ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

地球防衛の任務に就き、現地で様々な功績を挙げたウルトラ戦士に贈られる栄誉ある称号であり、光の国において尊敬と敬愛を集める生ける伝説とでも呼ぶべき英雄達の尊称。
大半が宇宙警備隊の支部長や、養成学校の教官等の重要ポストに付いている超絶エリート集団であり、戦闘力も一般隊員とは一線を画す。
特に有名なのはゾフィーからタロウまでのウルトラ6兄弟

ウルトラシリーズは、第4作『帰ってきたウルトラマン』の初期の頃までは各作品につながりがあるとは明言されていなかったが、後半のエピソードでテコ入れとして過去作品のウルトラ戦士たちを客演させたところ大きな反響があり、それを受けて「各作品の主人公であるウルトラ戦士たちは血よりも強い絆で繋がったウルトラの兄弟である」という設定がコミカライズなどの二次創作で描かれるようになり、TVシリーズにもその設定が逆輸入されるようになった。
ウルトラマンメビウス』ではさらに設定が深められ、かつて地球に滞在していたウルトラマンと地球の少年が兄弟になる約束を交わし、それ以来ウルトラ一族の間で、兄弟という言葉が特別な意味を持つようになったということが語られている。
ウルトラ兄弟が後進達から敬愛されているのも、ここから来ているのかもしれない。

シリーズ作中では「ウルトラ兄弟」という言葉は、「まるで兄弟のように仲間を大切にする者」という意味で使われており、所謂義兄弟のようなものである。実際に血の繋がりがある兄弟かどうかは重要視されていない。三国志劉備張飛関羽をイメージすればわかりやすいか。
称号の贈与に関しては、ウルトラマンキング等のウルトラ長老やウルトラの父といった、光の国の代表の推薦によって行われる模様。

念のため言うと、この中でウルトラの父・母に育てられたのはエースタロウのみで、エースは養子のため、実子はタロウのみ。決してウルトラの母一人で11人も子供を産んだ訳ではない(ただ、セブンは母がウルトラの母の姉で、タロウとは従弟同士であるため、血縁的には近いものがある。ジャックは妻がウルトラの母の妹なので一応親戚の括りに入る)。
加えて実の兄弟なのも獅子兄弟のみである(こちらはそもそも他の兄弟とは出身からして違う)。
さらに言えば、順番が年齢順になっているわけでもない(セブンとジャックは同い年。加入が一番遅かったヒカリウルトラマンより年上、ゾフィーより年下)。

呼び方について

ウルトラ兄弟とは数を限定しない場合の総称であり、ウルトラマンの組み合わせや人数によって呼び方が変わる。

  • ウルトラ5兄弟(ゾフィー、ウルトラマン、セブン、ジャック、エース)
    • ウルトラ兄弟黎明期のメンバー。
  • ウルトラ6兄弟(ゾフィー、ウルトラマン、セブン、ジャック、エース、タロウ)
    • 一般的な認知度の高い組み合わせ。
  • ダンディー4(ウルトラマン、セブン、ジャック、エース)
  • レジェンド5(ウルトラマン、セブン、ジャック、エース、レオ)
    • ウルトラマンサーガ』でのメンバー。こちらでの人間態は民族衣装風。
    • なぜ、タロウではなくレオが選出されたのかは不明。
  • ウルトラファミリー(ウルトラの父ウルトラの母ウルトラマンキングを合わせた呼び方)
    • 昭和期から平成初期に見られた表現。現在はライブステージイベントの『ウルトラファミリー大集合 IN すかがわ』を除いて使われることは全くない。
    • なお、ホンダ・ステップワゴンの宣伝映像では『ウルトラ銀河伝説』に登場したウルトラの父、ウルトラの母、ウルトラマン、セブン、エース、タロウ、メビウス、ダイナがウルトラファミリーとして扱われている。なお、ファミリー感を演出するためか全員タメ口で話している。

本来はM78シリーズの世界観でのみ使われている言葉だが、この他にも平成シリーズのウルトラ戦士も加えた「ウルトラ8兄弟」「新ウルトラ5兄弟」「ウルトラ10勇士」という括りも存在する。

客演作品での扱い

この設定が初登場した『A』以降の昭和作品では、主役を目立たせないといけない以上、苦戦を強いられたり、敵の罠に落ちてしまう描写が多かった。ただし、大抵は各々が単独で客演した場合であり、その場合であっても個々人が活躍するエピソードはある。6兄弟全員揃った場合は別格で、苦戦はあれど黒星はゼロである。
なお『タロウ』〜『レオ』の頃のウルトラ兄弟が地球で人間態を取る際には白いマフラーを首に巻き、各人のウルトラサインが描かれた黒服の上に革ジャケットを羽織った姿で登場している(キリン21世紀ビールのCMでもこの服装がパロディされ、篠田三郎も着用している)。他の人間に憑依した際には額にウルトラサインが浮かび上がるのが特徴。

メビウス』以降の作品ではさらなる成長を遂げており、皇帝直属の暗黒四天王とサシで殴り合って難なく爆殺するほどの圧倒的すぎる実力を見せつけている(『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』での4兄弟の苦戦は、ファイナルクロスシールドの使用によるエネルギーの大消耗が祟った結果なので、TVシリーズでの強さが彼ら本来の実力なのだろう。なお、レオに関しては平成に入ってからほぼ負け無しである)。
ウルトラ銀河伝説』では変身前での戦いを強いられる事もあったが、宇宙人から奪取した銃器(ミライことメビウスは思い出のトライガーショットで戦っていた)やカプセル怪獣、ウルトラ念力を使うなどして柔軟に対応していた。

一般認知度の高さからパロディ作品にもよく出張しており、結構仕事を選ばない側面もあったりする。ギャグもシリアスも真面目にこなすあたり、さすがは生ける伝説というべきか。

光の国の住人の特性故に、滅多な事で仲間割れを起こす事は無いが、『AnotherGenesis』のように光の国が喪われてしまった作品では、セブンやレオを除いて殺し合いをするほどに険悪な関係となってしまっている。
え?何?アストラを◯す?あれはまだ兄弟になる前の話だからノーカンノーカン

ちなみに『ウルトラマンG』でも主題歌の2番歌詞に歌われている通り、客演の予定があったものの、諸事情でボツになった。残念。

アニメ作品『ウルトラマングラフィティ』では当時出揃っていたウルトラ兄弟全員が登場するが、「ウルトラ兄弟」という枠組みは存在せず、光の国で各々の定食に付いている(タロウがウルトラの父とウルトラの母の実子という設定はそのまま)。なお、この作品ではゾフィー初代マンは実の兄弟という設定である。
パーティーに参加しなかったゾフィーやジャック、80、アストラ以外のウルトラ兄弟はキングの財産相続の件で揉めていた辺り、各々の仲はよろしくない。
ゾフィーはスイカ農家、ウルトラマンは自動車メーカーの会社員、セブンは大会社の社長、エースは小説家、タロウは銀行員、レオは流しの歌手、80は小学校の先生といった職に就いており、原作を意識しているのは80ぐらいである(一応、後年公開の「ウルトラマンカンパニー」でセブンが社長になったが)。

メンバー

長兄ゾフィー
次兄ウルトラマン
三男ウルトラセブン
四男ウルトラマンジャック
五男ウルトラマンエース
六男ウルトラマンタロウ
七男ウルトラマンレオ
八男アストラ
九男ウルトラマン80
十男ウルトラマンメビウス
十一男ウルトラマンヒカリ


ちなみにキャリア的に加入期間が最短と思われるのはメビウスであり、彼は宇宙警備隊の新人であったにも関わらず、ウルトラ族である事を知られながらも強い絆で結ばれた地球人の仲間たちとともに数多の戦いを切り開き、暗黒四天王エンペラ星人といった光の国の宿敵を討伐した輝かしいまでの功績から大出世を果たしたのである。
一方で、ヒカリは命の固形化の研究などで多大な貢献を果たしており、メビウスの戦いをサポートしているが、加入はゴーストリバース事変の後。『メビウス』完結より200~300年ほど後の話である。

基本的には加入が早かった者を『兄さん』と呼び、敬語で話す事がほとんど。とはいえ例外もあり、ゾフィーとウルトラマン、セブンは互いに互いを同格と見ているためか、タメ口で話すし兄さんとも呼ばない。ヒカリもセブンなどに敬語で話すことはあるが、基本的には呼び捨てであり、長年の付き合いであるゾフィーに対してもタメ口である(目上のものに敬語で話すメビウスも地球での共闘経験からか、ヒカリに対してはタメ口である)。
セブンとジャックについては完全に同い年だが、どの媒体でもまともな会話が少ないばかりか兄さん呼びする場面が一度も無いため、実際のところはどうなのかは不明。(二次創作ではタメ口で話しているのをよく見かけるが、いかんせん二次創作なのであまり期待できないのが辛いところである)

昭和シリーズでも設定が一定しておらず、タロウでの客演時ではウルトラ4兄弟同士でタメ口で話すシーンがあった(そんな中飛び出した迷言が「ゾフィーの事なんかいいよ」である)。

なお、ゼロはセブンの息子であるため、兄弟にはカウントされていないが、『てれびくん』2010年4月号では「ウルトラ兄弟の一員にするかが検討されている」と書かれた事がある。
これ以降もゼロは光の国の犯罪者であるベリアルの討伐や、他宇宙での宇宙警備隊支部の創設など、兄弟に仲間入りしてもおかしくないほどの功績を多数挙げているが、やはり加入する様子は見られない。
Z』のボイスドラマでは「それだけ名誉ある称号」とゼロ本人が語っており、もしかすると本編でも検討中だったりするのかもしれない。

また、『80』放送当時はユリアンもウルトラ兄弟の一員と紹介されていた事があった。
女性ウルトラ戦士の数自体は少ないものの、彼女らにも「ウルトラ姉妹」的な称号があったりするのだろうか?

発端

第2作『ウルトラセブン』は『ウルトラマン』の続編ではなく、あくまでシェアワールド上の姉妹作品という扱いであり、『ウルトラQ』『ウルトラマン』との繋がりはほぼ無視して物語が進められていた。
第3作『帰ってきたウルトラマン』でも、序盤は主人公であるジャックと、ウルトラマンやセブンとの繋がりは特に描かれていなかった(そもそも企画当初は初代ウルトラマンと同一人物という設定だった)のだが、第18話でテコ入れのためにセブンを出してみたところ、これが物凄い人気に。

話は前後するが、『ウルトラマン』と『セブン』の版権は全て講談社にあったものの、『帰マン』以降は小学館も版権を有するようになり、学年誌『小学○年生』では内山まもる先生によるコミカライズを始め、毎月膨大な特集が組まれていた。
そして『小学2年生』1971年8月号で「ゾフィー、ウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラマンジャックの4人をウルトラ兄弟と呼ぶ」という記述が掲載された。こうして『Q』から『帰マン』までの4作品は完全に同一の世界観で結ばれる運びとなる。

そして『帰マン』第38話で、ナックル星人の手に落ちたジャックを助けるため、ウルトラマンとセブンが登場。この時はまだ「ウルトラ兄弟」の単語は用いられていなかったが、最終話にてバット星人のセリフで初めて言及される。
次作『A』の初回サブタイトルがその名も「輝け!ウルトラ5兄弟」であり、劇中にてこの概念が完全に確立。こうして「ウルトラ兄弟」の名は、特撮史に燦然と輝く星となったのだ。



ん?タロウより先に6番目の弟が出た??はて何のことやら

余談

テーマ曲に「ウルトラの父の教え子が」という歌詞もあるので、「兄弟弟子」の意味合いもあったと思われる。
ちなみにアメトーークの「ウルトラマン芸人」の回にて、「先輩芸人を『兄さん』と呼ぶのと同じ」と説明された。合ってるようなちょっと違うような…

空想科学読本シリーズでは(あくまでネタの一貫としてだが)「実際の兄弟」として扱うケースが多く、ウルトラの父母も含め年齢や身体能力の差に関して色々とツッコミが入っていたりする。ちょっとやめないか

関連タグ

ウルトラシリーズ ブラザーズマント
ウルトラ10勇士新世代ヒーローズ:新たな戦士たちの台頭によって発足した、新たなウルトラ兄弟とでも呼ぶべき概念。

高見沢俊彦:還暦祝いにブラザーズマントが送られた。彼自身ウルトラマンに変身したことがあり、7人目のウルトラ6兄弟と言っても過言ではないかもしれない。

コクッパ:同じくリーダー格の実子ではないチーム。クッパには彼らとは別にクッパJr.という実子がいる為、彼がウルトラマンタロウ枠という事になる。

レジェンド戦隊 オールライダー 栄光の七人ライダー
プリキュアオールスターズ 桃園の誓い

関連記事

親記事

ウルトラ戦士 うるとらせんし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ウルトラ兄弟」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ウルトラ兄弟」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 818785

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました