ピクシブ百科事典

概要

日本のお笑いタレント、漫画家。吉本興業所属。
1977年6月30日生まれ。東京都東村山市出身。父は絵本作家のやべみつのり
男性だが身長158cmと小柄である。さらに、体重は41kgとかなりの痩せ型で、2018年に出演したテレビでは体脂肪率は4.8%と栄養失調の状態にあると診断された。

1997年から2019年まで入江慎也カラテカというコンビを組んでいた。2019年入江が吉本興業を解雇されたので事実上のコンビ解散。
元々ピンでの活動が多く、入江の契約解除後も「カラテカ」は矢部個人の活動名として使われている。

読書家で勉強熱心な性格である。
自身初の全国区番組レギュラーとなった『進ぬ!電波少年』の企画「●●人(●●には国籍や人種が入る)を笑わしに行こう」で、11か月でスワヒリ語、モンゴル語、韓国語、コイサンマン語の4か国語を学習。後にテレビで中国語に生徒役で出演したので、5か国語を学習した。
さらに、2007年には気象予報士の資格試験に合格し、『はなまるマーケット』にて予報の初仕事を行なっている。
クイズ番組などにも多数出演しており、『決定!これが日本のベスト100全国一斉○○テスト』で雑学王となったこともある。

俳優活動も行っており、2004年度NHK大河ドラマ新選組!』では、新選組の初期隊員・阿比類鋭三郎役で出演した。また、つかこうへい作品など舞台にも数多く出演している。

人脈が広く遊び好きの入江に対し、本人は非常に人見知りである。

漫画家として

2016年から『小説新潮』に、矢部と矢部が下宿する家の大家との日常を描いた漫画「大家さんと僕 」を連載。
次第に評判を呼ぶようになり、2017年10月に発売された単行本は21万部を突破し、2018年4月には第22回手塚治虫文化賞短編賞を受賞している。2020年にはNHK総合にてアニメ化もされた。

2019年には続編となる「大家さんと僕 それから」を発表。2021年には自身の父とのエピソードを描いた「ぼくのおとうさん」を発表している。

関連記事

親記事

吉本興業 よしもとこうぎょう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「矢部太郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 342

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました