2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

アベンジャーズ(映画)

あべんじゃーず

2012年公開のスーパーヒーロー映画。および、その続編となる作品を含めた映画シリーズの総称。
目次[非表示]

解説

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の中で、「アベンジャーズ」の名を冠する作品は2022年現在4つが公開され、2つが制作発表されている。
これらを「『アベンジャーズ』シリーズ」と呼ぶこともある。

No.タイトル全米公開監督
6アベンジャーズ'12年5月ジョス・ウェドン
11アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン'15年5月ジョス・ウェドン
19アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー'18年4月ルッソ兄弟
22アベンジャーズ/エンドゲーム'19年4月ルッソ兄弟
Avengers: The Kang Dynasty'25年5月デスティン・ダニエル・クレットン
Avengers: Secret Wars'26年5月(未発表)
※No.はMCU全体での順番を表す。

『アベンジャーズ』『エイジ・オブ・ウルトロン』はそれぞれフェイズ1、2のまとめとして最後に公開。
『インフィニティ・ウォー』『エンドゲーム』もフェイズ3、ひいては「インフィニティ・サーガ」を締めくくる前後編で、ちょうど1年空いている間に、後編で重要な役割を果たした2人それぞれの単独作が公開されている。
『The Kang Dynasty』『Secret Wars』は「マルチバース・サーガ」の最後となるフェイズ6の前後編で、公開スケジュールによると1年の間にタイトル未発表の映画が3作ある(当初は半年の間隔に1作だった)ほか、後編の後にも2作ある。

以下、『アベンジャーズ』について述べる。

単体の映画として

MCU全体では第6作、そしてシリーズの記念すべき第1作として2012年に公開された、ジョス・ウェドン監督による実写映画。
アイアンマン』『インクレディブル・ハルク』『アイアンマン2』『マイティ・ソー』『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』に登場した人物・要素が結集し、ユニバースの真骨頂を見せた、フェイズ1のクライマックスを飾る作品でもある。

評論家に高く評価されただけでなく、興行収入という面でも歴代最高の北米オープニング史上最速での世界興行収入10億ドル突破など多くの新記録を樹立し、最終的には当時の世界興行収入歴代3位という、映画史を塗り替える爆発的なヒットを叩き出した。
※ちなみに1位は『アバター』、2位は『タイタニック』。2022年現在、本作は9位。
この結果、ジョス・ウェドンのメガホンによる続編である『エイジ・オブ・ウルトロン』の製作も決定した。

キャスト陣も上記の5作品から続投しているが、ブルース・バナー / ハルクの俳優および日本語吹替声優は、エドワード・ノートン水嶋ヒロからマーク・ラファロ宮内敦士に交代している。
また、ニック・フューリーナターシャ・ロマノフ / ブラック・ウィドウクリント・バートン / ホークアイの日本語吹替声優は、それまで担当していた手塚秀彰佐古真弓阪口周平から竹中直人米倉涼子宮迫博之の、いわゆる芸能人声優に交代した。

ストーリー

マイティ・ソー』の終盤で宇宙空間に飛ばされたロキは、そこで遭遇した宇宙人種族であるチタウリのリーダー、ジ・アザーと地球に侵攻することで手を組む。

一方、「S.H.I.E.L.D.」長官のニック・フューリーは、部下のマリア・ヒルとともに、緊急事態に陥っている研究施設を訪れていた。そこでは、『マイティ・ソー』に登場したエリック・セルヴィグ博士が研究していた謎の物体、四次元キューブが暴走を始めていた。
そこに突如ワームホールが開き、ロキが現れる。彼は手にしていたセプターでセルヴィグやクリント・バートン / ホークアイの心を操り、キューブを奪取した後、施設から脱出する。

この事態に直面し、フューリーはヒーローたちの最強チーム「アベンジャーズ」の結成を決意。
ナターシャ・ロマノフ / ブラック・ウィドウブルース・バナー / ハルクに、フィル・コールソントニー・スターク / アイアンマンに、そしてフューリーは70年の眠りから覚めたばかりのスティーブ・ロジャース / キャプテン・アメリカにそれぞれ接触する。

程なくしてドイツに現れたロキは、駆けつけたスティーブ、トニー、ナターシャと対峙するも、クリントが四次元キューブの安定化に必要な物資を盗む時間稼ぎでしかなく、呆気無く降参。ロキの義兄であるソーはロキに地球侵略を諦め、アズガルドに戻るよう説得するが、ロキは応じなかった。

「S.H.I.E.L.D.」の空飛ぶ空母、ヘリキャリアの中の監獄にロキを閉じ込めた後、四次元キューブの力を地球外生命体からの攻撃への抑止力として利用する「S.H.I.E.L.D.」の計画を知ったアベンジャーズは激論となり、仲間割れを起こす。

その頃、ロキに操られたクリントらはヘリキャリアを急襲する。その際の爆発の衝撃で我を忘れて凶暴なハルクへと変貌したブルースは暴走するが、ソーが間一髪それを食い止める。クリントはナターシャとの激しい格闘戦の末に倒され、ロキのマインド・コントロールから解放される。ロキは監獄から抜け出し、ソーを代わりにそこに閉じ込めた後、駆けつけたコールソンを刺し殺す

そのまま、ロキは首尾よくヘリキャリアからの脱出に成功する一方で、ソーは監獄ごとロキに落とされ、ハルクも地上へと落下してしまった。敵の急襲に遭い、コールソンを失ったアベンジャーズは、その死をきっかけに結束する事となる。

ロキが四次元キューブとセルヴィグが作った装置を利用して、NYにワームホールを開き、呼び寄せたチタウリの艦隊で攻撃を開始する中、アベンジャーズはそれを止められるのか?

キャラクター






関連タグ

MARVEL アベンジャーズ
MCU

BACKNEXT
キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー公開順アイアンマン3
シリーズアベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
時系列

関連記事

親記事

MCU まーべるしねまてぃっくゆにばーす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14683

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました