ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
ウルトラ兄弟
40
地球防衛の任務に就いたウルトラ戦士に贈られる、栄誉ある称号。

概要

地球防衛の任務に就き、現地で様々な功績を挙げたウルトラ戦士に贈られる栄誉ある称号であり、光の国において尊敬と敬愛を集める生ける伝説とでも呼ぶべき英雄たちの尊称。

大半が宇宙警備隊の支部長や、養成学校の教官などの重要ポストに付いている超絶エリート集団であり、戦闘力も一般隊員とは一線を画す。

特に有名なのは、ゾフィーからタロウまでのウルトラ6兄弟


ウルトラシリーズは、第4作『帰ってきたウルトラマン』の初期までは各作品に繋がりがあるとは明言されていなかったが、後半のエピソードでテコ入れとして過去作品のウルトラ戦士たちを客演させたところ大きな反響があり、それを受けて「各作品の主人公であるウルトラ戦士たちは血よりも強い絆で繋がったウルトラの兄弟である」という設定がコミカライズなどの二次創作で描かれるようになり、TVシリーズにもその設定が逆輸入されるようになった。

ウルトラマンメビウス』ではさらに設定が深められ、かつて地球に滞在していたウルトラマンと地球の少年が兄弟になる約束を交わし、それ以来ウルトラ一族の間で、兄弟という言葉が特別な意味を持つようになったということが語られている。

ウルトラ兄弟が後進たちから敬愛されているのも、ここから来ているのかもしれない。


シリーズ作中では「ウルトラ兄弟」という言葉は、「まるで兄弟のように仲間を大切にする者」という意味で使われており、いわゆる義兄弟のようなものである。実際に血の繋がりがある兄弟かどうかは重要視されていない。三国志劉備張飛関羽をイメージすればわかりやすいか。

称号の贈与に関しては、ウルトラマンキングなどのウルトラ長老やウルトラの父といった、光の国の代表の推薦によって行われる模様。


念のため言うと、この中でウルトラの父・母に育てられたのはエースタロウのみで、エースは養子で実子はタロウのみ。決してウルトラの母一人で11人も子供を産んだわけではない。セブンは母がウルトラの母の姉でタロウとは従兄弟同士であり、ジャックも妻がウルトラの母の妹なので一応親戚の括りに入るが、これらの設定は現在使用されていない。

加えて実の兄弟なのもレオ兄弟のみである(こちらはそもそも他の兄弟とは出身からして違う)。

さらに言えば、順番が年齢順になっているわけでもない。セブンとジャックは同い年。加入が一番遅かったヒカリウルトラマンより年上、ゾフィーより年下。


呼び方について

ウルトラ兄弟とは数を限定しない場合の総称であり、ウルトラマンの組み合わせや人数によって呼び方が変わる。

  • ウルトラ5兄弟(ゾフィー、ウルトラマン、セブン、ジャック、エース)
    • ウルトラ兄弟黎明期のメンバー。
  • ウルトラ6兄弟(ゾフィー、ウルトラマン、セブン、ジャック、エース、タロウ)
    • 一般的な認知度の高い組み合わせ。
  • ダンディー4(ウルトラマン、セブン、ジャック、エース)
  • レジェンド5(ウルトラマン、セブン、ジャック、エース、レオ)
    • ウルトラマンサーガ』でのメンバー。こちらでの人間態は民族衣装風。
    • なぜタロウではなくレオが出張ってきたのかは不明。
  • ウルトラファミリー(ウルトラの父ウルトラの母ウルトラマンキングを合わせた呼び方)
    • 昭和期から平成初期に見られた表現。現在はライブステージイベントの『ウルトラファミリー大集合 IN すかがわ』を除いて使われることは全くない。
    • なお、ホンダ・ステップワゴンの宣伝映像では『ウルトラ銀河伝説』に登場したウルトラの父、ウルトラの母、ウルトラマン、セブン、エース、タロウ、メビウス、ダイナがウルトラファミリーとして扱われている。なお、ファミリー感を出すためか全員タメ口で話している(ダイナは後述の8兄弟や10勇士には入るが兄弟ではない)。

本来はM78シリーズの世界観でのみ使われている言葉だが、この他にも平成シリーズのウルトラ戦士も加えた「ウルトラ8兄弟」「新ウルトラ5兄弟」「ウルトラ10勇士」という括りも存在する。


客演作品での扱い

この設定が初登場した『A』以降の昭和作品では、主役を目立たせないといけない以上、苦戦を強いられたり、敵の罠に落ちてしまう描写が多かった。ただし、大抵は各々が単独で客演した場合であり、その場合であっても個々人が活躍するエピソードはある。6兄弟全員揃った場合は別格で、苦戦はあれど黒星はゼロである。

なお『タロウ』や『レオ』はウルトラ兄弟が地球で人間態を取る際には白いマフラーを首に巻き、各人のウルトラサインが描かれた黒服の上に革ジャケットを羽織った姿で登場している(キリン21世紀ビールのCMでもこの服装がパロディされ、篠田三郎も着用している)。他の人間に憑依した際には額にウルトラサインが浮かび上がるのが特徴。


メビウス』以降の作品ではさらなる成長を遂げており、皇帝直属の暗黒四天王とサシで殴り合って難なく爆殺するほどの圧倒的すぎる実力を見せつけている(余談だが、『プレイムービーシリーズ DXウルトラコクピット』ではメビウス=ヒビノ・ミライ達がウルトラ兄弟が活躍していた時代に飛び、ミライがウルトラ兄弟に借りを返すという真逆の展開が用意された)。

メビウス&ウルトラ兄弟』でのダンディー4の苦戦は、ファイナルクロスシールドの使用によるエネルギーの大消耗が祟った結果なので、TVシリーズでの強さが彼ら本来の実力と見て間違いない。おまけにレオに関しては平成に入ってからほぼ負けなし。強すぎる。

ウルトラ銀河伝説』では変身前での戦いを強いられる事もあったが、宇宙人から奪取した銃器(ミライことメビウスは思い出のトライガーショットで戦っていた)やカプセル怪獣、ウルトラ念力を使うなどして柔軟に対応していた。そんでもって素手でも強いと来た。ただ、この時は相手が相手だっただけに光の国は壊滅状態となり、最後まで戦線に残り勝利に貢献、無事だったのは初戦では早々に吹き飛ばされながらもそれによって結果的に凍結を免れた初代、メビウスと、M78星雲生まれではないためにエネルギーの影響を受けない可能性があり、K76星という別の星でゼロを訓練していたために凍結から免れ、戦闘に参加したのが終盤のみのレオ兄弟のみであった。


一般認知度の高さからパロディ作品にもよく出張しており、結構仕事を選ばない側面もあったりする。ギャグもシリアスも真面目にこなすあたり、さすがは生ける伝説というべきか。


光の国の住人の特性故に、滅多なことで仲間割れを起こす事はないが、『AnotherGenesis』のように光の国が喪われてしまった時空では、セブンやレオを除いて殺し合いをするほどに険悪な関係となってしまっている。

え?何?アストラを〇す??あれはまだ兄弟入り前の話だからノーカンノーカン


なお、現在では非常にかっこいい客演を見せてくれることの多いウルトラ兄弟だが、『メビウス』以降の作品では、ウルトラ兄弟に限らずジョーニアスなどの他の世界の戦士を含め、「活躍しすぎて主人公を食ってしまっている。」、「結局誰か噛ませ犬を出さなければ活躍を描けないのなら根本的に悪い意味で変わっていない」という声も存在する(劇場版オーブなど)。


ちなみに『ウルトラマンG』でも主題歌の2番歌詞に歌われている通り、一応客演の予定があったが、諸事情でボツになったらしい。残念。


アニメ作品『ウルトラマングラフィティ』では当時出揃っていたウルトラ兄弟全員が登場するが、「ウルトラ兄弟」という枠組みは存在せず、光の国で各々の定職に付いている(タロウがウルトラの父とウルトラの母の実子という設定はそのまま)。ちなみにこの作品ではゾフィー初代マンは実の兄弟という設定である。

パーティーに参加しなかったゾフィーやジャック、80、アストラ以外のウルトラ兄弟はキングの財産相続の件で揉めていた辺り、各々の仲はよろしくない。

ゾフィーはスイカ農家、ウルトラマンは自動車メーカーの会社員、セブンは大会社の社長、エースは小説家、タロウは銀行員、レオは流しの歌手、80は小学校の先生といった職に就いており、原作を意識しているのは80ぐらいである(一応、後年公開の「ウルトラマンカンパニー」でセブンが社長になったが)。


メンバー

1ゾフィー
2ウルトラマン
3ウルトラセブン
4ウルトラマンジャック
5ウルトラマンエース
6ウルトラマンタロウ
7ウルトラマンレオ
8アストラ
9ウルトラマン80
10ウルトラマンメビウス
11ウルトラマンヒカリ

ちなみにキャリア的に加入期間が最短と思われるのはメビウスであり、彼は宇宙警備隊の新人であったにもかかわらず、ウルトラ族であることを知られながらも強い絆で結ばれた地球人の仲間たちとともに数多の戦いを切り開き、暗黒四天王エンペラ星人といった光の国の宿敵を討伐した輝かしいまでの功績から大出世を果たしたのである。

一方で、ヒカリは命の固形化の研究などで多大な貢献を果たしており、地球でもメビウスとともに戦い悪食の蛇を撃破する戦果を上げているが、加入はゴーストリバース事変の後。『メビウス』完結より遥か未来の話である。


レオ兄弟のみ、M78星雲人ではないがババルウ星人戦での功績からウルトラマンキングに認められて兄弟に数えられている。


基本的には加入が早かった者を「兄さん」と呼び、敬語で話すことが殆ど(メビウスにてレオがタロウの事を「タロウ兄さん」と呼称している)。とはいえ例外もあり、ゾフィーとウルトラマン、セブンは他の兄弟と比べていくらか砕けた関係であり、タメ口で話すし兄さんとも呼ばない(『帰ってきたウルトラマン』時点ではダンはハヤタに対して敬語で話していたが)。ヒカリもセブンなどに敬語で話すことはあるが、基本的には呼び捨てであり、長年の付き合いであるゾフィーに対してもタメ口である。目上の者には敬語を使うメビウスも、地球での共闘経験からかヒカリに対しては常にタメ口で、ヒカリの方も特に気にしていない様子。

セブンとジャックについては完全に同い年だが、どの媒体でもまともな会話が少ないばかりか兄さん呼びする場面が一度もないため、実際のところどうなのかは不明。二次創作ではタメ口で仲良さげに話しているのをよく見かけるが、いかんせん公式ではないのであんまり期待できないのがつらいところである。


昭和シリーズでも設定は固まっておらず、『タロウ』客演時はウルトラ4兄弟同士でタメ口で話すシーンがあった。そんななか飛び出した迷言が、「ゾフィーのことなんかいいよ」である。

『スーパーヒーロー作戦ダイダルの野望』ではこのノリが残っており、ハヤタ、ダン、郷の3人は互いにタメ口で話す。


なお、『てれびくん』2010年4月号の光の国特集で「ウルトラマンゼロをウルトラ兄弟の一員にするかが検討されている」と書かれたことがある。

これ以降もゼロは光の国の反逆者であるベリアルの討伐や、他宇宙での宇宙警備隊支部の結成など、兄弟に仲間入りしてもおかしくないほどの功績を多数挙げているが、やはり加入する様子は見られない。

Z』のボイスドラマでは「それだけ名誉ある称号」とゼロ本人が語っており、もしかすると今でも公式作品の舞台裏で検討中だったりするのかもしれない。


また、『80』放送当時はユリアンもウルトラ兄弟の一員と紹介されていたことがあった。

女性ウルトラ戦士の数自体は少ないものの、彼女らにも「ウルトラ姉妹」的な称号があったりするのだろうか。


発端

第2作『ウルトラセブン』は『ウルトラマン』の続編ではなく、あくまでシェアワールド上の姉妹作品という扱いであり、『ウルトラQ』や『ウルトラマン』との繋がりはほぼ無視して物語が進められていた。

第3作『帰ってきたウルトラマン』でも、序盤は主人公であるジャックと、ウルトラマンやセブンとの繋がりは特に描かれていなかった(そもそも企画当初は初代ウルトラマンと同一人物という設定だった)のだが、第18話でテコ入れのためにセブンを出してみたところ、これが物凄い人気に


話は前後するが、『ウルトラマン』と『セブン』の版権はすべて講談社にあったものの、『帰マン』以降は小学館も版権を有するようになり、学年誌『小学〇年生』では内山まもる先生によるコミカライズを始め、毎月膨大な特集が組まれていた。

そして『小学2年生』1971年8月号で「ゾフィー、ウルトラマン、セブン、ジャックの4人をウルトラ兄弟と呼ぶ」という記述が掲載された。こうして『Q』から『帰マン』までの4作品は完全に同一の世界観で結ばれる運びとなる。


そして、『帰マン』第38話でナックル星人の手に落ちたジャックを助けるため、ウルトラマンとセブンが登場。この時はまだ「ウルトラ兄弟」の単語は用いられていなかったが、最終回(第51話)にてバット星人のセリフで初めて言及される。

次作『A』の初回サブタイトルがその名も「輝け!ウルトラ5兄弟」であり、劇中にてこの概念が完全に確立。こうして「ウルトラ兄弟」の名は、特撮史に燦然と輝く星となったのだ。



ん?タロウより先に6番目の弟が出た??はて何のことやら



ロストヒーローズでは

第1作では初代ウルトラマンウルトラセブンウルトラマンタロウウルトラマンメビウスがプレイアブル化。ゾフィーウルトラマンジャックウルトラマンエースウルトラマンヒカリはアシストキャラであり、特にヒカリは拠点でのメカニックを担当している。


第2作では初代ウルトラマンウルトラセブンウルトラマンメビウスがプレイアブル化しているが、メビウス以外はDLCキャラであり、初代ウルトラマンに至ってはDLCを購入しないと序盤で死亡扱い、ウルトラセブンはストーリーに絡んでは来るものの、操作が出来ないという立ち位置になっている。

一方で、タロウがスパークドールズ化してアシストキャラに降格、ヒカリも第1作と同じ役割で続投し、新たにウルトラマンレオがプレイアブルとして参戦、並びアシストキャラとしてアストラが加わった。


TCGバトルスピリッツでは

レアカードとしてゾフィー(CB01-038)、ウルトラセブン(CB01-042)、ウルトラマンメビウス(CB01-044)、ウルトラマンジャック(CB01-034)、Xレアとして初代ウルトラマンが参戦。

光の巨人なだけに系統は巨人が属する「闘神」、ウルトラ6兄弟には「勇傑」が追加されている(これは以降の弾でも徹底されている)。

「ウルトラマン」(と名が付くスピリット)が倒れると飛んでくるゾフィー敵に倒されても復活するジャック、文字通り、3ターンで敵を倒す初代マンなど原作を意識した効果を有している。


イラストの出典と思われる作品は次の通り。


コラボスターター『光の巨人たち』ではウルトラマンタロウ(PB18-U05)が参戦。

レベル2とレベル3効果がウルトラダイナマイトを再現したものとなっており、イラストでもウルトラダイナマイトを発動している。

『ウルトラヒーロー プレミアムカードセット』ではタイガ時代のタロウが「タイガの父 ウルトラマンタロウ」(LM19-U06)として参戦しており、属性や系統こそ同じだが、効果も全く別物。


コラボブースター『ウルトラヒーロー英雄譚』ではウルトラマンAがカード化(CB18-036)。

系統こそ他のウルトラ兄弟と変わらないが、同弾に収録されたウルトラマンゼットとの関係性からか、属性は白でイラストの出典も『最後の勇者』となっている(奇しくも初コラボ弾であるウルトラ怪獣超決戦出典の異次元超人エースキラー(BSC24-032)と属性が同じになった)。


さらにマン、セブン、タロウの三大ヒーローが『ウルトラマンNo.6 ウルトラマンタロウ』(CB18-056)、『真紅のファイター ウルトラセブン』(CB18-058)、『来たぞ われらのウルトラマン』(LM19-U07)として創界神ネクサス化を果たした。


『受け継がれる光』ではウルトラ兄弟が完全に白属性に移行(余談だが、新世代ヒーローズが赤属性に、TDG三部作新世代TDは青属性となった)。

ウルトラ兄弟 アストラ』(CB22-038)、『ウルトラ兄弟 ウルトラマン80』(CB22-033)、『ウルトラ兄弟 ウルトラマンヒカリ』(CB22-035)、『ウルトラ兄弟 ウルトラマンレオ』(CB22-040)が初参戦。これによりウルトラ兄弟は全員集結した。

レオは闘神と勇傑が披露した際に回復するなど『レオ』第1話や『ウルトラマンゼロVSダークロプスゼロ』を思わせる効果を持ち、アストラはレオがいる時に相手にブロックされない効果を持っているなど原作再現効果も健在。


また、ブレイヴとしてブラザーズマント(CB22-051)が実装された他、ウルトラ兄弟デッキの要となる創界神ネクサスとして「ウルトラ兄弟の父 ウルトラマンケン」(CB22-057)が登場している。


同弾でのウルトラ兄弟のカードのイラストの元ネタになったと思われるのは次の通り。


バイタルブレス

「バイタルブレス キャラクターズ ウルトラマン55thエディション」に収録された「ウルトラ6兄弟VBMカード」にて育成が可能。

初代ウルトラマンを成長期枠に据え、ウルトラ6兄弟とウルトラの母ウルトラの父を育成可能。ただし、進化枠の都合上で初代マンにのみブラザーマントがない(その代わりなのか、初代マンも唯一、グリッターバージョンが実装されている)。


余談

テーマ曲に「ウルトラの父の教え子が」という歌詞もあるので、「兄弟弟子」の意味合いもあったと思われる。

ちなみに『アメトーーク』の「ウルトラマン芸人」の回にて、「先輩芸人を『兄さん』と呼ぶのと同じ」と説明された。合ってるようなちょっと違うような…。まあ、言い得て妙なところである。

なお、宮迫氏が声優を担当したウルトラマンベリアルがいた頃にはウルトラ兄弟は結成されていない。


また、親分を父と慕い、堅い絆で結ばれた義兄弟という繋がりからヤクザに喩えられることも。まあ若干インテリヤクザみたいなところもあるからな…


空想科学読本シリーズでは(あくまでネタの一環としてだが)「実際の兄弟」として扱うケースが多く、ウルトラの父母も含め年齢や身体能力の差に関して色々とツッコミが入っていたりする。 ちょっとやめないか


ウルトラ兄弟が活躍する作品

(※)チームとしてのウルトラ兄弟が登場した作品のみ記載。


関連タグ

ウルトラシリーズ ブラザーズマント


レオ兄弟 湊兄妹:こちらは実の兄弟同士のウルトラ戦士たち。


ウルトラ10勇士新世代ヒーローズ:新たな戦士たちの台頭によって発足した、新たなウルトラ兄弟とでも呼ぶべき概念。


カオスロイド/ニセウルトラ兄弟(SRチーム):ウルトラ兄弟の偽物たち。


内山まもる/かたおか徹治:ウルトラ兄弟を主人公とした漫画作品を手掛けたレジェンド。


高見沢俊彦:還暦祝いにブラザーズマントが贈られた。彼自身ウルトラマンに変身したことがあり、7人目のウルトラ6兄弟と言っても過言ではない…かもしれない。

概要

地球防衛の任務に就き、現地で様々な功績を挙げたウルトラ戦士に贈られる栄誉ある称号であり、光の国において尊敬と敬愛を集める生ける伝説とでも呼ぶべき英雄たちの尊称。

大半が宇宙警備隊の支部長や、養成学校の教官などの重要ポストに付いている超絶エリート集団であり、戦闘力も一般隊員とは一線を画す。

特に有名なのは、ゾフィーからタロウまでのウルトラ6兄弟


ウルトラシリーズは、第4作『帰ってきたウルトラマン』の初期までは各作品に繋がりがあるとは明言されていなかったが、後半のエピソードでテコ入れとして過去作品のウルトラ戦士たちを客演させたところ大きな反響があり、それを受けて「各作品の主人公であるウルトラ戦士たちは血よりも強い絆で繋がったウルトラの兄弟である」という設定がコミカライズなどの二次創作で描かれるようになり、TVシリーズにもその設定が逆輸入されるようになった。

ウルトラマンメビウス』ではさらに設定が深められ、かつて地球に滞在していたウルトラマンと地球の少年が兄弟になる約束を交わし、それ以来ウルトラ一族の間で、兄弟という言葉が特別な意味を持つようになったということが語られている。

ウルトラ兄弟が後進たちから敬愛されているのも、ここから来ているのかもしれない。


シリーズ作中では「ウルトラ兄弟」という言葉は、「まるで兄弟のように仲間を大切にする者」という意味で使われており、いわゆる義兄弟のようなものである。実際に血の繋がりがある兄弟かどうかは重要視されていない。三国志劉備張飛関羽をイメージすればわかりやすいか。

称号の贈与に関しては、ウルトラマンキングなどのウルトラ長老やウルトラの父といった、光の国の代表の推薦によって行われる模様。


念のため言うと、この中でウルトラの父・母に育てられたのはエースタロウのみで、エースは養子で実子はタロウのみ。決してウルトラの母一人で11人も子供を産んだわけではない。セブンは母がウルトラの母の姉でタロウとは従兄弟同士であり、ジャックも妻がウルトラの母の妹なので一応親戚の括りに入るが、これらの設定は現在使用されていない。

加えて実の兄弟なのもレオ兄弟のみである(こちらはそもそも他の兄弟とは出身からして違う)。

さらに言えば、順番が年齢順になっているわけでもない。セブンとジャックは同い年。加入が一番遅かったヒカリウルトラマンより年上、ゾフィーより年下。


呼び方について

ウルトラ兄弟とは数を限定しない場合の総称であり、ウルトラマンの組み合わせや人数によって呼び方が変わる。

  • ウルトラ5兄弟(ゾフィー、ウルトラマン、セブン、ジャック、エース)
    • ウルトラ兄弟黎明期のメンバー。
  • ウルトラ6兄弟(ゾフィー、ウルトラマン、セブン、ジャック、エース、タロウ)
    • 一般的な認知度の高い組み合わせ。
  • ダンディー4(ウルトラマン、セブン、ジャック、エース)
  • レジェンド5(ウルトラマン、セブン、ジャック、エース、レオ)
    • ウルトラマンサーガ』でのメンバー。こちらでの人間態は民族衣装風。
    • なぜタロウではなくレオが出張ってきたのかは不明。
  • ウルトラファミリー(ウルトラの父ウルトラの母ウルトラマンキングを合わせた呼び方)
    • 昭和期から平成初期に見られた表現。現在はライブステージイベントの『ウルトラファミリー大集合 IN すかがわ』を除いて使われることは全くない。
    • なお、ホンダ・ステップワゴンの宣伝映像では『ウルトラ銀河伝説』に登場したウルトラの父、ウルトラの母、ウルトラマン、セブン、エース、タロウ、メビウス、ダイナがウルトラファミリーとして扱われている。なお、ファミリー感を出すためか全員タメ口で話している(ダイナは後述の8兄弟や10勇士には入るが兄弟ではない)。

本来はM78シリーズの世界観でのみ使われている言葉だが、この他にも平成シリーズのウルトラ戦士も加えた「ウルトラ8兄弟」「新ウルトラ5兄弟」「ウルトラ10勇士」という括りも存在する。


客演作品での扱い

この設定が初登場した『A』以降の昭和作品では、主役を目立たせないといけない以上、苦戦を強いられたり、敵の罠に落ちてしまう描写が多かった。ただし、大抵は各々が単独で客演した場合であり、その場合であっても個々人が活躍するエピソードはある。6兄弟全員揃った場合は別格で、苦戦はあれど黒星はゼロである。

なお『タロウ』や『レオ』はウルトラ兄弟が地球で人間態を取る際には白いマフラーを首に巻き、各人のウルトラサインが描かれた黒服の上に革ジャケットを羽織った姿で登場している(キリン21世紀ビールのCMでもこの服装がパロディされ、篠田三郎も着用している)。他の人間に憑依した際には額にウルトラサインが浮かび上がるのが特徴。


メビウス』以降の作品ではさらなる成長を遂げており、皇帝直属の暗黒四天王とサシで殴り合って難なく爆殺するほどの圧倒的すぎる実力を見せつけている(余談だが、『プレイムービーシリーズ DXウルトラコクピット』ではメビウス=ヒビノ・ミライ達がウルトラ兄弟が活躍していた時代に飛び、ミライがウルトラ兄弟に借りを返すという真逆の展開が用意された)。

メビウス&ウルトラ兄弟』でのダンディー4の苦戦は、ファイナルクロスシールドの使用によるエネルギーの大消耗が祟った結果なので、TVシリーズでの強さが彼ら本来の実力と見て間違いない。おまけにレオに関しては平成に入ってからほぼ負けなし。強すぎる。

ウルトラ銀河伝説』では変身前での戦いを強いられる事もあったが、宇宙人から奪取した銃器(ミライことメビウスは思い出のトライガーショットで戦っていた)やカプセル怪獣、ウルトラ念力を使うなどして柔軟に対応していた。そんでもって素手でも強いと来た。ただ、この時は相手が相手だっただけに光の国は壊滅状態となり、最後まで戦線に残り勝利に貢献、無事だったのは初戦では早々に吹き飛ばされながらもそれによって結果的に凍結を免れた初代、メビウスと、M78星雲生まれではないためにエネルギーの影響を受けない可能性があり、K76星という別の星でゼロを訓練していたために凍結から免れ、戦闘に参加したのが終盤のみのレオ兄弟のみであった。


一般認知度の高さからパロディ作品にもよく出張しており、結構仕事を選ばない側面もあったりする。ギャグもシリアスも真面目にこなすあたり、さすがは生ける伝説というべきか。


光の国の住人の特性故に、滅多なことで仲間割れを起こす事はないが、『AnotherGenesis』のように光の国が喪われてしまった時空では、セブンやレオを除いて殺し合いをするほどに険悪な関係となってしまっている。

え?何?アストラを〇す??あれはまだ兄弟入り前の話だからノーカンノーカン


なお、現在では非常にかっこいい客演を見せてくれることの多いウルトラ兄弟だが、『メビウス』以降の作品では、ウルトラ兄弟に限らずジョーニアスなどの他の世界の戦士を含め、「活躍しすぎて主人公を食ってしまっている。」、「結局誰か噛ませ犬を出さなければ活躍を描けないのなら根本的に悪い意味で変わっていない」という声も存在する(劇場版オーブなど)。


ちなみに『ウルトラマンG』でも主題歌の2番歌詞に歌われている通り、一応客演の予定があったが、諸事情でボツになったらしい。残念。


アニメ作品『ウルトラマングラフィティ』では当時出揃っていたウルトラ兄弟全員が登場するが、「ウルトラ兄弟」という枠組みは存在せず、光の国で各々の定職に付いている(タロウがウルトラの父とウルトラの母の実子という設定はそのまま)。ちなみにこの作品ではゾフィー初代マンは実の兄弟という設定である。

パーティーに参加しなかったゾフィーやジャック、80、アストラ以外のウルトラ兄弟はキングの財産相続の件で揉めていた辺り、各々の仲はよろしくない。

ゾフィーはスイカ農家、ウルトラマンは自動車メーカーの会社員、セブンは大会社の社長、エースは小説家、タロウは銀行員、レオは流しの歌手、80は小学校の先生といった職に就いており、原作を意識しているのは80ぐらいである(一応、後年公開の「ウルトラマンカンパニー」でセブンが社長になったが)。


メンバー

1ゾフィー
2ウルトラマン
3ウルトラセブン
4ウルトラマンジャック
5ウルトラマンエース
6ウルトラマンタロウ
7ウルトラマンレオ
8アストラ
9ウルトラマン80
10ウルトラマンメビウス
11ウルトラマンヒカリ

ちなみにキャリア的に加入期間が最短と思われるのはメビウスであり、彼は宇宙警備隊の新人であったにもかかわらず、ウルトラ族であることを知られながらも強い絆で結ばれた地球人の仲間たちとともに数多の戦いを切り開き、暗黒四天王エンペラ星人といった光の国の宿敵を討伐した輝かしいまでの功績から大出世を果たしたのである。

一方で、ヒカリは命の固形化の研究などで多大な貢献を果たしており、地球でもメビウスとともに戦い悪食の蛇を撃破する戦果を上げているが、加入はゴーストリバース事変の後。『メビウス』完結より遥か未来の話である。


レオ兄弟のみ、M78星雲人ではないがババルウ星人戦での功績からウルトラマンキングに認められて兄弟に数えられている。


基本的には加入が早かった者を「兄さん」と呼び、敬語で話すことが殆ど(メビウスにてレオがタロウの事を「タロウ兄さん」と呼称している)。とはいえ例外もあり、ゾフィーとウルトラマン、セブンは他の兄弟と比べていくらか砕けた関係であり、タメ口で話すし兄さんとも呼ばない(『帰ってきたウルトラマン』時点ではダンはハヤタに対して敬語で話していたが)。ヒカリもセブンなどに敬語で話すことはあるが、基本的には呼び捨てであり、長年の付き合いであるゾフィーに対してもタメ口である。目上の者には敬語を使うメビウスも、地球での共闘経験からかヒカリに対しては常にタメ口で、ヒカリの方も特に気にしていない様子。

セブンとジャックについては完全に同い年だが、どの媒体でもまともな会話が少ないばかりか兄さん呼びする場面が一度もないため、実際のところどうなのかは不明。二次創作ではタメ口で仲良さげに話しているのをよく見かけるが、いかんせん公式ではないのであんまり期待できないのがつらいところである。


昭和シリーズでも設定は固まっておらず、『タロウ』客演時はウルトラ4兄弟同士でタメ口で話すシーンがあった。そんななか飛び出した迷言が、「ゾフィーのことなんかいいよ」である。

『スーパーヒーロー作戦ダイダルの野望』ではこのノリが残っており、ハヤタ、ダン、郷の3人は互いにタメ口で話す。


なお、『てれびくん』2010年4月号の光の国特集で「ウルトラマンゼロをウルトラ兄弟の一員にするかが検討されている」と書かれたことがある。

これ以降もゼロは光の国の反逆者であるベリアルの討伐や、他宇宙での宇宙警備隊支部の結成など、兄弟に仲間入りしてもおかしくないほどの功績を多数挙げているが、やはり加入する様子は見られない。

Z』のボイスドラマでは「それだけ名誉ある称号」とゼロ本人が語っており、もしかすると今でも公式作品の舞台裏で検討中だったりするのかもしれない。


また、『80』放送当時はユリアンもウルトラ兄弟の一員と紹介されていたことがあった。

女性ウルトラ戦士の数自体は少ないものの、彼女らにも「ウルトラ姉妹」的な称号があったりするのだろうか。


発端

第2作『ウルトラセブン』は『ウルトラマン』の続編ではなく、あくまでシェアワールド上の姉妹作品という扱いであり、『ウルトラQ』や『ウルトラマン』との繋がりはほぼ無視して物語が進められていた。

第3作『帰ってきたウルトラマン』でも、序盤は主人公であるジャックと、ウルトラマンやセブンとの繋がりは特に描かれていなかった(そもそも企画当初は初代ウルトラマンと同一人物という設定だった)のだが、第18話でテコ入れのためにセブンを出してみたところ、これが物凄い人気に


話は前後するが、『ウルトラマン』と『セブン』の版権はすべて講談社にあったものの、『帰マン』以降は小学館も版権を有するようになり、学年誌『小学〇年生』では内山まもる先生によるコミカライズを始め、毎月膨大な特集が組まれていた。

そして『小学2年生』1971年8月号で「ゾフィー、ウルトラマン、セブン、ジャックの4人をウルトラ兄弟と呼ぶ」という記述が掲載された。こうして『Q』から『帰マン』までの4作品は完全に同一の世界観で結ばれる運びとなる。


そして、『帰マン』第38話でナックル星人の手に落ちたジャックを助けるため、ウルトラマンとセブンが登場。この時はまだ「ウルトラ兄弟」の単語は用いられていなかったが、最終回(第51話)にてバット星人のセリフで初めて言及される。

次作『A』の初回サブタイトルがその名も「輝け!ウルトラ5兄弟」であり、劇中にてこの概念が完全に確立。こうして「ウルトラ兄弟」の名は、特撮史に燦然と輝く星となったのだ。



ん?タロウより先に6番目の弟が出た??はて何のことやら



ロストヒーローズでは

第1作では初代ウルトラマンウルトラセブンウルトラマンタロウウルトラマンメビウスがプレイアブル化。ゾフィーウルトラマンジャックウルトラマンエースウルトラマンヒカリはアシストキャラであり、特にヒカリは拠点でのメカニックを担当している。


第2作では初代ウルトラマンウルトラセブンウルトラマンメビウスがプレイアブル化しているが、メビウス以外はDLCキャラであり、初代ウルトラマンに至ってはDLCを購入しないと序盤で死亡扱い、ウルトラセブンはストーリーに絡んでは来るものの、操作が出来ないという立ち位置になっている。

一方で、タロウがスパークドールズ化してアシストキャラに降格、ヒカリも第1作と同じ役割で続投し、新たにウルトラマンレオがプレイアブルとして参戦、並びアシストキャラとしてアストラが加わった。


TCGバトルスピリッツでは

レアカードとしてゾフィー(CB01-038)、ウルトラセブン(CB01-042)、ウルトラマンメビウス(CB01-044)、ウルトラマンジャック(CB01-034)、Xレアとして初代ウルトラマンが参戦。

光の巨人なだけに系統は巨人が属する「闘神」、ウルトラ6兄弟には「勇傑」が追加されている(これは以降の弾でも徹底されている)。

「ウルトラマン」(と名が付くスピリット)が倒れると飛んでくるゾフィー敵に倒されても復活するジャック、文字通り、3ターンで敵を倒す初代マンなど原作を意識した効果を有している。


イラストの出典と思われる作品は次の通り。


コラボスターター『光の巨人たち』ではウルトラマンタロウ(PB18-U05)が参戦。

レベル2とレベル3効果がウルトラダイナマイトを再現したものとなっており、イラストでもウルトラダイナマイトを発動している。

『ウルトラヒーロー プレミアムカードセット』ではタイガ時代のタロウが「タイガの父 ウルトラマンタロウ」(LM19-U06)として参戦しており、属性や系統こそ同じだが、効果も全く別物。


コラボブースター『ウルトラヒーロー英雄譚』ではウルトラマンAがカード化(CB18-036)。

系統こそ他のウルトラ兄弟と変わらないが、同弾に収録されたウルトラマンゼットとの関係性からか、属性は白でイラストの出典も『最後の勇者』となっている(奇しくも初コラボ弾であるウルトラ怪獣超決戦出典の異次元超人エースキラー(BSC24-032)と属性が同じになった)。


さらにマン、セブン、タロウの三大ヒーローが『ウルトラマンNo.6 ウルトラマンタロウ』(CB18-056)、『真紅のファイター ウルトラセブン』(CB18-058)、『来たぞ われらのウルトラマン』(LM19-U07)として創界神ネクサス化を果たした。


『受け継がれる光』ではウルトラ兄弟が完全に白属性に移行(余談だが、新世代ヒーローズが赤属性に、TDG三部作新世代TDは青属性となった)。

ウルトラ兄弟 アストラ』(CB22-038)、『ウルトラ兄弟 ウルトラマン80』(CB22-033)、『ウルトラ兄弟 ウルトラマンヒカリ』(CB22-035)、『ウルトラ兄弟 ウルトラマンレオ』(CB22-040)が初参戦。これによりウルトラ兄弟は全員集結した。

レオは闘神と勇傑が披露した際に回復するなど『レオ』第1話や『ウルトラマンゼロVSダークロプスゼロ』を思わせる効果を持ち、アストラはレオがいる時に相手にブロックされない効果を持っているなど原作再現効果も健在。


また、ブレイヴとしてブラザーズマント(CB22-051)が実装された他、ウルトラ兄弟デッキの要となる創界神ネクサスとして「ウルトラ兄弟の父 ウルトラマンケン」(CB22-057)が登場している。


同弾でのウルトラ兄弟のカードのイラストの元ネタになったと思われるのは次の通り。


バイタルブレス

「バイタルブレス キャラクターズ ウルトラマン55thエディション」に収録された「ウルトラ6兄弟VBMカード」にて育成が可能。

初代ウルトラマンを成長期枠に据え、ウルトラ6兄弟とウルトラの母ウルトラの父を育成可能。ただし、進化枠の都合上で初代マンにのみブラザーマントがない(その代わりなのか、初代マンも唯一、グリッターバージョンが実装されている)。


余談

テーマ曲に「ウルトラの父の教え子が」という歌詞もあるので、「兄弟弟子」の意味合いもあったと思われる。

ちなみに『アメトーーク』の「ウルトラマン芸人」の回にて、「先輩芸人を『兄さん』と呼ぶのと同じ」と説明された。合ってるようなちょっと違うような…。まあ、言い得て妙なところである。

なお、宮迫氏が声優を担当したウルトラマンベリアルがいた頃にはウルトラ兄弟は結成されていない。


また、親分を父と慕い、堅い絆で結ばれた義兄弟という繋がりからヤクザに喩えられることも。まあ若干インテリヤクザみたいなところもあるからな…


空想科学読本シリーズでは(あくまでネタの一環としてだが)「実際の兄弟」として扱うケースが多く、ウルトラの父母も含め年齢や身体能力の差に関して色々とツッコミが入っていたりする。 ちょっとやめないか


ウルトラ兄弟が活躍する作品

(※)チームとしてのウルトラ兄弟が登場した作品のみ記載。


関連タグ

ウルトラシリーズ ブラザーズマント


レオ兄弟 湊兄妹:こちらは実の兄弟同士のウルトラ戦士たち。


ウルトラ10勇士新世代ヒーローズ:新たな戦士たちの台頭によって発足した、新たなウルトラ兄弟とでも呼ぶべき概念。


カオスロイド/ニセウルトラ兄弟(SRチーム):ウルトラ兄弟の偽物たち。


内山まもる/かたおか徹治:ウルトラ兄弟を主人公とした漫画作品を手掛けたレジェンド。


高見沢俊彦:還暦祝いにブラザーズマントが贈られた。彼自身ウルトラマンに変身したことがあり、7人目のウルトラ6兄弟と言っても過言ではない…かもしれない。

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • お見舞い

    アストラのオリジナル短編です。 アストラを色んな人と絡ませたくて書きました。 例によって作者の妄想の産物ですが、全体的にほのぼのとした内容なので、一切エロ・グロはありません。 アストラと他のウルトラマンの絡みが見てみたい! タグつけありがとうございます!
  • 最強中学生のウルトラマン伝説

    第二十四章:欧布、捷德、罗布!新生代大集合!

    捷德、罗索、布鲁在欧布的提醒下也来到了这个宇宙,面对被复活的怪兽们,15人开始了保卫地球的使命!下一章就是大结局了,敬请期待!
  • 星の声シリーズ・光の国編・改訂版

    共鳴

    アテンションプリーズ!! 当方はゾフィーを主人公とする真船ウルトラマン『ウルトラマン STORY 0』を基盤にさせていただいております。読まれた方はご存知と思いますが、ここでのウルトラマンは人間体を持ちます。それでこのシリーズも通常は人間体、必要時に変身アイテム等を用い超人体「ウルトラマン」になります。 今回のメロスはいつものような単細胞ではなく、しっかりとゾフィーの友の一人という役割を担ってもらいました。日頃のメロスの態度がどうであれ、ゾフィーにとって無くてはならない存在です。 ゾフィー、メロス、ドリューの三人の関係は『昔の話になっちまったが』(https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8137361)で捏造させていただいています。
    11,323文字pixiv小説作品
  • 最強中学生のウルトラマン伝説

    第二十二章:恐怖的敌人!暗时空魔神铠甲!

    黑暗铠甲、路基艾尔、艾塔尔加融合为了暗时空魔神铠甲,在杀了查利迦后将8人带到了黑暗领域,更是把佐菲、艾斯、泰罗、雷欧变成了人偶!
  • 光の旅

    光の旅 光の国編

    闇の再臨エピローグで言った別の世界の話です。場所はウルトラマンの故郷、光の国です。
    10,592文字pixiv小説作品
  • 9.ウルトラ擬人化FT シルバークロス編

    SC10. 最後の乳歯

    エース11M歳、キャラメルを煮る。参照 一人になる時間 https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=13188558
  • 1.ウルトラ兄弟擬人化ファンタジー 地球編

    地球番外編 ゾフィーからエースの手へ・幻の新兵器

    幻の準備稿「ウルトラの赤い手袋」の展開から捏造。書籍「ウルトラマンAの葛藤」より。ネタバレ注意。
  • 2.ウルトラ兄弟擬人化FT 幼少編

    幼少編 6.1 タロウ VS エース 第一次決闘仕切り直し

    参照:幼少編6「模索する世界」https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=13006622
  • 止まった時間と新しい時間

    止まった時間と新しい時間

    今回はシリアス系に挑戦したんですが、最後には お笑い?要素も入れてみました、 それと少々ゼロが、気障になってしまいました(笑) こんな話ですが楽しんで頂ければ幸いです。
  • 短編小説

    短編集8

    何時も閲覧、いいね、コメント、ブックマークして頂きありがとうございます(^ー^)
  • 狙われたのは?

    は?見合い?

    ゼロに見合いの話が持ち上がっているがゼロには恋人が。 逃げた先は先日お世話になった榊の元。さあどうなる。 R-18は検索避けです。あしからず。
  • 新ウルトラマン列伝関連短編集

    ギンガとエックスの光の国の旅~ゼロと共に☆

    新ウルトラマン列伝最終回「グランドフィナーレ!ウルトラ戦士よ永遠に!」を観て書いた3人のウルトラマン達、ゼロ、ギンガ、エックスがナビゲーションを終えた後こんなことあったかも?という想像捏造です。いつも戦っている彼らもつかの間、楽しんでくれていたら良いなぁ~と思い書いてみました。でも作者の作品中ではいつも残念な人(!)達がまた…(汗)。よろしくお願いします。
  • みんなで楽しく家族旅行!

    始まりは絵本から

    新シリーズ始めました!今回は全体的にほのぼのになる予定です! あと、キャプションで遊ぶということをやってみたかったので、今シーズンではここに裏話をのせております! 本文をお読み頂いた後にお読みください♪ 第0章 〜outside〜 X「いよっし!やっと、やっと隊長が例の画像を確認したぞ!!」 「まじか!?いよっしゃー!!ここまで長かったぁー」 「ここがスタート地点なのに、ここまで到達するのにほんっとうに時間と労力がかかったよねぇ」 「俺たちだけじゃどうやっても無理でしたよね。皆さんに感謝しなくっちゃ」 「後は隊長が我々の予想通り動いてくれるかどうかだな」 「大丈夫だと思うぜ?環境もバッチリ整えてあるし、この画像の当時の柵みたいなのも今は無いんだろ?なら動かずにいられるわけねえよ!」 「ふふ、確かに。Xさんが見つけて来たあの画像を見たら、僕達もあの少年を笑顔にしたくてたまらなくなりましたしね!」 「なら後はゾフィーさんを信じて待つだけだな。」 「隊長からのウルトラサイン来たーー!!コレでほんとにやっと本作戦始動でございますね!!」 「うっし!お前ら!ここからが本番なんだから気合い入れろよ!!くれぐれもウルトラ兄弟や、特にゼロにバレるんじゃねえぞ!!」 『了解!!!』 side ニュージェネレーションヒーローズ 〜我らが兄貴に最高のプレゼントを!〜
  • ウルトラ兄弟→動物化

    長男→スナネコ、次男→チベットスナギツネがなっちゃった?!①

    今回はゾフィーとマンが動物になりました。 動物の配役は作者の勝手なイメージです。 マンもちょっと(?)作者の願望等が含まれています。 宜しければ、楽しんでください。
  • Legend of 80

    Legend of 80 銀河の覇者 第9章

    第9章「動き始めた悪魔」です。ついに次回で最終回です。
  • 『無用』の番外地

    『無用』の番外地ー御宅探訪ー 前

    オリジナル主人公視点メインのクロスオーバー系二次創作小説 ※「以下、『無用』のことながら」シリーズのif設定です。 ※オリ主と船(樹)に名前や性別、外見についての描写があります。 ※登場人物の一人称がTPOで変わります。 ※本文には一人称パートと三人称パートが交互にあります。 ※今回オリジナル主人公自体は不在です。 「腹を割って話そう」 ”本二次創作小説は、『ウルトラマン』シリーズ(舞台:65%)と『天地無用!』シリーズ(設定:35%)の割合でできたネタです。空想と浪漫でスペースラブコメディな世界観のクロスオーバーではありますが、本小説内では壮大に何も始まりません。” 種類別:二次創作者の幻覚 原材料名:『ウルトラマン』シリーズ(ウルトラ兄弟)、『天地無用!』シリーズ(前世地球人→現世樹雷人のオリ主)、知識あり転生のようなもの、幻覚、オリ主のチート設定(活かされない)、他作品の台詞や用語、幻覚(捏造設定)、誤字脱字(ズッ友)、『天地無用!』は小説版の”真”設定を下敷き、幻覚、メタ、トンチキ(恋愛要素は特に含まれません)、視点の切り替えあり 内容量:約 11192字程度 閲覧期限:筆者が思い立って取り下げるまで 補足: ※拙作は筆者による強めの幻覚によって構成されているため、万人向けではありません。ある程度、配慮したつもりですが、万全ではありません。 ※二次創作なんだもの「俺の宇宙では音がするんだ」的なノリで書いています。 なお今回の宇宙で音はしません。 ※両原作シリーズとも設定が作品によってまちまちなので、話の都合上取捨選択した挙句に拡大解釈(捏造)をかましています。 その辺は本当に諦めてください。 ※何か合わない、他人の幻覚やヘッドキャノンそのものにアレルギーが出そうと感じた場合は途中でも読むのをやめ、そっと記憶から消してください。 ご縁がありませんでしたね。 他の方による素敵な作品との出会いをお祈りします。 お互いの心を守る行動をお願いします。 ※物語の進行上n番煎じな内容ですが、拙作は筆者がまだ書いてないという理由だけで投稿しています。自給自足なのか、タコが自分の足を食べているだけなのか……。 (尚、他サイトには投稿していません) ※オリジナルキャラである主人公(メイン語り手)は出生と出身地の常識として人体強化されており、チート級性能の宇宙船の生体コアと契約しています。 ただし本人の中身は思考が明後日に飛ぶタイプの豆腐メンタルな樹雷系社会人です。一般人レベルの界隈知識を有してはいます。性別も名前も容姿もあるんです。 ※最後まで注意文をお読みいただき、ありがとうございました。(アプリだと、キャプションを先に確認しづらい方もおられると思うので、本文前にも同じ文面で載せています) ☆前回のあらすじ 宇宙警備隊による特殊異星人保護活動報告会。  
    12,866文字pixiv小説作品
  • 雨降って地固まる・・はず

    ゾフィー隊長が可哀想って言うか、レオは苦労性っていう話しです。
  • 星の声シリーズ・光の国編・改訂版

    暗殺者

    アテンションプリーズ!! 当方はゾフィーを主人公とする真船ウルトラマン『ウルトラマン STORY 0』を基盤にさせていただいております。読まれた方はご存知と思いますが、ここでのウルトラマンは人間体を持ちます。それでこのシリーズも通常は人間体、必要時に変身アイテム等を用い超人体「ウルトラマン」になります。 基盤とした『ウルトラマン STORY 0』の内容を多く含みます。それでマンがゼットンに倒された時、既にゾフィーは宇宙警備隊隊長になっています。あの時。ゾフィーのことを呼んだと何処かで読んだ覚えがあり、それも入れてみました。 変えられない過去。過去に大きく関わっている者。そしてその二人の繋がりは、今兄と弟と。
    11,628文字pixiv小説作品

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    餅田むぅ

    読む
  2. 2

    漫画:白梅ナズナ/原作:まきぶろ/キャラクターデザイン:紫 真依

    読む
  3. 3

    雨乃家路(漫画) / 夢見るライオン(原作) / セカイメグル(キャラクター原案)

    読む

pixivision

カテゴリー