ピクシブ百科事典

ナターシャ・ロマノワ

なたーしゃろまのわ

ナターシャ・ロマノワとは、『ウルトラマンオーブ』の登場人物(メイン画像左)。
目次[非表示]

演:ブラダ

人物像

約108年前にクレナイ・ガイと親交を持っていたスラブ系の少女。
『ウルトラマンオーブ』超全集で明かされた設定によると、東欧ルパシカ皇国の王党派議員の娘で、王党派と革命軍の戦乱を避け、疎開同然でルサールカに住んでいたとのこと。

ある日、ルサールカにて森の中で倒れていたガイ(超コッヴとの戦いで負傷していた)を助けて以来、彼と仲良くなるが、ガイがウルトラマンオーブであったことは知らなかったらしく、オーブオリジンマガゼットンの戦闘中にガイを探しに来たところ、爆風に巻き込まれてしまった。

マガゼットンは倒されたがこの戦いで彼女は消息不明になってしまい、周辺が焦土になってしまった事もあって、ガイの心に暗い影を落としてしまった。

ウルトラマンオーブ~ベストセレクション~|第15話



























ネタバレ注意

夢野ナオミが作ったキノコのスープをガイが「懐かしい味」と言ったり、ガイが吹き鳴らすオーブニカのメロディーをナオミが知っていたり、第16話にてナオミの母の圭子が「ルサールカは自分の曾祖母(ナオミの高祖母)が暮らしていた場所」と発言したことなどから、ナオミと何か関わりのある存在であることが示唆されていた。

その後、圭子がお守りに持たせたマトリョーシカについて「自分の曾祖母がこの人形のおかげで動乱の時代を生き抜き、日本で幸せな余生を過ごした」と語った事から、この曾祖母とナターシャの関連性が噂されていた。

そして第17話にてジャグラスジャグラーに切り裂かれたマトリョーシカの最後の一つの中からガイとナターシャの写真が現れた事から、ルサールカ大爆発から奇跡的に生き抜いていた事と、ナオミが彼女の子孫だった事が明らかになった。

きみの繋いだ命は 100年後の未来を生きている...


どのようにしてあの爆発から生存したのかは長い間不明であったが、最終話でジャグラーによって間一髪のところで爆風から救い出されたことが判明している。また、気絶したナターシャを蘇生させる際、ジャグラーは彼女の体内に何らかのエネルギーを注ぎ込んでおり、この影響が子孫にも受け継がれた為か、ナオミは「光の巨人」の夢と「ジャグラーが自分を助ける」夢を見ていた。

また、ナターシャは「握った手の中、愛が生まれる」といった言葉を遺しており、ナオミに受け継がれたこの言葉がオーブオリジン復活の切っ掛けとなった。

尚、ルサールカ大爆発の後、ナターシャはルパシカの動乱がルサールカにまで広がり始めたために日本へ亡命し、後に通訳として雇った日本人男性:夢野と結婚したと言う。

余談

なお、ルサールカ大爆発の元ネタとなった現実のツングースカ大爆発でも、当初は犠牲者が1名発生したことが報告されていたが、後に誤報だった事が発覚している。

関連項目

ウルトラマンオーブ
クレナイ・ガイ マガゼットン

pixivに投稿された作品 pixivで「ナターシャ・ロマノワ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 599

コメント