ピクシブ百科事典

バーニングブレイブ

ばーにんぐぶれいぶ

ウルトラマンメビウスの強化形態の1つ。正式名称は「メビウスバーニングブレイブ」。
目次[非表示]

概要

仲間達に正体がバレた直後に体得という、衝撃の登場を果たした強化形態。メビウス単独での最強形態でもある。

インペライザーとの戦いでダウンしたメビウスが、GUYSの仲間達からの声援をエネルギーに変えて復活した際に変身した「燃える勇者」。胸と背には仲間達との絆の象徴たるファイヤーシンボル(ガンフェニックスやリュウとミライのメモリーディスプレイに描かれているもの)が描かれている。
身体能力が大幅に向上し、炎を発する技を多く駆使する。高熱にも耐性があり、『ゴーストリバース』では怪獣墓場の地下深くにある「炎の谷」を唯一通れる宇宙警備隊所属のウルトラ戦士とされている。
ただし炎に強い相手とは相性が悪く、炎をかき消すほどの冷気を操るグローザム戦では、技が通じずに疲弊し通常タイプに戻ってしまっている。

主な技

メビュームバースト
メビウスブレスから発生した炎のエネルギーを胸のファイヤーシンボルに集中させて形成した、巨大な火球を敵に放つ。
平成ウルトラマンたちの能力を授けられた、ウルトラマンギンガビクトリーも設定上は使用可能。
ウルトラマンオーブ バーンマイトはこれに似た「ストビュームバースト」を使用できる。

バーニングメビウスピンキック
ドリルのようにきりもみ回転をかけながらメビュームバーストと同様の炎を纏い繰り出す跳び蹴り。リフレクト星人に敗れたメビウスが、レオおおとりゲンに課せられた特訓中、摩擦熱で薪に火を起こす様子を見たことをヒントに体得した必殺技。
初使用時はまず通常タイプでメビウスピンキックとして使用し、飛び蹴りを防御させてから回転しダメージを与えると共に発生した炎を纏うことでバーニングブレイブへチェンジした。

バーニングメビュームダイナマイト
メビュームダイナマイトのバーニングブレイブ版。威力も通常の倍であるが、その分自分へのダメージも大きい。最終三部作のインペライザー戦では、数で押してくる相手にこの技を使用してしまったがために、続く相手との戦闘続行ができず倒れてしまったほどである。
…はずなのだが、何故か『ウルトラマンギンガS』の劇場版『決戦!ウルトラ10勇士!!』では使用した後もカラータイマーが青いままだった
ただし、『ウルトラ銀河伝説』の時点で(とどめとはいえ)相当疲弊していても使用する事ができたので弱点を克服したとも取れる。

余談

後述のようにウルトラマンオーブのタイプの1つ、「バーンマイト」にはバーニングブレイブの意匠が読み取れるが、スカイダッシュマックスサンダーミラクルとは違い何故か使用するのは通常形態のカードである。
しかしスペシウムゼペリオンスカイタイプパワータイプのものと思われる能力を使用しているのである程度は可能なのかもしれない。…バーンマイトはどう見てもほぼバーニングブレイブだが。

デザインモチーフは初代ウルトラマン

関連項目

ウルトラマンメビウス メビウスブレイブ フェニックスブレイブ メビウスインフィニティー
初代ウルトラマン - デザインのモデル
コズミックステイツ - 仮面ライダーフォーゼの似たようなフォーム
バーンマイト - オーブの戦闘形態。メビウス(とタロウ)の力を授けられており、体にファイヤーシンボルに似た模様が刻まれている。

pixivに投稿された作品 pixivで「バーニングブレイブ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3028

コメント