ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
ホーム三部作
3

ホーム三部作

3

ほーむさんぶさく

映画『スパイダーマン:ホームカミング』『ファー・フロム・ホーム』『ノー・ウェイ・ホーム』の総称。広義ではこれらを含めた、MCU版スパイダーマンを指す。

概要

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に属するスパイダーマンを主役とする3つの映画の総称。由来は全ての副題に「ホーム」が付いていることから。


ピーター・パーカー / スパイダーマンを演じるのは若手イギリス人俳優のトム・ホランド


シリーズ一覧

No.タイトル略称全米公開国内
1(16)スパイダーマン:ホームカミングホムカミ2017年7月7日8月11日
2(23)スパイダーマン:ファー・フロム・ホームFFH2019年7月5日6月28日
3(27)スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホームNWH2021年12月17日2022年1月7日

※括弧内はMCU全体。


沿革

アメイジング・スパイダーマン』シリーズの打ち切りをきっかけに、スパイダーマンの実写映画化権を持つソニーにマーベル・スタジオ / ディズニーが手を差し伸べる形で二重契約によりシェア。『アベンジャーズ』をはじめとする一連の作品群・MCU世界観を共有する新たなスパイダーマンを、ソニーピクチャーズとディズニーが共に展開していくというコンセプトで始まった。


2016年の『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でスクリーンデビュー。

翌年には第1作『ホームカミング』が公開され、アッセンブル作品『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『エンドゲーム』でも活躍した。


だがそれと前後して、2019年にはディズニー・マーベルとソニーが大揉めしてしまい、一時はスパイダーマンのMCUからの離脱が発表される騒ぎが起きている。

※当初は「マーベル・スタジオの社長ケヴィン・ファイギが『スパイダーマン』シリーズに関与しなくなるというニュースを曲解したもの」という憶測もあったが、その後、ファイギとトム・ホランドがイベントの中でスパイダーマンがMCUから離脱することを正式に認める発言をしたことで、最早疑いのない事実となってしまった。


この頃はちょうど『エンドゲーム』が無事公開され、これから『ファー・フロム・ホーム』を経てフェイズ4へと突入していくという段階にあったが、そのフェイズ4では他ならぬスパイダーマンが主軸を担っていくと発表されていたため、ファンはもちろん共演した俳優達をも巻き込む大騒動となった。

ファンの間では署名活動も起き、一部の過激なファンがソニー製品の不買運動を呼び掛ける等混乱が広がった。また、ホークアイ役のジェレミー・レナーが自身のインスタグラムの中で

ソニーさん、そろそろスパイダーマンの権利をMARVELに返してあげましょうよ(意訳)

と投稿する等、関係者の間でもこの一件がシリーズに少なくない影響を与えることを危惧する意見が上がった。


ちなみに衝突の理由は、ディズニー側が利益の取り分を上げるよう求めたのがきっかけ。もともとディズニーは、ソニーが権利を持っているスパイダーマンを使用するにあたり「製作費は折半・利益の取り分は5%のみ」という破格の条件で契約を結んでいたのだが、いきなり「これからは製作費も利益も折半」、つまり利益の取り分を5%→50%に上げる条件を再提示したため、ソニーを怒らせてしまったようだ。

結局この衝突は、ディズニー側が譲歩する形で和解を見たため、スパイダーマンがMCUから姿を消す事態は回避された。

この交渉には、トム・ホランドがディズニーとソニーのそれぞれのCEOを直談判し、両社の架け橋になったとの事。


そして2021年12月に完結編『ノー・ウェイ・ホーム』が無事公開。

ただスパイダーマン自体は今後もMCUに出る予定で、主役となる作品の制作も発表されている。


今後

  • 実写映画シリーズ

ソニー側から『4』『5』『6』に当たる新三部作の予定があると発表され、大分経ってケヴィン・ファイギが『4』について認めた。

『NWH』ではこの人と縁ができ、またラストにこの人持ち込んだものが描かれたため、それらが中心になると予想される。


  • アニメ

マーベル・スタジオから発表。こちらは着々と進んでおり、2024年配信予定。


当初は『Spider-Man: Freshman Year』と題し、三部作(正確に言えば『シビル・ウォー』)の前日譚として、ピーターが能力を得て1年目を描くとされていたが、時期発表と同時に別アースでの出来事と告知され、しばらくして『Your Friendly Neighbourhood Spider-Man(親愛なる隣人)』と改題された。


シーズン2にあたる『Spider-Man: Sophomore Year』、つまり2年目を描くアニメの制作も報道されていたが、改題に際して消滅したものと思われる。


三部作とは関係者が異なっており、メンターはなんとノーマン・オズボーン。クラスメイトもMJネッドに代わり、ノーマンの息子のハリー・オズボーンや、コミックでは実質2代目のハルクであるアマデウス・チョ、同じくランナウェイズの一員のニコ・ミノル

さらにデアデビルドクター・ストレンジ、またヴィランとしてドクター・オクトパスライノスコーピオンらが確認できる。


特徴

過去の実写映画版(サム・ライミ版、マーク・ウェブ版)と異なる点として、ピーター・パーカーがシリーズを通して現役高校生であることが挙げられる。

これにより青春映画の要素が強く出ており、甘酸っぱいラブコメディや、親友や級友とのからっとした爽やかなシチュエーションが多くみられる。そして三部作はそれぞれピーターが1年生・2年生・3年生の出来事を書いており、総じてピーターの高校生活を網羅したシリーズとなっている。


他のMCU作品と比べてお馴染みのヒーローや主要な関係者の客演が多いのも特徴で、『ホムカミ』ではトニー・スターク / アイアンマン、『FFH』ではニック・フューリー、『NWH』ではドクター・ストレンジがそれぞれ重要な役割として登場している。

特にトニーは、直接的な登場は『ホムカミ』のみではあるが、MCUではピーターのメンターという事もあり、以降の作品では物語の中で何かしらの影響を与え、更にハッピー・ホーガンペッパー・ポッツも登場した事もあって、実質的にアイアンマンの続編または外伝とも捉えられる作品となっている。


また過去のMCUシリーズのサブキャラクターの再登場も多い。

『ホムカミ』では、『インクレディブル・ハルク』で大学生だったロジャー・ハリントンがピーターの学校の先生として再登場、また『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』でキャップの仲間の一人ジム・モリタを演じたケネス・チョイがジムの子孫でありピーターの学校の校長のモリタ役で登場した。

『FFH』では、『アイアンマン』に登場したスターク社の科学者ウィリアム・ギンター・リヴァが再登場した。


また、他のMCU作品と異なり、日本語吹き替え版には独自でタイアップの主題歌が用意されている。


余談

監督は全作通してジョン・ワッツが手掛けているが、「ジョン・ワッツ版」とは呼ばれない。

後に氏はMCU版『ファンタスティック・フォー』の監督も務めることが発表されたが、脚本段階で降板。一部報道ではヒーロー映画から距離を置くと宣言しているらしく、『4』でカムバックするかは不透明である。


関連タグ

MCU


ダークナイト・トリロジー:アメコミ実写映画の三部作繋がり。こちらはDCコミック


実写映画シリーズ

サム・ライミ版マーク・ウェブ版ホーム三部作 → MCU新三部作(予定)

概要

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に属するスパイダーマンを主役とする3つの映画の総称。由来は全ての副題に「ホーム」が付いていることから。


ピーター・パーカー / スパイダーマンを演じるのは若手イギリス人俳優のトム・ホランド


シリーズ一覧

No.タイトル略称全米公開国内
1(16)スパイダーマン:ホームカミングホムカミ2017年7月7日8月11日
2(23)スパイダーマン:ファー・フロム・ホームFFH2019年7月5日6月28日
3(27)スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホームNWH2021年12月17日2022年1月7日

※括弧内はMCU全体。


沿革

アメイジング・スパイダーマン』シリーズの打ち切りをきっかけに、スパイダーマンの実写映画化権を持つソニーにマーベル・スタジオ / ディズニーが手を差し伸べる形で二重契約によりシェア。『アベンジャーズ』をはじめとする一連の作品群・MCU世界観を共有する新たなスパイダーマンを、ソニーピクチャーズとディズニーが共に展開していくというコンセプトで始まった。


2016年の『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でスクリーンデビュー。

翌年には第1作『ホームカミング』が公開され、アッセンブル作品『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『エンドゲーム』でも活躍した。


だがそれと前後して、2019年にはディズニー・マーベルとソニーが大揉めしてしまい、一時はスパイダーマンのMCUからの離脱が発表される騒ぎが起きている。

※当初は「マーベル・スタジオの社長ケヴィン・ファイギが『スパイダーマン』シリーズに関与しなくなるというニュースを曲解したもの」という憶測もあったが、その後、ファイギとトム・ホランドがイベントの中でスパイダーマンがMCUから離脱することを正式に認める発言をしたことで、最早疑いのない事実となってしまった。


この頃はちょうど『エンドゲーム』が無事公開され、これから『ファー・フロム・ホーム』を経てフェイズ4へと突入していくという段階にあったが、そのフェイズ4では他ならぬスパイダーマンが主軸を担っていくと発表されていたため、ファンはもちろん共演した俳優達をも巻き込む大騒動となった。

ファンの間では署名活動も起き、一部の過激なファンがソニー製品の不買運動を呼び掛ける等混乱が広がった。また、ホークアイ役のジェレミー・レナーが自身のインスタグラムの中で

ソニーさん、そろそろスパイダーマンの権利をMARVELに返してあげましょうよ(意訳)

と投稿する等、関係者の間でもこの一件がシリーズに少なくない影響を与えることを危惧する意見が上がった。


ちなみに衝突の理由は、ディズニー側が利益の取り分を上げるよう求めたのがきっかけ。もともとディズニーは、ソニーが権利を持っているスパイダーマンを使用するにあたり「製作費は折半・利益の取り分は5%のみ」という破格の条件で契約を結んでいたのだが、いきなり「これからは製作費も利益も折半」、つまり利益の取り分を5%→50%に上げる条件を再提示したため、ソニーを怒らせてしまったようだ。

結局この衝突は、ディズニー側が譲歩する形で和解を見たため、スパイダーマンがMCUから姿を消す事態は回避された。

この交渉には、トム・ホランドがディズニーとソニーのそれぞれのCEOを直談判し、両社の架け橋になったとの事。


そして2021年12月に完結編『ノー・ウェイ・ホーム』が無事公開。

ただスパイダーマン自体は今後もMCUに出る予定で、主役となる作品の制作も発表されている。


今後

  • 実写映画シリーズ

ソニー側から『4』『5』『6』に当たる新三部作の予定があると発表され、大分経ってケヴィン・ファイギが『4』について認めた。

『NWH』ではこの人と縁ができ、またラストにこの人持ち込んだものが描かれたため、それらが中心になると予想される。


  • アニメ

マーベル・スタジオから発表。こちらは着々と進んでおり、2024年配信予定。


当初は『Spider-Man: Freshman Year』と題し、三部作(正確に言えば『シビル・ウォー』)の前日譚として、ピーターが能力を得て1年目を描くとされていたが、時期発表と同時に別アースでの出来事と告知され、しばらくして『Your Friendly Neighbourhood Spider-Man(親愛なる隣人)』と改題された。


シーズン2にあたる『Spider-Man: Sophomore Year』、つまり2年目を描くアニメの制作も報道されていたが、改題に際して消滅したものと思われる。


三部作とは関係者が異なっており、メンターはなんとノーマン・オズボーン。クラスメイトもMJネッドに代わり、ノーマンの息子のハリー・オズボーンや、コミックでは実質2代目のハルクであるアマデウス・チョ、同じくランナウェイズの一員のニコ・ミノル

さらにデアデビルドクター・ストレンジ、またヴィランとしてドクター・オクトパスライノスコーピオンらが確認できる。


特徴

過去の実写映画版(サム・ライミ版、マーク・ウェブ版)と異なる点として、ピーター・パーカーがシリーズを通して現役高校生であることが挙げられる。

これにより青春映画の要素が強く出ており、甘酸っぱいラブコメディや、親友や級友とのからっとした爽やかなシチュエーションが多くみられる。そして三部作はそれぞれピーターが1年生・2年生・3年生の出来事を書いており、総じてピーターの高校生活を網羅したシリーズとなっている。


他のMCU作品と比べてお馴染みのヒーローや主要な関係者の客演が多いのも特徴で、『ホムカミ』ではトニー・スターク / アイアンマン、『FFH』ではニック・フューリー、『NWH』ではドクター・ストレンジがそれぞれ重要な役割として登場している。

特にトニーは、直接的な登場は『ホムカミ』のみではあるが、MCUではピーターのメンターという事もあり、以降の作品では物語の中で何かしらの影響を与え、更にハッピー・ホーガンペッパー・ポッツも登場した事もあって、実質的にアイアンマンの続編または外伝とも捉えられる作品となっている。


また過去のMCUシリーズのサブキャラクターの再登場も多い。

『ホムカミ』では、『インクレディブル・ハルク』で大学生だったロジャー・ハリントンがピーターの学校の先生として再登場、また『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』でキャップの仲間の一人ジム・モリタを演じたケネス・チョイがジムの子孫でありピーターの学校の校長のモリタ役で登場した。

『FFH』では、『アイアンマン』に登場したスターク社の科学者ウィリアム・ギンター・リヴァが再登場した。


また、他のMCU作品と異なり、日本語吹き替え版には独自でタイアップの主題歌が用意されている。


余談

監督は全作通してジョン・ワッツが手掛けているが、「ジョン・ワッツ版」とは呼ばれない。

後に氏はMCU版『ファンタスティック・フォー』の監督も務めることが発表されたが、脚本段階で降板。一部報道ではヒーロー映画から距離を置くと宣言しているらしく、『4』でカムバックするかは不透明である。


関連タグ

MCU


ダークナイト・トリロジー:アメコミ実写映画の三部作繋がり。こちらはDCコミック


実写映画シリーズ

サム・ライミ版マーク・ウェブ版ホーム三部作 → MCU新三部作(予定)

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    餅田むぅ

    読む
  2. 2

    漫画:白梅ナズナ/原作:まきぶろ/キャラクターデザイン:紫 真依

    読む
  3. 3

    雨乃家路(漫画) / 夢見るライオン(原作) / セカイメグル(キャラクター原案)

    読む

pixivision

カテゴリー