ピクシブ百科事典

お笑い芸人闇営業問題

おわらいげいにんやみえいぎょうもんだい

お笑い芸人闇営業問題とは、2019年6月から発生した一人の芸人の解雇から企業の内部暴露にまで発展した吉本興業所属の芸人を中心とした大騒動である。
目次[非表示]

概要

2019年6月6日、写真週刊誌「フライデー」にカラテカ入江慎也が2014年12月に渋谷のセルリアンタワー東急ホテルで行われた振り込め詐欺グループの忘年会に参加するという闇営業吉本興業の所属タレント11名(後にワタナベエンターテインメント所属からも2名が関わっていたのが判明)に仲介していたのを暴露され、吉本との契約解除を受けたことを発端に発生した問題である。

振り込め詐欺グループの忘年会に参加した芸人の中には雨上がり決死隊宮迫博之ロンドンブーツ1号2号田村亮という冠番組を複数抱えた芸人もいたことや実際には計300万円を受領していたにもかかわらず仲介役の入江と共に口裏合わせをして「ノーギャラ」と嘘を吐いたことから批判が殺到。
また、これとは別にスリムクラブの両名が2016年に知人の他社所属芸人を通じて反社会的勢力の人物が参加した飲食店オーナーの誕生日パーティに出演し金銭を受け取っていたことが発覚しこちらも無期限謹慎処分を受けている他、楽しんごもこれとは別の闇営業が発覚して解雇処分となった。

元々吉本興業のジャニーズ事務所48グループLDHなどと共に引き合いに出されやすい過剰なテレビ番組の占拠や、ひな壇芸人の項目にもある通り株主が全在京マスコミなことから所属芸人が何か不祥事を犯してもマスコミの忖度により批判をぼやかされやすい形態、ほぼブラック企業と呼んで差し支えない芸人の低賃金制など企業としての在り方を問題視する声は多く、次長課長河本準一が売れっ子芸人になってからも母親が生活保護受給し続けいたことが発覚する遠因にもなったが、ここにきてそれが爆発することとなった。

そして、7月19日の宮迫の契約解除を経て最終的には20日の15時、報復覚悟で宮迫と亮二名が独断で会見を開き「6月8日に吉本社員と弁護士に受領金額を明かしていたが、『今さらひっくり返せませんよ』『静観でいきましょう』と口止めさせられた」「岡本社長に『会見を開いたらお前ら全員クビ。俺には力がある』『在阪在京5社は俺の味方』と脅された」など吉本興業の内部事情を暴露する大騒動にまで発展。吉本の現状が指定暴力団と大差ないと大いに批判を受けることとなった
これを受けて、ダウンタウン松本人志が当日夜に吉本上層部と直談判し、翌日のワイドナショーを緊急生放送に切り替え、結果を報告した。また、加藤浩次もスッキリで吉本上層部への乗り込みを予告の上、その日の夜に吉本上層部と約3時間におよぶ直談判を行った。
この二人のお説教とも言える行動に遂に吉本上層部の心が折れ、岡本社長が緊急会見を開いて宮迫と田村亮の処分撤回を発表した。

闇営業芸人のその後

相方の田村淳のサポートもあり、翌年1月30日に復帰。
復帰会見は宮迫と会見を行った場所と同じ場所で開かれ、吉本興業傘下の株式会社LONDON BOOTS所属になることが発表された。元々の亮の人柄の良さに加え淳の亮を復帰させるまでの手順が的確だったため、復帰に異論を唱える声は少なくむしろ淳の手腕が高く評価された。
4月に冠番組の「ロンドンハーツ」にも復帰したが、淳の意向でしばらくは研修生扱いで裏方での参加となった。

この騒動で最も変化があった。
会見後一度は事務所から吉本再契約を約束されたが、強盗犯と写真を撮っていた第二報が流れたことでまたもやなしに。現在は吉本興業所属ではなく、明石家さんまのいるオフィス事務所の一時期預かりとなっている。
そんな中、亮の復帰会見前日に株式会社Guild制作のYouTubeチャンネル「宮迫ですッ!」でYouTuberデビュー。最初は批判轟々だったが、半年後にはチャンネル登録数が100万人を突破するなど人気チャンネルになった。
その一方、再生数稼ぎや話題作りのために2年前のVALU騒動で詐欺同然の行為を働いているヒカルや偽パワハラ騒動で炎上を引き起こしたレペゼン地球といった一般的にグレーゾーンと見られているYouTuberとばかりコラボしていることから「ヒカルの腰巾着」「相方を蛍原からヒカルに変えた」「闇営業から全然反省していない」「ますますテレビに戻れなくなる」という指摘もあり物議を醸している。

8月に全員が復帰。

他と違い吉本興業所属ではなかったため、当時吉本をターゲットにしていたマスコミからはあまり報道されず、一時期の活動休止処分は受けたが9月に復帰。
この騒動で三重県四日市市の観光大使を解任されたが、復帰後再任命されている。

関連タグ

吉本興業 芸人 マスコミ ブラック企業
京都アニメーション第1スタジオ放火事件参議院選挙…ほぼ同時期の出来事

徳井義実(チュートリアル)、木下隆行(TKO)、渡部建(アンジャッシュ):闇営業とは無関係だが、騒動から一年足らずの間に別の不祥事で干されることとなった芸人。

指定暴力団カドカワ

関連記事

親記事

吉本興業 よしもとこうぎょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「お笑い芸人闇営業問題」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2689

コメント