ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
オーブスプリームカリバー
3
オーブスプリームカリバーとは、ウルトラマンオーブの必殺技の一つ。

概要

ウルトラマンオーブ・オーブオリジンの最強の必殺技。


オーブカリバーオーブリングに読み込ませ、「解き放て!オーブの力!」という音声と同時に力を解放し、オーブカリバーのリング部分を高速回転させトリガーを引くことで発動する、オーブカリバーの4つの属性、そしてオーブ自身が宿す光と闇の力を合わせて放つ虹色の光線。


マガゼットンとの戦いではその威力を制御できず無用な被害まで出してしまったが、オーブオリジン復活後は問題なく制御しゼッパンドンを倒した。

また、ほんの僅かに浴びせただけでもメトロン星人タルデ(ラウンドランチャー)に致命傷を与え撃破に追い込んだほど。


マガタノオロチとの初戦では単独では効かず、それどころか吸収されてしまった。しかし通じなかったのは現状この一回だけで、2度目の戦いではゼットビートルの一斉攻撃で露見した弱点に攻撃して撃破するなど直撃して無傷だった敵は一体もいない。


発動にはオーブリングが必要なため、魔王獣討伐ミッションのために地球に来る(つまり惑星O-50でオーブリングを授かる)までは使えなかった可能性がある。


オーブスプリームカリバーオリジウムギャラクシス


「諸先輩方! 光の力、お借りします!」


最終回でマガタノオロチにとどめを刺す際に使用した技。


これまで入手したウルトラフュージョンカード8枚の力を融合した強化型で、カードに宿る力がそのウルトラ戦士の姿で実体化し、アクションに合わせてそれぞれの必殺光線(スペシウム光線×2、M87光線ストリウム光線ゼペリオン光線メビュームシュートワイドゼロショットデスシウム光線)を発射、さらにオーブカリバーがリング状の光として展開し、そこへ追加でオリジウム光線を叩き込む合体光線の形となった。


余談

過去にフュージョンファイトではオーブスプリウムカリバーと表記されていた事があった(現在は修正済み)。


関連タグ

ウルトラマンオーブ 必殺技

概要

ウルトラマンオーブ・オーブオリジンの最強の必殺技。


オーブカリバーオーブリングに読み込ませ、「解き放て!オーブの力!」という音声と同時に力を解放し、オーブカリバーのリング部分を高速回転させトリガーを引くことで発動する、オーブカリバーの4つの属性、そしてオーブ自身が宿す光と闇の力を合わせて放つ虹色の光線。


マガゼットンとの戦いではその威力を制御できず無用な被害まで出してしまったが、オーブオリジン復活後は問題なく制御しゼッパンドンを倒した。

また、ほんの僅かに浴びせただけでもメトロン星人タルデ(ラウンドランチャー)に致命傷を与え撃破に追い込んだほど。


マガタノオロチとの初戦では単独では効かず、それどころか吸収されてしまった。しかし通じなかったのは現状この一回だけで、2度目の戦いではゼットビートルの一斉攻撃で露見した弱点に攻撃して撃破するなど直撃して無傷だった敵は一体もいない。


発動にはオーブリングが必要なため、魔王獣討伐ミッションのために地球に来る(つまり惑星O-50でオーブリングを授かる)までは使えなかった可能性がある。


オーブスプリームカリバーオリジウムギャラクシス


「諸先輩方! 光の力、お借りします!」


最終回でマガタノオロチにとどめを刺す際に使用した技。


これまで入手したウルトラフュージョンカード8枚の力を融合した強化型で、カードに宿る力がそのウルトラ戦士の姿で実体化し、アクションに合わせてそれぞれの必殺光線(スペシウム光線×2、M87光線ストリウム光線ゼペリオン光線メビュームシュートワイドゼロショットデスシウム光線)を発射、さらにオーブカリバーがリング状の光として展開し、そこへ追加でオリジウム光線を叩き込む合体光線の形となった。


余談

過去にフュージョンファイトではオーブスプリウムカリバーと表記されていた事があった(現在は修正済み)。


関連タグ

ウルトラマンオーブ 必殺技

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    【表紙】雪広うたこ 【漫画】朝賀 庵/ASH/ウエハラ蜂/蝦夷森わに/小道明奈/samesuke/シータコマーチ/嶋次郎/世禕/タロ名/ととふみ/外岡もったす/ながべ/はかた/花森玉子/榛名ハル /ホームラン・拳/梁阿渣

    読む
  2. 2

    漫画:白梅ナズナ/原作:まきぶろ/キャラクターデザイン:紫 真依

    読む
  3. 3

    まつお

    読む

pixivision

カテゴリー