ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「TACの任務に危険を伴わない任務などない!!」

「作戦は変更しない!! 北斗隊員、司令官命令だ! そのままゴルゴダ星に突入せよ!!」

演:山形勲

概要

ウルトラマンA第14話に登場したTAC南太平洋国際本部司令官。

活躍

ヤプールの拠点と思われるゴルゴダ星を超光速ミサイルNo.7で爆破するべく極東支部に来日した。
だが、そのゴルゴダ星にウルトラ兄弟が捕らえられていることを知りながら、ゴルゴダ星を爆破することになんの躊躇も見せず、それどころかウルトラ兄弟やゴルゴダ星の他の生命の身を案じて作戦に反対した北斗が楯突いてきた事が気に入らなかったのか、異見を一蹴するばかりか、自身の権限を利用して腹いせに近い形で強引に彼をミサイルの操縦手に任命した。

さらに、作戦途中にミサイルの欠陥が明らかになった際は自分の立場を守るために北斗に自爆攻撃を強要した

竜隊長に作戦の失敗を指摘され、「作戦の指揮官はあなただがTACの隊員の命を預かっているのは私です」と至極真っ当な事を言われても自身の非を認めるどころか逆上し、なお北斗に自爆を強要したためについにTACの隊員達を本気で激怒させ、竜隊長に殴られた上、南夕子に「帰ってください!」と怒鳴りつけられ、最終的に山中隊員から「さあ、帰ってくれ!!」と司令室から無理矢理つまみ出された

司令室から追い出された後は登場していないが、その後も竜隊長や山中隊員が特に懲罰を受けた様子もないことから、やはり彼が作戦失敗の責任を取らされるという自業自得の最後を迎えた可能性が高いと思われる。

上述したとおり、司令官という立場でありながら、個人的な私情から自殺同然の任務を隊員に強要するなど、ウルトラシリーズに登場した司令官の中でも特に身勝手で度量が狭く、己の保身を第一に考えるその性格や気質は、お世辞にも軍事組織の責任者としては適正とはいえない偏狭極まりない人物である。
その器の小さい人間性は、TAC一短気な気質の山中隊員から「イヤな奴」と称されていた。…ヒッポリト星人の要求通りにエースを引き渡すことを主張していたお前が言うなとか思ってはいけない。

ちなみに後の『A』第31話で高倉とは別人のTACの司令官が登場して、バクタリに変身するバクの殺処分を決定している。…もっともメタ的なことを言えば巨大ヤプール敗北後の第31話自体がヤプールが存命していた時期に没となった脚本を再利用したと言われているエピソードであるために14話以前に高倉司令官が登場する初期構想があった可能性はある。

余談

また、演者の山形勲氏はTBSドラマ水戸黄門柳沢吉保をはじめ、数々のドラマ、映画で悪役を演じた昭和の名バイプレーヤーの一人であり、そんな山形氏の迫真の演技が、この高倉司令官により深みを持たせたとの特撮ファンからの評価もある。

関連タグ

ウルトラマンA
TAC タカ派 俗物 自分が悪だと気づいていない最もドス黒い悪 吐き気を催す邪悪  黒い円谷

小悪党…前述するとおり立場上は味方側の人間であるが、劇中で彼がやっている事は最早それである。

ゴンドウ・キハチカジ参謀西条武官神山政紀ユウキ・マイ…高倉同様に、苛烈且つ冷徹な手段を厭わない事から主人公達と対立するウルトラシリーズの防衛組織のタカ派の重役達。ゴンドウ、神山は高倉よりは真っ当な正義感や自分の非を認める良識も持ち合わせている。

蛭川光彦今里光…高倉と並ぶウルトラシリーズを代表する最低な地球人達。今里は高倉同様に防衛チームの隊員に殴られながら退場した。

一条総司令…高倉が『ウルトラシリーズ最低の司令官』であるのに対し、こちらは『スーパー戦隊シリーズ最低の司令官』。ちなみに偶然だが、彼もまた竜の名前を持つ男に殴られる一幕がある。

関連記事

親記事

TAC たっく

兄弟記事

コメント