ピクシブ百科事典

お笑い芸人闇営業問題

おわらいげいにんやみえいぎょうもんだい

お笑い芸人闇営業問題とは、2019年6月から発生した一人の芸人の解雇から企業の内部暴露にまで発展した吉本興業所属の芸人を中心とした大騒動である。

概要

2019年6月6日、写真週刊誌「フライデー」にカラテカ入江慎也が2014年12月に渋谷のセルリアンタワー東急ホテルで行われた振り込め詐欺グループの忘年会に参加するという闇営業吉本興業の所属タレント11名(後にワタナベエンターテインメント所属からも2名が関わっていたのが判明)に仲介していたのを暴露され、吉本との契約解除を受けたことを発端に発生した問題である。

振り込め詐欺グループの忘年会に参加した芸人の中には雨上がり決死隊宮迫博之ロンドンブーツ1号2号田村亮という冠番組を複数抱えた芸人もいたことや実際には計300万円を受領していたにもかかわらず仲介役の入江と共に口裏合わせをして「ノーギャラ」と嘘を吐いたことから批判が殺到。
また、これとは別にスリムクラブの両名が2016年に知人の他社所属芸人を通じて反社会的勢力の人物が参加した飲食店オーナーの誕生日パーティに出演し金銭を受け取っていたことが発覚しこちらも無期限謹慎処分を受けている。

元々吉本興業のジャニーズ事務所48グループLDHなどと共に引き合いに出されやすい過剰なテレビ番組の占拠や、ひな壇芸人の項目にもある通り株主が全在京マスコミなことから所属芸人が何か不祥事を犯してもマスコミの忖度により批判をぼやかされやすい形態、ほぼブラック企業と呼んで差し支えない芸人の低賃金制など企業としての在り方を問題視する声は多かったが、ここにきてそれが爆発することとなった。

そして、7月19日の宮迫の契約解除を経て最終的には20日の15時、報復覚悟で宮迫と亮二名が独断で会見を開き「6月8日に吉本社員と弁護士に受領金額を明かしていたが、『今さらひっくり返せませんよ』『静観でいきましょう』と口止めさせられた」「岡本社長に『会見を開いたらお前ら全員クビ。俺には力がある』『在阪在京5社は俺の味方』と脅された」など吉本興業の内部事情を暴露する大騒動にまで発展。吉本の現状が指定暴力団と大差ないと大いに批判を受けることとなった。

関連タグ

吉本興業 芸人 マスコミ ブラック企業
京都アニメーション第1スタジオ放火事件参議院選挙…ほぼ同時期の出来事

指定暴力団カドカワ

関連記事

親記事

吉本興業 よしもとこうぎょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「お笑い芸人闇営業問題」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1882

コメント