ピクシブ百科事典

オーブオリジン

おーぶおりじん

オーブオリジンとは、ウルトラマンオーブの真の姿である。
目次[非表示]

「これが本当の俺だ!」
『覚醒せよ、オーブオリジン!』
「オーブカリバー!!」

「俺の名はオーブ!ウルトラマンオーブ!!」

データ

身長50m
体重5万トン
飛行速度マッハ8.5
走行速度マッハ3
ジャンプ力800m
水中潜行速度マッハ2.5
地中潜行速度マッハ2.5
腕力8万7千トン
握力6万7千トン


概要

君を取り戻せ


第17話「復活の聖剣」より登場した、オーブの本来の姿
それまではオープニングや本編の回想シーン・変身シーンにて強い光に包まれた姿でのみ登場し、はっきりとは見られなかった姿である。
ウルトラマンフュージョンファイト!』での属性は「」(青属性)だが、実際には闇の属性も併せ持っているらしい。光輝く剣『オーブカリバー』を専用武器とする。

オーブオリジンVSマガゼットン


オーブ=ガイある理由からその強大過ぎる力を振るう事を恐れ、この姿で戦うことができなくなってしまっていた。
しかし第17話にて己を信じる勇気を取り戻したことで、再び変身が可能になった。
自分を信じる心を取り戻した表現か、ガイはこの姿になって初めて自らを『ウルトラマン』と名乗っている。

(今更だけど)ウルトラマンオーブお疲れさんです


こちらが本来の姿であるため、登場以降のOPではスペシウムゼペリオンに代わって中心に据えられるなど基本形態が代わった扱いをされている。

ウルトラファイトオーブ』や『ニュージェネレーションヒーローズ』では、敵の攻撃でフュージョンアップが解除されると本形態になる。

飛行ポーズは初代ウルトラマンと同じ手を正面でつけるタイプ。また、ファイティングポーズも初代ウルトラマンのような腰を落とした姿勢をとり、肉弾戦も初代ウルトラマンのような泥臭いスタイルで行う。

変身プロセス

「銀河の光が我を呼ぶ!」

オーブ、お疲れ様!


オーブオリジンのウルトラフュージョンカードをリードした後、出現したオーブカリバーをオーブリングでリードし、その後オーブカリバーのリング(カリバーホイール)を回しトリガーを引くことでこの姿へ変身する。

オーブカリバー入手前、初変身である17話ではオーブオリジンのカードをリードし、それに呼応するかのようにゼッパンドン(の一部を構成しているマガオロチ)の尾の部分から眩い光を纏ったオーブカリバーが出現。オーブのカラータイマーに入り込み、インナースペースにようやく出現するという演出。

各フュージョンアップ形態変身時は諸先輩方を連想するSEや巨大化シーン(≒ぐんぐんカット)が使われたが、本形態では当然オリジナルであり、メロディはガイが吹くオーブニカの別アレンジ。

風来坊とキャップ
オーブオリジンくん


なお『劇場版』や『ウルトラファイトオーブ』では登場タイミングの関係で変身シーンが無い。『ジード劇場版』にて撮りおろし再披露となったが、そこでもぐんぐんカットはスペシウムゼペリオンに譲っている。

本編ではフュージョンカード、オーブカリバー、オーブリングの三つを用いて変身しているものの、オリジン・ザ・ファーストの変身プロセスを鑑みると、本来はオーブカリバーのみで変身が可能であり、ウルトラマンオーブ THE CHRONICLEでは実際にオーブカリバーのみの変身を披露している。
またジード劇場版ではフュージョンカードをリードしてオーブカリバーを呼び出した後、「オーーーブ!!」と叫びながら掲げるという本編とファーストの折衷の変身がとられている。

能力

オーブカリバー、そしてオーブ自身が持つ光と闇の6属性を自在に操ることができる。フュージョンアップ形態は実質全てがこの属性のいずれかに該当するため(本編だけ見ているとわかりにくいが、『ウルトラマンフュージョンファイト!』のゲームシステムを知るとわかりやすい)、実質的には全てのフュージョンアップ形態が持つ属性の力を行使できる事になる。その力はフュージョンアップ形態では適わなかったゼッパンドンを終始圧倒するほど。

しかし、オーブオリジンのスペックはスペシウムゼペリオンと比べるとジャンプ力を除いて若干良い程度でしかない。スペゼペが瞬間的にパワースピードを上げられるため瞬発力でも劣っているとも取れ、かのサンダーブレスターには完全に負けている。『ウルトラギャラクシーファイト』でもジードダークネスらとの戦いで劣勢になり、本形態から中間タイプであるサンダーブレスターにチェンジした。

加えて、後述するようにオーブカリバーに頼らない素の能力はウルトラ戦士としては平凡なものでしかなく、フュージョンアップ形態のような尖った能力を有していない
オーブカリバー自体重量級の大剣であるので取り回しが悪く、使用を封じられやすい事も相まって、肉弾戦に持ち込まれると苦戦する事が多かった(とはいえハリケーンスラッシュと互角に近い戦いをしたハイパーゼットンデスサイスの再生個体相手に肉弾戦でもそれなりに健闘していた所を見ると、決して素の戦闘力が低い訳ではない)。
つまり、最強とされる戦闘力の大部分を武器に頼っており、それを失うと大きく弱体化するという弱点を抱えているのである

このため、状況や相手によってはフュージョンアップ形態の方が有利になる時もあり、活躍する場面はフュージョンアップ形態を経由したフィニッシャーとしての役割が多い。実際、本編において直接変身を行ったのは第21話のみ。

純粋な肉弾戦などオーブカリバーを使わない時はフュージョンアップ形態で戦っているようだ(フュージョンアップ形態を手にする前は、最初からオーブカリバーを使わずに肉弾戦をしていたようである。また、『フュージョンファイト』スペシャルムービーや『ウルトラマンタイガ』1話など歴代戦士と共演する際はポーズを揃えやすいからかオーブカリバーなしで戦う事もある)。

以上のことから、「最強タイプだが基本タイプでもある姿」と言える(最強タイプが他のタイプの完全上位互換ではないという点は前作最強タイプとも共通する特徴である)。
いいとこどりと取るかどっちつかずと取るかは意見が分かれるところだが、この要素のおかげで各本編の後日談である劇場版以降は不遇になりやすい他の新世代ヒーローズTV版最強タイプ(エクシードXロイヤルメガマスター等)と比べると、ある意味で扱いが優遇されている方である。

ジード劇場版』においては、オーブカリバーを使う為か、あるいはトリニティの能力を使うだけの力が残っていなかった為か、オーブトリニティから本形態に再変身した。

ちなみに、ガイ役の石黒英雄氏は劇場版の宣伝として深夜番組『一夜づけ』に出演した際、フュージョンアップを使い続ける理由を「楽だから」と答えている。

容姿

ウルトラマンオーブ オリジン


イラストを見れば分かる通り、スペシウムゼペリオンからティガの要素を除いたような容姿。あるいは、オリジンと同じく光と闇の属性、および銀・赤・黒の配色を持つサンダーブレスターをよりヒーロー然に全振りしたような姿。
オーブの全フュージョンアップ形態で共通する黒いカラーリングが占める割合は、サンダーブレスター、オーブトリニティと並び特に広い。
額のクリスタルの色は水色(上述したように青属性なのだが、同じく青属性のハリケーンスラッシュより明らかに薄い)。

誰の力も借りていない本来の姿という設定のためか、強化形態に相当する姿でありながら「強化されるにつれて基本形態より派手になっていく」という一般的な特撮主人公キャラの風潮とは真逆の非常にシンプルな容姿になっている(さすがに昭和ウルトラマンと並べれば黒の面積の広さもあって派手な印象であるが)。

ちなみに「ウルトラマンオーブ」という作品において全形態で一番最初にデザインされている。TV本編に登場するすべてのフュージョンアップはこのオーブオリジンに元のウルトラマンの意匠を落とし込む形でデザインされており、文字通りオーブのオリジンという姿である。

必殺技

  • オリジウム光線
復活の聖剣
ULTRAMAN ORB / ORB ORIGIN
オーブ×怪獣娘 第1期 第2話 vsマガバッサー


必殺光線。
本編では最終話で使用。
ウルトラマンフュージョンファイト!』では、カラータイマーの前で両手で円を作ってから十字に組んで放つという演出になっており、本編でも同じ演出がなされた。

トリプルオリジウム光線!


ウルトラマンR/B』ではロッソブルオーブリングNEOを使用することで、強化技であるトリプルオリジウム光線を使用。この際、2人の背後にオーブオリジンのビジョンが出現し、共にオリジウム光線を放つという演出が取られた。
ウルトラマンタイガ』1話では、演出の都合かオーブカリバーを所持していなかったため、トレギアを後ろから追うロッソ、ブルの光線に続いて、先回しして放つも、避けられてしまった。

  • オリジウムソーサー
ハイパーゼットンデスサイス・リザーバーとの戦いで使用。
見た目は初代ウルトラマンの使う八つ裂き光輪とそっくり。

オーブカリバーを使用して放つ技

覚醒せよ!オーブオリジン!


  • オーブフレイムカリバー
リング部分を回して火属性の紋章の部分で止めてトリガーを引き、円を描くことで巨大な火の輪を生み出し、それが回転してできる火の玉で相手を拘束してオーブカリバーで切り裂く。
第18話ではベムラー(強化)を倒した。第23話では巨大化したジャグラスジャグラーに使用したが、火の玉を蛇心剣で切り裂かれてしまった。
  • オーブウォーターカリバー
リング部分を回して水属性の紋章の部分で止め、トリガーを引き刃に纏わせた水の力で相手を包み込み、動きを止めてからオーブカリバーで切り裂く。
魂を浄化する作用もあるらしく、第19話では紅蓮騎怨念を消し去り、成仏させた。
  • オーブウインドカリバー
リング部分を回して風属性の紋章の部分で止め、トリガーを引きオーブカリバーを振るう事で巨大な竜巻を起こし、相手を上空に巻き上げる。
メトロン星人タルデ(ラウンドランチャー)に大ダメージを与え、その円盤を撃破した。
  • オーブグランドカリバー

ウルトラマンオーブ・オーブオリジン


リング部分を回して土属性の紋章の部分で止め、トリガーを引き地面に突き立てることで、地を這いながら円を描くような動きで敵に向かう光線を2発同時に放つ。
サンダーブレスターのゼットシウム光線さえ通じなかったゼッパンドンシールドを容易く破る威力を持つ。

  • オーブスプリームカリバー
『解き放て、オーブの力!』
オーブカリバーから放つ最強必殺光線。
オーブカリバーをオーブリングで読み込んで力を解放し、リング部分を高速回転させてからトリガーを引くことで発動する虹色の光線。
発動にはオーブリングを介しており、前日譚であるORIGIN SAGAでも使用していないことから、オーブリング入手後に手に入れた必殺技の可能性もある。

過去にマガゼットンを撃破した際はその威力を制御しきれず無用な被害まで出してしまったが、復活後は問題なく制御している。
その威力は抜群で、他の形態の技が一切通じないゼッパンドンを撃破した他、ほんの僅かに浴びせただけでもメトロン星人タルデ(ラウンドランチャー)に致命傷を与え撃破に追い込んだほど。通じなかったのは即座に口で吸収されたマガタノオロチのみであり、少なくとも直撃して全く効かなかった相手はいない。そのため、この技を使うためだけにオーブオリジンへ変身した事もあった。

なお、過去にフュージョンファイトではオーブスプリムカリバーと表記されていた事があった(現在は修正済み)。

  • カリバーシールド
メトロン星人タルデとの戦いで使用。
オーブカリバーからシールドを展開し、身を守る。
円盤とラウンドランチャーの同時攻撃を防いだ後、タルデにぶつけて連携を破った。

  • オーブスプリームカリバー オリジウムギャラクシス

諸先輩方!光の力お借りしまーす!!


最終決戦でウルトラフュージョンカードから実体化したのそれぞれの必殺光線をスプリームカリバーの光の輪で収束し、そこにオリジウム光線を叩きこむ疑似的な合体光線。オーブオリジンの最強必殺技であり、奇跡の必殺光線。
これまで長らくオーブスプリームカリバーとオリジウム光線の単なる合わせ技と考えられてきたが、『ウルトラマンフュージョンファイト!』のゼットヒート2弾にて固有の必殺技であると4年越しに公式から明言された。

先行公開

初登場の17話は2016年10月29日放送であったが、それに先行して10月1日に公式サイトおよび公式Twitter上で公開され、同時期のイベントでも先行公開されていた。
ただ、一部の児童誌では本編放送前から掲載されてしまうという盛大なネタバレが行われてしまっていた。また、番宣ポスターでは上方に一部分だけだが光で包まれていない姿を見せている。その点では、ウルトラマンオーブは放送前に登場するすべての形態の姿が明かされていた稀有な特撮ヒーローだったといえる。

オリジン・ザ・ファースト

2016年12月26日よりAmazonプライムビデオにて配信が開始される『ウルトラマンオーブ THE_ORIGIN_SAGA』では、異なる姿のオーブオリジンが登場する。

関連イラスト

ORB ORIGIN
~聖なる剣を抱きし、光の巨人~


俺の名は
「覚醒せよ 光の戦士」



関連タグ

ウルトラマンオーブ オーブ(ウルトラマン) オーブカリバー クレナイ・ガイ
スペシウムゼペリオン サンダーブレスター
ライトニングアタッカー エメリウムスラッガー オーブトリニティ

最強タイプ
基本タイプ:本来の姿である事と劇中での扱いから、現在ではこちらの方が適切かもしれない。

マガゼットン マガオロチ ゼッパンドン ジャグラスジャグラー

ウルトラマンノア:本来の姿ではあるが、本編において最強形態のような扱い。こちらも本来の姿を失った状態(ネクストネクサス)で戦い抜いたという共通点がある。こちらは最終回でようやく力を取り戻したものの、オーブと異なり以降の作品において再び弱体化したことが示唆されている(真偽のほどは定かではない)。

エンペラーフォーム ライナーフォーム 究極大獣神:本来の姿が最強形態。ライナーフォームに至っては使う剣もなんか似ている。

Oカリバー・DKソード



ウルトラマンオーブダークノワールブラックシュヴァルツ:パチモン。

関連動画

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「オーブオリジン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 289772

コメント