ピクシブ百科事典

アメトーーク

あめとーーく

雨上がり決死隊が司会を務める芸人プレゼンテーション番組。雨上がり決死隊の冠番組であり、10年を超える長寿番組である。
目次[非表示]

概要

毎週木曜23:15-翌0:15にテレビ朝日系列(ANN)フルネット23局で放送されている雨上がり決死隊司会のバラエティ番組。この時間帯に『『やすとものいたって真剣です』』(木曜23:17-翌0:17)を放送する朝日放送テレビは、1時間15分遅れて金曜未明の0:30-1:32に放送しているほか、テレ朝が放映権を持つスポーツ大会(奇数年夏の世界水泳など)が行われる場合は振替放送を行う。
一つのジャンルが大好きな芸人達が一堂に集まってそれに関する話題で語り合うのが主な内容。
時々芸人が企画を持ち込んで視聴者投票でどれが見たいかを決める企画も行われる。
毎回割とディープなジャンルのトークが飛び交い、ときに司会の雨上がり決死隊の2人や会場はおろか視聴者すらもおいてけぼりにすること(特に中川家次長課長友近江頭2:50の登場回に顕著)もあったりと、番組自体がかなりフリーダムな雰囲気で進行していくが、フリーダム過ぎて「TVショーですよ!」と注意されることも。
また、出演者と軽快に場面についてのトークや知らないことに関しても「なるほど」と相槌を打つ宮迫博之に対して蛍原徹の「知らん!」や「わからん!」という知識の無さも番組名物となっている(酷い時には何度もテーマやストーリーに対して説明してもらったが、理解しようとすらせず何度もツッコミを入れられていた)。

2004年5月以前は『アメトーク』というタイトルで、話題の芸能人を呼んで雨上がり決死隊の二人がゲストとトークをする、至って普通のトークバラエティで尺も30分というシンプルな番組だったが、2004年6月放送の『メガネ芸人』というテーマでのトークを境に現在に通じる流れが生まれ、『雛段芸人』という当時としては暗黙の了解だったテーマを掲げた大胆な番組内容を展開して以降、現在の「芸人の芸人による番組」というスタンスを確立した。

基本的には「○○芸人」という題目で芸人達が自分の好きなジャンル、および共通する部分などを掘り下げてトークすることが企画のメインである。変則的に特定の芸人のみをフィーチャーした特集を組んだり、バラエティらしく体を張ったリアクション芸の披露大会を開催するなど、その内容は多岐にわたる。

またゲストや撮れ高によっては週またぎすることもあったが、「華丸・大吉芸人」のように最初から週またぎする企画もある。

ほぼ1クールごとにスペシャル番組も作成されており、その際にはタイトルの『トーーク』が放送時間の長さだけ「ー」の数が増えるという、現在のタイトルを利用した遊び心を見せてくれる。2016年から2018年までは日曜日の19時台というゴールデン枠での放送も行った。ちなみに木曜と日曜では虹の向きが逆になっている。

この番組により有吉弘行の再ブレイクを筆頭とした人気者を世に出すなど功績も多いが一方で東野幸治設楽統バナナマン)の持ち込み企画時の過度なイジリや題目とかけ離れた芸人の登場(もちろん、にわかファンの芸人を笑いにすることを目的とした企画ではない)、上記の説明にもあるが中川家友近のモノマネや江頭企画による暴走等批判要素も多い。

出演者

MC

蛍原徹
雨上がり決死隊のおかっぱの方。
基本ゴルフ・競馬・野球・北の国から関連しか興味がなく、アニメ漫画等に疎い。
下記の件以降皆からサポートを受けながらよくボケる。

MC横芸人
くくりによって出る芸人版オブサーバー。
下記の件以降出る確率が高くなった。
基本くくりを全然知らない・アンチ側の芸人だったり、くくりにいる相方だったりする。

準レギュラーの芸人

ケンドーコバヤシ
いろんなくくりに登場し、コスプレすると大体ネタ系。
何かあると下ネタに走るためよくツッコミされる。
しかし、絵心ない芸人では絵心がある芸人側として、ツッコミ側になる。
何故か蛍原に厳しい。

土田晃之
主に家電・ガンダムシリーズ・特撮のパネリスト側として登場する事が多い。
一方でキングダムの事は全く知らない。

高橋茂雄
サバンナの太鼓持ちでOPPで運動神経悪い方。

有吉弘行
元猿頭岩。毒舌キャラで再ブレイク。
一度も禁煙はしてない。

品川祐
我らがおしゃべりクソ野郎であり、トーク泥棒である。
家電やアニメ漫画等に登場する。

山崎弘也
アンタッチャブルのケツアゴの方で、基本ガヤしたりパクり芸している。
相方は以前コンビ出演していたが某件以降数年に1回出てるか出てないかの頻度でピンで登場しているが、最近仲直りして姉妹番組の方でコンビ共演した。

出川哲朗
笑いの神に愛された男でマセキ3兄弟の長男。

陣内智則
絵心がない芸人・踊りたくない芸人・桃鉄芸人ではパネリスト側(絵心がない芸人と踊りたくない芸人に関しては、自身が絵とダンスが苦手である為)、その他はオブサーバー側として出演する事が多い。
特撮(現時点では仮面ライダーシリーズ〈なお、仮面ライダー電王の映画でゲスト出演した経験がある〉)とアニソンの事はあまり知らない。
2代目妻持ちであるが、現在も他のタレントから先代妻と自身の浮気のネタをいじられているまま(ちなみに先代妻もダウンタウン番組松本人志に陣内の事をいじられていた)。

藤本敏史
FUJIWARAの顔がでかい方。
2019年末にと離婚して以来(翌年の2020年に芸能界を引退)、他のタレントから離婚と元妻のある不祥事・不倫・芸能界引退のネタをいじられているが、自身だけはそれらの事を呆然する事や開き直るなどでかなり不満としている(他のテレ朝の番組や他系の番組でも度々そう言う事になっている)。
ちなみにその元妻はパネリスト側とオブサーバー側として出演した事がある。

狩野英考
ラーメンつけ麺僕イケメンの人でマセキ3兄弟の次男。
得意の麻雀とギター以外のジャンソルは知らない為、オブザーバー側として出演している事が多い(なお、野球に関しては2019年に野球場で野球観戦を初めて行って以来、それを趣味となっている〈さらには地元の楽天イーグルスのファンである事も判明している〉)。

中川礼二
中川家の弟でOPPの方。
電車ラグビーネタをしたり、吉本はワンチームネタをする。
キン肉マンの事は全く知らない。

若林正恭
オードリーのじゃない方だった方。
最初は人見知りだったが、克服し立派な小物MCになった。

千鳥
島からやってきた鬼と小池のコンビ。
一時期は帰ろうかと言われたがブレイクをはたす。

ナダル
コロコロチキチキペッパーズの坊主の方。
相方のせいでナダル・アンビリバボーシリーズが誕生した。

川島明
麒麟のいい声で運動神経悪い方。
ちゃんとしてなきゃいけない芸人・(仮)バラシ芸人・ええ声芸人のパネリスト側のゲストとして、業界から重宝されている人。
本番組でも分かりやすい説明役などを任されることが多い。
特撮(現時点ではウルトラマンシリーズ)の事はあまり知らない(ウルトラマンシリーズに関しては、1979年生まれという事でギリギリウルトラマンシリーズがほぼ休止状態の時に幼少期を終えた為である)。

田村淳
ロンドンブーツ1号2号のMr.いい人じゃない方で闇ビビり。
くくりではこないが姉妹番組関連でたまに来る。
相方はたまにくるが下記の件で蛍原共々ネタにされた。

江頭2:50
年末に終盤に別室でよく登場する。たまにスタジオにくる。

不定期で出演する芸人以外のタレント

基本的に10代から30代前期までの芸人以外の女性タレントがオブサーバー側として出演するが多く、時にはMC横芸人と一緒に出演する事もある(女優はドラマ・映画・舞台などの宣伝で登場する事も多いが、無い場合がある〈30代後期以降の女優も同様〉)。主にパネリスト側としての出演が一度も無いかつ色々なジャンルの経験が無いまたは知らない若手(指原莉乃〈アニソンがあまり知らない〉や瀧本美織〈仮面ライダーシリーズを含む特撮の事はがあまり知らず、将棋の事は全く知らない〉など)が多いが、初登場またはのちにパネリスト側として出演する若手(小島瑠璃子滝沢カレンなど)がいる。
また、時には芸人以外の男性タレント(男性俳優は女優と同じく、ドラマ・映画・舞台などの宣伝で登場する事が多いが、無い場合がある)や30代後期以降の芸人以外の女性タレントもパネリスト側やオブサーバー側として出演する事がある。
2020年現在某処置でスペシャル以外でない傾向が強い。

過去の出演者

いずれもある不祥事で出演停止中。
宮迫博之
雨上がり決死隊の宮迫ですの方で蛍原と違いアニメ・漫画はわかる。
元ハゲのくせに他人のハゲをいじるうえ噛み癖持ちに厳しい。
下記の件で存在がカットされいなくなり、その後はたまにネタにされている。
徳井義実
チュートリアルのイケメンの方で、いろいろなくくりに登場する。
下記の件とは別件で出演しておらず、ゴリラと思わしき絵だけ出ている。
渡部建
アンジャッシュのMr.自己管理の方で、基本食シリーズに登場する。
2020年某件以降自粛中だが、その件に触れられた回が回だけにネタされている。
相方はたまにコンビ又はピンで出るが、雑な扱いされている。

現在までに放送された企画の一例

基本上記の通り芸人が基本メンバーだが、たまに芸人以外のタレントが紛れて混んでいる事がある。
くくりによってはコスプレをしていたり、付近に関連したパネルや物があったりする。
基本単発ネタが多いが好評だとシリーズ化したり、期間を開けて第2弾が放送される。

独立項目


特徴系

  • メガネ芸人
  • トリオ芸人
  • エゴサーチ芸人
  • こいつら中学生芸人
  • 胸でかい芸人
  • グラビア芸人(グラビアアイドル
  • 若手ガムシャラ芸人
  • ロケリポーター芸人
  • 子供番組やってる芸人
  • 私生活芸人っぽい芸人
  • 小物MC芸人
  • 若手女芸人


コンプレックス系

  • 薄毛ばれたくない芸人
  • ブスを受け入れられない芸人
  • 顔面イケてない芸人


イメージ系

  • キモイと言われすぎ芸人
  • 好感度低い芸人
  • 女性人気ない芸人
  • イマイチ印象残らない芸人


裏側・実録系

  • 雛壇芸人
  • (仮)バラシ芸人
  • 悲しいチャンピオン芸人
  • 僕らビミョーな6.5世代
  • 元々ボケやってたツッコミ芸人
  • 激動の同期芸人
  • グッズ売れ残り芸人


願望系

  • もっと売れたい芸人
  • 今年が大事芸人
  • レギュラーにしてもらえない芸人
  • 枠なし芸人のつらさ
  • ロケ行きたい芸人
  • 情熱大陸出たい芸人
  • コメンテーターやりたい芸人


仲良し系

  • 俺たちくされ縁芸人
  • 意外に仲いい芸人


同類系

  • 同じ事務所に同類芸人
  • リアクション3


フィーチャー企画

芸人生態系


芸人絶賛系

タレント系

音楽系

恋愛
  • 熟女芸人
  • いい年して…若い女の子大好き芸人
  • 夢見るチェリー芸人

家族関係
  • 家族オカシイ芸人
  • 寂しいお父さん芸人
  • 独身こじらせ芸人
  • 一人暮らし長い芸人
  • 実家が農家芸人
  • 実家ビンボー芸人
  • 親がよくテレビでる芸人
  • お母さん大好き芸人
  • 奥さん大好き芸人

地元関係
地方出身芸人を取り上げることが多い。『地方冠番組芸人』『ローカル番組やってます芸人』では地方で番組を持つ芸人を取り上げるが司会の蛍原徹が単独で出演した名古屋ローカル番組を紹介されたこともある。
  • ド田舎芸人
  • 団地で育った芸人
  • 地方冠番組芸人/ローカル番組やってます芸人
  • 博多屋台大好き芸人
  • 岡山盛り上げよう芸人
  • 観光大使芸人
  • ガレッジセール沖縄芸人

相方関係

肯定系

  • 相方大好き芸人
  • 相方やさしい芸人
  • 相方のツッコミ最高芸人

否定系
  • 相方どうかしてるぜ芸人
  • 相方向上心ない芸人

境遇系
  • 学生時代の友達とコンビ組んでる芸人
  • 幼馴染とコンビ組んでる芸人
  • 兄弟でコンビ組んでる芸人
  • 男女コンビ芸人

その他
  • コンビ芸人ホームルーム
  • ネタ書いてない芸人
  • トリオ2番手3番手芸人

学校関係

性別系


経験系

専門系

勉強系
  • 勉強大好き芸人
  • 先生になりたかった芸人

部活系
  • 部活しかやってなかった芸人
  • 部活やってたけど補欠芸人
  • マイナー部活芸人
  • 弱小部活芸人
  • スポーツ推薦芸人

スポーツ

本人がそのスポーツをしていたものとファンとして出演しているものがある。
ワールドカップWBCなど大きなスポーツの祭典が開催される前に、ゴールデンで特番が放送される場合もあった。
野球系


その他

趣味(サブカル除く)

スポーツ系


テーブル系

アウトドア系
  • 釣り芸人
  • ひとり旅芸人
  • 夏サイコー芸人
  • キャンプ楽しい芸人
  • 夏フェス行きたい芸人

乗り物系

インドア系
  • 読書芸人
  • ギター芸人
  • 一人遊び大好き芸人
  • おうち大好き芸人 

食関係系

芸能系

その他

ドラマ
テレビ朝日系列でなくとも堂々と取り上げられている。スクールウォーズ芸人のときはTBSから差し入れがあった。


漫画・アニメ・特撮

テレビ朝日系列ではないものもある。
また映画の番宣で怪人が現れ大概関係者達が戦闘に巻き込まれるケースが多く「仮面ライダー芸人」では『仮面ライダーフォーゼ』のレギュラーだった田中卓志アンガールズ)、「スーパー戦隊大好き芸人」では赤い服がイメージのカズレーザー、「ウルトラマン芸人」では映画で声を務めた悪トラマンだった宮迫によるいじりが恒例となっている。
なお、2020年5月31日放送の「魔進戦隊キラメイジャー」で新型コロナウイルスの影響のため代わりの企画としてこの番組の正式パロディ「キラトーーク 相方大好き魔進」が放送される。
アニメ・漫画
ドラえもん系


ロボット系

スポーツ系

不良系

格闘系

冒険系

長寿系

特撮系

映画系

その他
  • 本屋でマンガ芸人
  • 昭和アニソン軍VS平成アニソン軍

ゲーム

初のゲーム企画は番組開始から約10年も経ってからだった。


苦手なこと

結構いじられることが多いが、中には「おなかピーピー芸人」のサバンナ・高橋茂雄が下痢止めのCMに起用された例もある。

  • 東京にハマってない芸人
  • 東京って難しい芸人
  • 下ネタへたくそ芸人
  • iPhone使いこなせてない芸人
  • 女の子苦手芸人
  • 人見知り芸人
  • おしゃれってなんなの芸人
  • 猫舌芸人
  • ガリガリ芸人
  • 腰痛い芸人
  • おなかピーピー芸人
  • ポンコツ芸人
  • 禁煙つらいよ芸人
  • 波風立たせたくない芸人
  • 踊りたくない芸人
  • お肌よわよわ芸人
  • オジサンたち
  • NOパソコン芸人

食シリーズ

チャレンジ企画として始まったが定番企画になっている。しかし番組中盤あたりでネタ切れになることが多い。メンバーはいつも大体同じで博多華丸ケンドーコバヤシ渡部建長野博など。油揚げ芸人では『サンドのぼんやり~ぬTV』の映像がそのままロケVTRとして使用された。渡部が「明太マヨは何にでも合う」「ちくわの穴には何を入れても合う」などと独自理論を展開するボケが定番。安田美沙子主演の食材妄想ドラマも恒例。


ついついシリーズ

伊達みきおが様々な食べ物を「こういう理由だから0カロリー」と言い張るボケというか屁理屈、通称『カロリーゼロ理論』が定番。
また、このシリーズでは芸人とMr.自己管理の渡部建の対決が見ごろである。

  • ついつい食べ過ぎちゃう芸人
  • ついついだらしなくしちゃう芸人
  • ついつい甘いもの食べちゃう芸人
  • ついついネットで買っちゃう芸人
  • お酒飲みすぎちゃう芸人
  • 揚げ物大好き芸人
  • アイスがなきゃ生きていけない芸人

その他の企画

トーク系

  • 立ちトーーク
テーマはなしで立ったままトークをして、最近あった出来事だったり、ドラマ映画出た話したり脱線して下ネタの話が出たり自由なシリーズ。
  • しゃべり出し決まってるトーーク

会議系
  • 芸人ドラフト会議
  • 芸人持ち込み企画
  • だから嫌いなんだ発表会
  • どうぶつ研究会
  • 芸歴はっきりさせよう
  • 20XX年反省会 もっとやれるハズだったのに…

グランプリ系
  • パクリたい-1グランプリ
  • ビビり-1グランプリ
  • 珍プレー好プレーGP

その他
  • 芸人体当たりシミュレーション
  • スペシャル直前対策・スペシャル延長戦
  • アメトーーク大賞(年末スペシャル恒例)
  • さんまvsお笑い第七世代

番外編
  • ホリケンふれあい旅 にんげんっていいな♪(※年末限定企画)
  • ブラマヨ吉田の変愛トーーク
  • 千鳥の大クセ写真館(のちのテレビ千鳥)

闇営業問題の影響

2019年6月、番組MCである宮迫博之が特殊詐欺グループのパーティーに闇営業で出演していた事が発覚、同6月24日付で無期限謹慎処分となった。
それ以降CMがACジャパンばかりになり、番組観覧募集が突如中止されたことから番組終了が危ぶまれていた。
しかし、テレビ朝日は番組の継続を発表、2019年7月までは宮迫が映っていると思われる部分に編集が加えられた状態で放送し、以降の収録は蛍原+助っ人芸人でMCを務める形で番組が継続されている。そのためネットでは「ホトトーーク!」とも呼ばれることも。

宮迫との謹慎処分が下された当初、別に亮がいなくても問題ないだろうと言われていた「ロンドンハーツ」とは対照的に、「アメトーーク」は存在感の強い宮迫のイメージが先行していたため番組の質低下を懸念する声も多かったのだが、蓋を開けてみれば逆に視聴率が上昇。皮肉にも番組打ち切りとは無縁の好調な状態が続いている。

どちらかというと司会よりもゲストの個性が主役という番組構成や、宮迫の存在が強烈だっただけで実は宮迫との司会時代から蛍原の方も結構喋っていたことから、蓋を開けてみれば実は宮迫は単なる目立ちたがり屋だっただけで、別に欠けても番組存続に問題はなかったのでは?と多くの視聴者が気付いてしまったのである。

むしろ騒動前から指摘されていた自分がイジられるのは嫌いなくせに他人のことはイジりまくる俺様キャラで、ゲストが噛んだ程度で何かと話を遮りたがる宮迫がいなくなったおかげで見やすくなったという声すらある(ただし後者に関しては明確なソースは今のところない)。

もちろん宮迫復帰を熱望するファンも少なくない。

関連タグ

テレビ朝日 雨上がり決死隊
ロンドンハーツ(姉妹番組)
にじさんじ:ロゴが似ているとよく言われる。

関連記事

親記事

雨上がり決死隊 あめあがりけっしたい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アメトーーク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 705380

コメント