ピクシブ百科事典

キングオブコント

きんぐおぶこんと

2008年から開催されているコントの日本一を決定する大会である。
目次[非表示]

概要

『M-1グランプリ』『R-1ぐらんぷり』と同類で、名前の通りコントの面白さを競う大会である。

キングオブコント事務局、TBSテレビ、TBSラジオが主催・運営。

総合司会はダウンタウンであるが、2015年度からは松本が審査員に移動したため浜田のみとなっている。

かつてはオロナミンCタウンワーク冠スポンサーとなっていたが、2016年からはCygamesが冠スポンサーとなっている。

2018年は決勝進出者を完全シークレットとしていたが、話題が盛り上がらないなどの理由で不評であった。
しかも、シルエットは公開していたため決勝進出者が完全にバレていた。

審査員

2014年以前

2014年までは準決勝の敗退者が決勝の審査員を務めるシステムだった。
基本はボタンを用いて審査するルールであった。

2008年

2ステージのリーグ制で各リーグの勝者が最終決戦を行う。
最終決戦では、進出した2組がどちらが優勝かを判定する。
つまり「私達は私達に投票します」ということを自ら言うという謎のシステムだった。
しかしこれで勝負がつくはずがないので、予選リーグ敗退者の6組が誰に投票するかを口頭発表。
しかしこの方法だと他事務所の先輩芸人に投票するというのが難しいという欠点があった。

2009年~2013年

予選リーグの2本勝負で合計で優勝を決める。

  • 1st / 抽選によるネタ披露順
  • 2nd / 1stの得点下位順

2014年

採点制ではなく投票制を用いた。

  • 第1ラウンド / 2組で対決の5回戦。
  • 第2ラウンド / 勝者5組で勝ち抜き戦。

2015年以降

2015年以降は松本人志さまぁ~ずバナナマンの5人が審査員を務める。

2009年以降は審査方法は違えどおおむね似たようなルールで行われている。
2回ネタを披露してその合計点で優勝者を決める。
ただし2本披露するのは上位5組のみ(2018年以降は上位3組に絞られた)。

歴代優勝者

歴代優勝者は下記の通りである。

放送年放送回優勝者所属事務所
2008年第1回バッファロー吾郎よしもとクリエイティブ・エージェンシー
2009年第2回東京03プロダクション人力舎
2010年第3回キングオブコメディプロダクション人力舎
2011年第4回ロバートよしもとクリエイティブ・エージェンシー
2012年第5回バイきんぐSMA NEET Project
2013年第6回かもめんたるサンミュージックプロダクションGET
2014年第7回シソンヌよしもとクリエイティブ・エージェンシー
2015年第8回コロコロチキチキペッパーズよしもとクリエイティブ・エージェンシー
2016年第9回ライスよしもとクリエイティブ・エージェンシー
2017年第10回かまいたちよしもとクリエイティブ・エージェンシー
2018年第11回ハナコワタナベエンターテイメント
2019年第12回どぶろっく浅井企画
2020年第13回ジャルジャルよしもとクリエイティブ・エージェンシー

その他

  • 下記のコンテストより優勝しても売れないことが部番組などでネタにされている。もともと売れていた人を除けば、優勝したことによって売れたと言えるのはバイきんぐ・コロチキ(ナダルのみ)・かまいたち・ハナコくらいしかいない。


  • 決勝で披露されたネタが問題となったことが何度かある。
    • 代表的なのはアルコ&ピースが披露したネタだが、このネタはオンバト+のチャンピオン大会でも披露されたがそのときは問題とならなかったようだ。
    • アキナはペットの鳥を動物病院に連れていくネタを披露した。ツッコミの内容が「犬や猫はわかるけれど、鳥を急いで動物病院に連れていくというのはおかしい」というものだったが、このツッコミに賛同できなかった人は少なくなかった。

  • ロッチは決勝1本目のネタで大受けして優勝確実と思われたものの、2本目ですべって優勝できなかった。後にこの現象がロッチ現象と呼ばれるようになり、チョコレートプラネットがこれを経験した。

関連タグ

TBS 演芸賞レース
コント/コント師

M-1グランプリ(M-1)…若手漫才師日本一を決めるコンテスト。
R-1ぐらんぷりピン芸人日本一を決めるコンテスト。
THE MANZAI…年に一度の漫才師の祭典。2011年~2014年まではコンテスト形式。
THEW

関連記事

親記事

お笑い おわらい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「キングオブコント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25243

コメント