ピクシブ百科事典

R-1ぐらんぷり

あーるわんぐらんぷり

R-1ぐらんぷり(アールワンぐらんぷり)は、吉本興業主催のピン芸コンクール。一人芸で誰が一番おもしろいかを決める大会。
目次[非表示]

概要

一人芸で誰が一番おもしろいかを決める大会であり、
タイトルの「R」は本来落語を意味しているが、落語に限らず「とにかく面白い1人芸」を披露することがルールとなっている。
古典落語以外なら基本的に何でもあり、出場者も落語家モノマネ芸人漫談家・一人コント師だけでなく、普段はコンビ、グループで活動している芸人、アマチュアでも個人で参加出来る。キャリアも若手からベテランまで問わないオープンな大会である。制限時間があるが、とくに過ぎてもペナルティはない。

第1回大会(2002年)は座布団の上で漫談を披露することが決まりだったが第2回からはその規定がなくなり、音響が使用可能になった。
また、現在は関西テレビフジテレビの共同制作によりゴールデンタイムに放送されているが、第2回大会まではテレビ中継が全国放送されず、関西ローカルだった。

歴代R-1優勝者

回数大会期間決勝戦放送日優勝者所属(優勝当時)エントリー数
12002年6月18日 - 10月6日2002年10月14日だいたひかるよしもとクリエイティブ・エージェンシー351名
22003年12月11日 - 2004年3月6日2004年3月14日浅越ゴエよしもとクリエイティブ・エージェンシー609名
32004年12月1日 - 2005年2月19日 2005年2月20日ほっしゃん。よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京1,239名
42005年12月1日 - 2006年2月18日 2006年2月19日博多華丸よしもとクリエイティブ・エージェンシー1,761名
52007年1月6日 - 2月18日大会最終日なだぎ武よしもとクリエイティブ・エージェンシー2,183名
62008年1月5日 - 2月17日大会最終日なだぎ武よしもとクリエイティブ・エージェンシー2,731名
72008年12月25日 - 2009年2月17日大会最終日中山功太よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京3,400名
82009年12月25日 - 2010年2月23日 大会最終日あべこうじよしもとクリエイティブ・エージェンシー東京3,539名
92010年12月17日 - 2011年2月11日 大会最終日佐久間一行よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京3,572名
102011年12月30日 - 2012年3月20日大会最終日COWCOW 多田よしもとクリエイティブ・エージェンシー3,612名
112012年12月24日 - 2013年2月12日大会最終日三浦マイルドよしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪本社3,684名
122013年12月24日 - 2014年3月4日 大会最終日やまもとまさみ佐藤企画3,715名
132014年12月24日 - 2015年2月10日大会最終日じゅんいちダビッドソンアミー・パーク3,751名
142016年1月4日 - 3月6日大会最終日ハリウッドザコシショウSMA NEET Project3,786名
152016年12月27日 - 2017年2月28日大会最終日アキラ100%SMA NEET Project3,792名


この大会では優勝者より2位又は3位及び決勝進出者がブレイクすることが多い。
(例)
第6回準優勝:芋洗坂係長 3位:世界のナベアツ
第9回準優勝:AMEMIYA
第10回2位:スギちゃん
第13回決勝進出:とにかく明るい安村
第13・14回3位:ゆりやんレトリィバァ
第14回決勝進出、第15回準優勝:サンシャイン池崎


冠スポンサー

第1回大会   東京通信ネットワーク(TTNet)
第2回大会   パワードコム 
※第2回大会までのロゴには「R-1ぐらんぷり」と年数の下に「The Freestyle "WAGEI" Bout」
と書かれた。
2010年度~2014年度 東洋水産
2016年度    Cygames
※大会名は「(冠スポンサー名)R-1ぐらんぷり(開催年)」。

関連タグ

お笑い 落語 モノマネ 漫談 コント

M-1グランプリM-1)・・・若手漫才師日本一を決めるコンテスト。
キングオブコント・・・・コント日本一を決めるコンテスト。
THE MANZAI・・・年に一度の漫才師の祭典。2011年~2014年まではコンテスト形式。

パペットマペット - 本大会で唯一、コンビでR-1に参加した芸人。なぜかM-1には参加できないという。

pixivに投稿された作品 pixivで「R-1ぐらんぷり」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 365

コメント