ピクシブ百科事典

神山政紀

こうやままさき

神山政紀とは『ウルトラマンギンガS』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

「ウルトラマンだって宇宙人だ。いつ人類の敵に回ってもおかしくはない」
演:岡田浩暉

概要

第13話から登場した防衛チーム『UPG』の親組織である国際防衛機構の長官。UPGに対しても絶大な指揮権を持っている。
劇中では終始『神山長官』と呼ばれており、フルネームは超全集で明かされた。

また、指揮権だけでなくUPGの人選についても大きく関わっており、杉田アリサの才能を見抜いてUPGに引き抜き、陣野義昭をUPG隊長に任命した張本人でもある。

所謂タカ派の人間で、「地球の平和は人類自身の手でつかまなければならない」を信条としているが、劇中ではそれを完全に誤った形で解釈している節があり、平和の為には明らかに人類には扱いかねる程の威力を誇る兵器を運用する事を躊躇しなかったり、戦力になりえそうなものを手に入れる為には卑劣な方法も辞さない等、手段を選ばない過激な危険思想の持ち主。
権力を笠に着て横暴に振る舞うことも多々あり、自分の計画遂行に邪魔と判断すれば権力を惜しげもなく行使して排除しようとする。

またウルトラマンに対しても「得体のしれない宇宙人」と懐疑的に見ており、「いつ人類の敵にまわってもおかしくない」と警戒しているが、自分達の手に負えない事態が起きるとそのウルトラマンに対して「何とかしてくれよ!!」と泣きつくなど、かなり浅はかで都合のいい面もある。

行動

相次ぐチブル星人エクセラーの侵略行為に対抗するためにビクトリウム鉱石のエネルギーを用いた超兵器『ビクトリウム・キャノン』の投入を決定し、異を唱えたアリサ以外(ビクトリウム・キャノンの運用には彼女の存在が必要不可欠だった為)の隊員達(陣野隊長、松本ゴウキ、礼堂ヒカル一条寺友也)の隊員資格を剥奪して解雇。
ヒカルに至っては上記のウルトラマンへの偏見発言に食って掛かったことから部下達に拘束させ、懲罰房に監禁(幸いにも陣野らの助けですぐに脱走した)、他の解雇した隊員達も問答無用で基地から追い出すと、実質的にUPGを乗っ取ってしまった。

その後、エネルギー充填率の不完全な状態にもかかわらず、ビクトリウム・キャノンでガッツ星人ボルストを葬った結果にアリサ以外の部下共々狂喜するが、それが力への更なる欲望に火をつけることになる。

ビクトリアンたちについては第14話でショウが乗り込んできたことから存在を知り、攻撃しようとした部下たちに武器を下すよう命じるが、その直後に部下のチャージガン・パラライザーモードで銃撃して麻痺させビクトリーランサーシェパードンのクリスタルスパークドールズを強奪して、ビクトリウム・キャノンのエネルギーチャージに利用してしまう。更にはゼットン星人ベルメの変身するハイパーゼットンを盾にされるギンガごと葬るようアリサに強要したことが止めとなり、陣野隊長やゴウキが基地に乗り込んできたことに乗じて見限られ、そのまま役職放棄されてしまう。
それでも往生際悪く自らその引き金を引くが、余りあるエネルギーを制御できずにシステムが暴走を起こし、基地がキャノン諸共崩壊の危機に陥ってしまう。

そのまま側近共々どうする事も出来ず、あれだけ偏見視していたウルトラマンに対して助けを請い叫びながら、狼狽えていたところに、この混乱に乗じたチブル星人エクセラーにライブベース内に乗り込まれてしまう。
それまでの行動を「愚か」と嘲笑され、殺す価値もないと判断されたのか側近共々基地の外に放り出された上にビクトリウム・キャノンがビクトルギエルとなって暴れ回る様を見て絶望のどん底に落とされ、陣野隊長に「兵器に希望を見出すのは間違いだ」と縛められた。

ビクトルギエルが倒された後は、無事に倒され復興していく町の様子を見ながら、「結局私は…街の破壊を大きくしただけか…!」と自分もまた今回の災厄を引き起こす一因になった事を自覚してか、項垂れながら自らの過ちを嘆き悔やむが、アリサから「我々が、もっと素晴らしい街を作ります」と慰められ、陣野からも「本当に強いのは破壊ではなく“築き上げていく力”です。信じましょう。彼らを…」と励まされた。

最終回以降の消息については語られていないため不明ではあるが、最終回での様子から、恐らくは何らかの形で今回の騒動の責任をとったものと思われる。

余談

演者の岡田氏は、仮面ライダーフォーゼ劇場版でラスボスである宇宙鉄人キョーダイン冴葉晴海/グランダイン役として出演していた。
ちなみに陣野を演じた大浦龍宇一氏は仮面ライダーディケイド劇場版のラスボスである月影ノブヒコ/シャドームーンを演じており、奇遇にも仮面ライダーの劇場作品のラスボス同士が上官と部下の関係として共演する事となった。

また、岡田氏曰く幼少期時代は『ウルトラマン』、『ウルトラセブン』、『帰ってきたウルトラマン』、『ウルトラマンタロウ』を見ていたとブログで語っている。

関連タグ

ウルトラマンギンガS タカ派 ビクトリウム・キャノン

マウンテンピーナッツ:ウルトラマンギンガSの小説版に登場した環境保護団体(の皮を被ったテロリスト集団)。掲げる方針こそ正反対だが、目的の為ならばやり方を選ばない過激なマキャベリストである点が共通している。一説では「彼らの暴挙を当時のUPGが止める事ができなかった負い目から、神山のような過激派が台頭してしまったのではないか?」と言われている。
万が一、テレビ版に登場して神山と共演していたら、最早テレビでは観せられない様な泥沼な展開になっていたであろう。

高倉司令官カジ参謀ゴンドウ・キハチ西条武官ユウキ・マイ:ウルトラシリーズに登場した防衛組織のタカ派仲間。いずれも『地球の平和は人類自身の手でつかまなければならない』と言わんばかりにウルトラマンに頼らぬ超強力な兵器を開発・運用したが、どれも重大な欠陥があったり、暴走したり、敵に悪用されるなど、ロクな結果にならなかった。

クリヤマ長官強力過ぎる兵器の運用を巡って、主人公たちと対立した末に、防衛チームごと解雇する暴挙に走った長官繋がりだが、彼は神山と違って物語の黒幕に寄生された事によるものであり、彼自身は主人公達の理解者である。

蛭川光彦:同じくウルトラマンに対して偏見的な見解を示したり、その変身者に暴挙を働くなどした地球人。しかし、彼の場合は神山と違い一切反省することなく退場した。

ウルトラマンベリアルウルトラマントレギア:神山の懸念を現実のものとしたウルトラマン達。

一条総司令トレヴァー・マロニー:タカ派な思想と、半ば逆恨みや当てつけ同然に強引な上官権限を強行してそれぞれ主人公達を強引に解雇して基地の指揮権を乗っ取る、自前の新戦力を投入するなど、色々とキャラや行動が似ている軍の指揮官。マロニーに至っては神山同様に自らの開発した新兵器を敵に悪用されてしまっている。

関連記事

親記事

UPG ゆーぴーじー

コメント