ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

設楽統とは、お笑い芸人の『バナナマン』の片割れ。1973年4月23日生まれ。

日村勇紀とコンビを組む、細い方である。
2012年の番組出演本数ランキングでは、第1位だった。
2013年の番組出演本数ランキングも第1位で、V2を達成した。

フジテレビの情報番組、『ノンストップ!』の司会も勤めている。

自他ともに認めるドSであり、自身がMCを務める番組では、出演者に対して容赦なく無茶ぶりをしたりするなどしている。

実は、甲殻類アレルギー。若手の頃は食べることができていたらしいが、歳を重ねていく過程で徐々に食べることができなくなっているらしい。

経歴

中学では、生徒会長と野球部のキャプテンを務め、高校時代はバンド活動に明け暮れていた。その後、父親のツテで西武鉄道に就職。同社池袋線小手指駅で駅員として半年間ほど勤務していた。駅員時代は「白線の内側で“伏せて”お待ちください」など、ギャグや小ネタを交えたアナウンスをしたこともあったが、それでも先輩たちは怒ることなく、むしろウケが良く、可愛がられ、女子学生からも「イケメン駅員」として大人気だったという。しかし、この頃から芸能界に興味を持ち始め、退職。半年間のフリーター期間を経て、渡辺正行の付き人として芸能界入り。1993年、知人から「4人でお笑いをやろう」と誘われ、新宿アルタ前に集合。ここで日村と出会い、意気投合。他の2人を見限り2人でグループを脱退する形で「バナナマン」を結成した。1999年、19歳の頃から交際していたバイト先の一般女性と結婚。現在は、20歳の娘もいる。
2007年3月18日の『イロモネア』の収録の6時間前 には自らのタバコの不始末から自宅で火事を出した。自室が燃えただけで本人・家族とも無事だったものの思い出の写真や収集していたエロDVDなどの私物はほとんど焼失してしまった。その結果、有吉弘行からは「放火魔」という不名誉なあだ名をつけられた。(しかし、そんな災難に遭いながらも出場した『イロモネア』では「サイレント」にて、なんと燃えても尚起動していた携帯電話を取り出して5人全員を笑わせ、見事100万円を獲得した。その100万円は、日村の気遣いによって全て設楽家のリフォーム代に充てられた。)

関連タグ

芸人 日村勇紀
ズルズキン:設楽にそっくりとよく言われている。

関連記事

親記事

バナナマン ばななまん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「設楽統」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「設楽統」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 149844

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました