ピクシブ百科事典

キングオブコント

きんぐおぶこんと

2008年から開催されているコントの日本一を決定する大会である。
目次[非表示]

概要

『M-1グランプリ』『R-1ぐらんぷり』と同類で、名前の通りコントの面白さを競う大会である。

キングオブコント事務局、TBSテレビ、TBSラジオが主催・運営。

総合司会はダウンタウンであるが、2015年度からは松本が審査員に移動したため浜田のみとなっている。

かつてはオロナミンCタウンワーク冠スポンサーとなっていたが、2016年からはCygamesが冠スポンサーとなっている。

2014年までは準決勝の敗退者が決勝の審査員を務めるシステムだった。
2008年のみは2ブロック制で各ブロックの勝者が最終決戦を行うルールだった。最終決戦では、進出した2組がどちらが優勝かを判定する。つまり「私達は私達に投票します」ということを自ら言うという謎のシステムだった。しかしこれで勝負がつくはずがないので、決勝には進めたが最終決戦に進めなかった6組が誰に投票するかを口頭で発表する。しかしこの方法だと他事務所の先輩芸人に投票するというのが難しいという欠点があった。
2009年からは準決勝の敗退者のみがボタンを用いて審査するルールに変更された。
2015年以降は松本人志さまぁ~ずバナナマンの5人が審査員を務めるようになった。
2009年以降は審査方法は違えどおおむね似たようなルールで行われている。2回ネタを披露してその合計点で優勝者を決める。
ただし2014年は採点制ではなく投票制を用いていて第1ラウンドは2組での対決、第2ラウンドは勝者5組による勝ち抜き戦となっていた。
2018年は決勝進出者を完全シークレットとしていたが、話題が盛り上がらないなどの理由で不評であった。しかも、シルエットは公開していたため決勝進出者が完全にバレていた。

歴代優勝者

歴代優勝者は下記の通りである。

放送年放送回数優勝者所属事務所
2008年第1回バッファロー吾郎よしもとクリエイティブ・エージェンシー
2009年第2回東京03プロダクション人力舎
2010年第3回キングオブコメディプロダクション人力舎
2011年第4回ロバートよしもとクリエイティブ・エージェンシー
2012年第5回バイきんぐSMA NEET Project
2013年第6回かもめんたるサンミュージックプロダクションGET
2014年第7回シソンヌよしもとクリエイティブ・エージェンシー
2015年第8回コロコロチキチキペッパーズよしもとクリエイティブ・エージェンシー
2016年第9回ライスよしもとクリエイティブ・エージェンシー
2017年第10回かまいたちよしもとクリエイティブ・エージェンシー
2018年第11回ハナコワタナベエンターテイメント

関連タグ

M-1グランプリM-1)…若手漫才師日本一を決めるコンテスト。
R-1ぐらんぷりピン芸人日本一を決めるコンテスト。
THE MANZAI…年に一度の漫才師の祭典。2011年~2014年まではコンテスト形式。

pixivに投稿された作品 pixivで「キングオブコント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15968

コメント