ピクシブ百科事典

ビクトリウム・キャノン

びくとりうむきゃのん

「ビクトリウム・キャノン」とは「ウルトラマンギンガS」に登場する破壊兵器である。
目次[非表示]

概要

本作の防衛チーム『UPG』の基地に隠されていた巨大なビーム砲。

その建造及び運用はプロジェクトリーダーである神山政紀の他、陣野隊長など極一部の人物にしか知らされていなかったが、第13話にて神山の手で起動され、その姿を白日に晒すことになった。

性能

UPG基地そのものを巨大な砲台としており、その下部にあるビクトリウムプラントを通じて地底世界のビクトリウムのエネルギーを吸い上げ、攻撃力へ変換している。

その威力は凄まじく、エネルギー充填率70%という不完全な状態にも関わらず、ガッツ星人ボルストを一撃で葬るだけにとどまらず、その周りが焦土と化した程になっている。

更には基地内部に備え付けられたカプセルの中に更なるエネルギー源を入れることで、最大120%までエネルギーを過剰充填することが可能。
劇中ではその存在に激怒し、基地内部に侵入してきたショウを騙し討ちして手に入れたシェパードンのスパークドールズを使った。
しかし、その過剰な負担に耐えられなくなっていき、システムが暴走。
プラントが爆発寸前になり、基地諸共吹き飛びかけてしまう。

そこへ、チブル星人エクセラーが降り立ち、基地そのものを新たな憑代としてダークルギエルが復活。
それと同時にビクトルギエルへパワーアップしてしまう。
ビクトルギエルと一体化後は、元々の砲身が仕舞われ、腹部から巨大化した状態で新たに出現する。
威力は以前よりもさらに跳ね上がり、ウルトラマンビクトリーのビクトリウムシュートを掻き消すに止まらず、背後にある山を一瞬で消し飛ばしてしまった。
しかも、プラントを介さずとも周囲のビクトリムから直接エネルギーを供給できるようになった。

末路

ビクトルギエルの主砲として猛威を振るうが、ワンゼロことマナによってシェパードンのドールを外され、ビクトリーのシェパードンセイバーフラッシュで大破した。

関連項目

ウルトラマンギンガS

電脳巨艦プロメテウステラノイド:同じく敵に奪われ、怪獣化して人間に牙をむく存在となった防衛用兵器繋がり。
D4レイ:同じくその運用を巡って防衛チーム上層部の対立が生じ、結果防衛チーム側が不当に解雇される事案が起こった防衛用兵器。ビクトリウム・キャノンやプロメテウス、テラノイド同様に搭載していたメカごと怪獣化してしまい、その主砲としてウルトラマン相手に猛威を振るう事となった。

関連記事

親記事

ビクトルギエル びくとるぎえる

コメント