ピクシブ百科事典

シェパードン

しぇぱーどん

シェパードンとは、ウルトラマンギンガSに登場する怪獣である。
目次[非表示]

概要

  • 別名:地底聖獣
  • 身長:48メートル
  • 体重:4万8千トン


ウルトラマンギンガシリーズでは初となるスパークドールズではない純粋な生物である怪獣。
ビクトリウムの守護獣で、かつてビクトリウムを巡って古代人同士が争っていた時に暴走し、ウルトラマンビクトリーと交戦した。その時代から生きていた関係でビクトリアンが封印していた過去についても記憶している。
背中には通常の数十倍ものエネルギーを秘めたビクトリウム鉱石が生えており、これをスパークさせることで口から熱線「シェパードンビクトリウムフラッシュ」を発射することができるが、滅多に使用しない。
ビクトリウムを奪うものに容赦なく襲いかかるが、ショウとは子供の頃から仲が良く、彼の一声で大人しくなって地底に帰ったり、彼のピンチに駆けつける一面もある。このため雑誌などでは「ウルトラマンビクトリーの相棒」として紹介されることがある。
ただ、そのいかつい顔の割に弱い。ギンガの世界観はスパークドールズ以外の怪獣が地上に存在しなかった世界なので、同じ怪獣とロクにケンカもしたことが無いゆえに、戦いの経験が欠如していたのだろう(ただし、前記の通り古代人が争っていた時期から生きていたことから、老衰で最盛期の力がなくなってしまったとも考えられる(事実、のちにある場面でかなりの強さを発揮している))とはいえストリウム光線を正面から受けても大ダメージを受けるだけで済むなど、何気に頑丈である。
その見た目に似合わぬ健気さから、既にある種の人気を獲得している。

しかし第10話にて今までの活躍が災いしてか、体力が低下しもう残り少ない命であることがキサラ女王から語られ、ベロクロンミサイル攻撃を受けとうとう爆散して死んでしまう。
だがそのクリスタルスパークドールズとなってショウの前に現れ、ビクトリーに新たな力シェパードンセイバーを授けたのだった。

クリスタルスパークドールズとなっても高いビクトリウムエネルギーは健在で、第14話で神山に奪われビクトリウム・キャノンのエネルギーチャージに利用されてしまった挙句UPGの基地ライブベースと地下に眠る大量のビクトリウム鉱石と共にダークルギエルに融合合体させられビクトルギエルになってしまった。最終的にアンドロイド・ワンゼロ=マナの活躍で奪還されている。
決戦!ウルトラ10勇士!!』では封印されたウルトラ戦士達を解放するためにそのビクトリウムエネルギーが利用された。

かに思えたが…

ウルトラファイトビクトリーでは、第6話においてナイトティンバーの力でクリスタルスパークドールズから奇跡の復活を遂げた。今作では体色が金色になっており、ナイトティンバーの力で最盛期の力を取り戻したのか、本編の弱さが嘘のようにルナチクスと優勢に戦い、シェパードンビクトリウムフラッシュで止めを刺した。エネルギーを消耗したギンガとAにエネルギーを与えた後は、再びクリスタルスパークドールズに戻った。

ウルトラマンXでは、第14話で、ショウが大地に、怪獣と人類が共存している事例の1つとしてシェパードンのことを伝えている。

関連タグ

ウルトラマンギンガS ウルトラ怪獣 ウルトラマンビクトリー
リドリアス - 立ち位置が似ている怪獣
グラードン - 名前、外見、設定が少し似ている。

pixivに投稿された作品 pixivで「シェパードン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33391

コメント