ピクシブ百科事典

ナターシャ・ロマノフ

なたーしゃろまのふ

ナターシャ・ロマノフ(別名:ブラックウィドウ)とは、MARVEL社が版権を所有するアメリカン・コミックのキャラクター。
目次[非表示]

概要

別名は「ブラック・ウィドウ」。
かつてはロシア女スパイだったがスーパーヒロインへと転身した。
(映画(MCU)版では情勢を考慮してか「敵国のスパイ」とされており、どこの出身だったかは明言されていない))

コミックのキャラクターとしてのデビュー1964年
以降幾度かにわたって『過去の経歴』について語られてはいるものの、設定が改変されたり、劇中で『マインドコントロールによる記憶改竄』の描写もあり、どの記憶が実際に起こった出来事であるのかはナターシャ本人でさえ把握できていないふしがある。

ファム・ファタールとして描かれている時もある。ブラックウィドウ(Black Widow)のWidowの通り未亡人。
レッド・ガーディアン
クリント・バートン / ホークアイ、マット・マードック / デアデビル)、ハーキュリーズと恋愛関係(詳しくは本誌などを参照)を経て現在はバッキー・バーンズの相棒兼恋人のようだ。

更に詳しい内容については「アベンジャーズ」の項目を参照のこと。

ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ

CV:浅野まゆみ

S.H.I.E.L.D.(シールド)のエージェント。属性はファイト。
沈着冷静で頭脳明晰である。
両腕には各種装備が内蔵された武器を装備し、近接格闘術や銃火器の使用に長けている。

映画(MCU)版

演:スカーレット・ヨハンソン日本語吹き替え佐古真弓(『アイアンマン2』劇場公開版) / 冬馬由美(『アイアンマン2』日曜洋画劇場版) / 米倉涼子(『アベンジャーズ』以降) / 樋口あかり(『ホワット・イフ…?』)

KGBのスパイ養成プログラム“レッド・ルーム”で育成された腕利きのスパイ。それを脅威に思ったアメリカによって暗殺対象となったが、その暗殺者がクリント・バートン / ホークアイであり、「殺すよりも引き込んだ方が良い」と判断した彼によってS.H.I.E.L.D.にリクルートされた。

原作で親友&パートナーであることから、スティーブ・ロジャースと恋愛のフラグを立てたり、ブルース・バナーと懇意であったりしている。どちらともキスはしている。
その他、ホークアイとも昔、何かしらの関係があった事が示唆されている。

アベンジャーズ』の日本公開時のキャッチコピーは「ありえないほど《妖艶》」。
他のメンバーがほぼ変わっていないのに対し、毎回、髪型(あるいは髪色)が変わっている

アイアンマン2

ニック・フューリーの指示により、“スターク・インダストリーズ”の法務部の社員“ナタリー・ラッシュマン”と名乗ってトニーを秘密裏に調査していた。

アベンジャーズ

ロシアの悪党組織に潜入捜査をしている途中、クリントがロキに洗脳・誘拐されたと知り、任務を切り上げて、インドで隠れ潜んでいたブルース・バナーをリクルート。彼をヘリキャリアへ案内した。
終盤のニューヨーク決戦では、洗脳が解けたクリントとともに奮闘した。

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー

自分自身が所属する「S.H.I.E.L.D.」がヒドラに乗っ取られている事にショックを受けながらみ、その打倒に向け、キャップやファルコンと一緒に奔走する。

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン

この作品では、僅かながらも、レッドルーム時代の過去にスポットが当たった。その中で、心配を一つなくすという理由で、子宮を摘出されたことが判明。
家庭を持っているクリントへの憧れもあり、『アベンジャーズ』で自分がリクルートしたブルースに恋人となることを申し出るが、ブルースはその思いを受け止めきれなかった。そして、最後にブルースが姿を消したことで、この話はうやむやになってしまった。

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

ソコヴィア協定に賛成し、アイアンマンチームの側につく。だが、真に正しいのはスティーブ・ロジャース / キャプテン・アメリカだと翻意し、彼らの逃亡をほう助したがため、ソコヴィア協定に違反、国際指名手配されてしまう。

マイティ・ソー/バトルロイヤル

クインジェットに記録された映像(『エイジ・オブ・ウルトロン』のもの)のみの登場。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

『シビル・ウォー』でのアベンジャーズの内部分裂が原因でソコヴィア協定に違反し、キャップチームと共に逃亡生活を送っている。
ブルースとも『エイジ・オブ・ウルトロン』以来に再会したが、別れ際の流れがあっただけに、どこかぎこちなかった(サム・ウィルソンも「ちょっと変な空気」と評した)。

アベンジャーズ/エンドゲーム

サノス指パッチンで宇宙中の命が半分になり、混乱する時代で、スティーブ、ローディオコエら生き残りとともに、世界の安定に尽力している。「過去を振り切って前を向くべきかも(=アベンジャーズを解散する)」というスティーブの意見に反対するなど、ヒーローたちの結束を保っていたいという意識がある。
スコット・ラングの帰還と、彼の提案した「タイム泥棒作戦」に賛同、処刑人「ローニン」と化していたクリントを迎えに行く。
作戦ではクリントとともに、2014年のヴォーミアへ赴く。





















以下、『エンドゲーム』のネタバレあり





















ヴォーミアでソウルストーンの番人をしているレッドスカルから、大切な人を犠牲にしなければストーンは手に入らないことを告げられる。
奇しくも、ナターシャとクリントは数々の戦いで共闘してきた、かけがえのない親友であり、条件を満たしていた。
二人は自ら谷底へ落ちようとし、それを妨害し合う。
結果、ナターシャはクリントの手を振りほどき、谷底へ落ちていった。
「家族」「仲間」を渇望し続けた孤独な暗殺者は、大切な「家族」のために、その命を捧げた。

すべての戦いが終わったのち、ブルースはインフィニティストーンでナターシャを蘇らせようとしたが、成功しなかったと言っていた。
恐らく、「ナターシャの死」を代償に得たソウルストーンを用いて「ナターシャの命」を得ようとすること自体が矛盾するためだろう。

ブラック・ウィドウ

初の単独映画。
『シビル・ウォー』と『インフィニティ・ウォー』の間に起こった出来事が描かれる。
当初は2020年5月1日に日米同時公開予定であったが、コロナウイルス問題の影響で延期となり、最終的に2021年7月8日となった。

ホワット・イフ...?

原語版はレイク・ベル、日本語吹替は樋口あかりが担当。
第3話では、『アイアンマン2』におけるドーナツ屋でトニーにリアクター汚染を緩和させる注射をするシーンにおいて、なぜかトニーが死亡し、彼に対する殺人容疑でブロック・ラムロウ率いるストライクチームに拘束されてしまう。が、護送中に逃亡し、『インクレディブル・ハルク』におけるブルース・バナーベティ・ロスが身を隠している大学に訪れ、彼らと出会う。ブルースがハルクとなり、しかも爆死してしまうという異常事態を経て、SHIELDのデータベースに「2年前に死亡した女性」からのアクセスがあったことを発見するも、謎の敵に殺されてしまう。彼女が死の間際に残した「すべては『希望』のため」という言葉が、ニック・フューリーが事態を解決する手掛かりとなった。

余談

ちなみに女性ならば文法的に「ナターシャ・ロマノワ」が正しいと思われるが、彼女の場合は「ロマノフ王朝の末裔」であることが売りのひとつなので、男名をそのまま用いているのだろう。
(なお、日本では別作品の登場人物の名前に使われてしまっている。上リンク先参照のこと)


関連イラスト

【The Avengers】Black Widow
black widow


Natalya
ナターシャ


BW
ナターシャ&バートン with フューリー



関連タグ

MARVEL
アベンジャーズ
S.H.I.E.L.D.
アベンジ夫婦
ブラックウィドウ / 蜘蛛
女スパイ

ナターシャ
(類似品にご注意ください)
アターシャ / スターシャ / ナスターシャ

外部リンク

ブラック・ウィドウ (ナタリア・ロマノヴァ) - Wikipedia

関連記事

親記事

アベンジャーズ あべんじゃーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ナターシャ・ロマノフ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ナターシャ・ロマノフ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2157938

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました