く馴染めず女の子とも上手く話せず親とも上手くいかない普通の少年。そんな彼は叔父に連れられていった場所で放射性の蜘蛛に噛まれスパイダーマンの能力を得てしまい、更にはスパイダーマンとキングピンとの戦いに巻き込まれ否が応でもスパイダーマンの責任を引き継ぐことになる。なぜって?スパイダーマンがいなくなったからさ。

  • スパイダーマン(ピーター・パーカー)
マイルスの世界のスパイダーマン。若くして才気溢れる彼は色々と上手くやっていたようだが、USBの差し込みは上手くいかず死亡した。

Into the [SpiderVerse]


マイルスとは別次元から来たピーター。数々の事件を解決し活躍し、何だかんだでもう40歳過ぎ。下腹もポッコリ。
その過程で腰をやってたり、考え過ぎてMJと別れてたりで色々と擦れちゃってる。とはいえ良く言えばベテランヒーローである彼はマイルスに頼まれしぶしぶながらも師匠役に就くことになる。

グウェン


異なる世界からやってきた有能スパイダーウーマン。初出は「スパイダーバース」だが彼女のコミックもある。彼女の世界ではピーターの代わりに彼女が蜘蛛に噛まれ、変異している。センスがありタフネスで頭が良く美人な彼女だが、友人を失ったショックから基本1人でいるようになる。

スパイダーマン落書き


1933年からやってきた自警団スパイダーマン。原作は2009年に作られた4部作のミニシリーズ。
過激派でモノクロな過去世界から来た彼は今一つ法的でカラフルな現代と合わない。ちなみにモデルは当時の典型的警察官。

スパイダー・ハム(模写)


お調子もののブタスパイダーマン。彼はマーベルキャラを動物化したパロディ世界・ラーヴァルアースのスパイダーマン。放射性のブタに噛まれてブタ化した蜘蛛。カートゥーン次元から来た彼は2次元の存在。3次元とは微妙に馴染まず少し平たい。

penipenipenipeni


未来から来たアジア系スクールガール&彼女と超能力で繋がっているパワードスーツ。彼女も「スパイダーバース」が初出。スパイダーマンとほぼ同じ能力を持つパワードスーツSP//drの稼働実験中に父親が事故で死亡、このパワードスーツに乗るには遺伝的素質が必要なため彼女が乗ることになった。


※本作のマイルスの世界のピーター・パーカーは実写のトビー・マグワイア版に似た経歴を持ち、ピーター・B・パーカーは原作コミックやアンドリュー・ガーフィールド版へのオマージュも含まれている。

ヴィランサイド

キングピン


ニューヨークの犯罪を仕切ってるボス。表向きは巨大で権力ある人物だが、裏ではヴィランたちを束ね、ギャングに武装させてニューヨークの犯罪界の王として君臨している。
スパイダーマンに個人的な恨みがあり、それは今回起こした事件とも関係がある。


※有名ヴィランが結構出ます。

周辺人物

厳しいが愛のあるお父さんは警察官。マイルスが名門中学校に入れたことを誇りに思っている。
警察より犯罪の取り締まりに信頼のあるスパイダーマンを敵視しており、そのためマイルスは父に秘密を打ち明けられないでいる。

マイルスの強い母。彼を励ましてくれる一番親身な味方。

ジェファーソンの弟。兄とともに荒れた環境で育ったが、家庭を持った兄とは少し疎遠になっている。
マイルスは叔父のアーロンが大好きで、新しい学校のことで落ち込むと彼の元へ来ている。

マイルスの次元のピーター・パーカーの叔母。ピーターから残されたものをマイルスへと渡す。

シリーズ展開

女性メンバーによるスピンオフの制作が発表され、ようやくシルクやスパイダーウーマンが登場することになる。

また、続編の制作も決定した他に、アニメシリーズ化の話も持ち上がっている。


余談

  • (ドラマ以外の) 実写スパイダーメンが全員揃う案もあったらしい(参照)。
  • 監督の1人ピーター・ラムジーより「これは、自分だけだと思って、辛い時間を過ごしていたら、他にも自分と同じような人がたくさんいることを発見する若者についての映画なんだ
  • 今作の収益次第ではかの東映版スパイダーマンとレオパルドンの登場も検討する模様。



スタッフ



関連動画

日本語版


全員本職の豪華声優陣は伊達じゃない。

英語版


実力派俳優の英語の語感からくるキャラクター性のリアル感。

しょーもない替え歌:スパイディベル


途中から無駄に辛くなる歌詞をご堪能下さい。(ただし英語)

日本語吹き替え版主題歌『P.S. RED I』


歌:TKfrom凛として時雨
タイトルや歌詞からも分かるようにスパイダーマンのための一曲。

劇中歌:Sunflower


Post Malone,Swae Lee
マイルス君のリラックスタイム。

劇中歌:What’s Up Danger


Blackway & Black Caviar
険しき路を行くその心は。

関連イラスト

NEW HERO
スパイダーマン:スパイダーバース


スパイダーバース



関連項目

スパイダーマン スパイダーバース アルティメットスパイダーマン
マイルス・モラレス ピーター・B・パーカー スパイダーグウェン スパイダーマン・ノワール ペニー・パーカー スパイダーハム
ピーター・パーカー メリー・ジェーン・ワトソン メイ・パーカー
キングピン
マルチバース


外部リンク

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』|オフィシャルサイト
映画『スパイダーマン:スパイダーバース』|公式Twitter

関連記事

親記事

スパイダーマン すぱいだーまん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スパイダーマン:スパイダーバース」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1611245

コメント