ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

恐れるな。自ら選んだ、この運命を。

曖昧さ回避

  1. 漫画『The Amazing Spider-Man』の邦題。
  2. 1977年に放送された『スパイダーマン』のテレビドラマ。
  3. 『スパイダーマン』の実写映画シリーズの1つ。全2作で通称「アメスパ」本稿で解説


3の概要

2011年公開予定だったサム・ライミ版『4』を製作中止にして一から作り直したシリーズであり、監督は『(500)日のサマー』で頭角を現した新進気鋭の作家マーク・ウェブ

主演は、『ソーシャル・ネットワーク』で高評価を得た新人アンドリュー・ガーフィールド

監督の名前を取って「マーク・ウェブ版」とも呼ばれる。


スパイディが陽気なキャラクターとなっている他、ウェブシューターを用いるようになっているなど、サム・ライミ版と比べ原作に近づいた。その一方、ピーターの父オズコープ社の研究員として物語の根幹に関わっていたり、ノーマン・オズボーングリーンゴブリンになる前に死んだりと、大胆な新設定も導入されている。アンドリューが演じるピーターがかっこよすぎるという批判もある。


サム・ライミ版にこそわずかに届かないもののかなりのヒットを記録したが、『2』の北米での興行収入が2億ドル以下に留まった(全世界で見れば7億ドルは稼いでいたが)ことで、なんと2作で打ち切りとなった。後述の通り、ヴィランの単独スピンオフ映画の企画も華々しく立ち上げられていたが、これらもすべてキャンセルされた。

比較的サッパリと終わったサム・ライミ版『3』と違って未回収の伏線が満載のまま終わっているが、これらの回収がされる望みは非常に薄い。コミックなど別の媒体で展開が続けられることを期待するファンも多いが、今のところそういった情報もない。


そして『アメスパ2』公開から7年後の2021年、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』にて、アンドリュー・ガーフィールド演じるスパイダーマンリス・エヴァンス演じるリザードジェイミー・フォックス演じるエレクトロが、別のユニバース(アース120703)からMCUのユニバース(アース199999)へ来たという設定で登場した。

同作の脚本上では、アメスパの世界(アース120703)を「ウェブバース」と表記、ガーフィールド演じるピーターの表記は「ウェブバース・ピーター」となっている。

『NWH』におけるウェブバース・ピーターは、『アメスパ2』でのある人の悲劇から立ち直っておらず、周囲から人を遠ざけ、孤独の闇の中にいる時期と設定されている。


シリーズ一覧


単独映画として

2012年6月30日日本公開、同年7月3日全米公開。

メインヴィランはリザード

スパイダーマンが誕生する経緯こそサム・ライミ版に近いものの、主人公ピーター・パーカーが大学生から高校生に設定変更され、本作のメインヒロインであるグウェン・ステイシーとの恋愛模様が描かれている。


ストーリー

NYに住むごく平凡な高校生ピーター・パーカーは、幼い頃に失踪した両親のことを調べていた。

その過程でかつて父親が働いていた研究施設を知り、訪問するのだが、そこで特殊な蜘蛛に噛まれてしまう。

そして、翌朝起きてみると自分の体が以前とは比較にならない程変わっていた。その一方、かつてピーターの父の同僚で弱者のいない世界を作る事を目指していたカート・コナーズは100%安全とは言い難い試験薬を会社の上層部に急かされ、自らに投与してしまった事で精神や体に異変が起きていた…。


キャラクター


関連動画


関連タグ

MARVEL スパイダーマン 映画

グスタフ・フィアーズ


アメイジング・スパイダーマン→アメイジング・スパイダーマン2


実写映画シリーズ

サム・ライミ版アメイジング・スパイダーマンMCU版

関連記事

親記事

マルチバース(MARVEL) まーべるのまるちばーす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 145363

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました