ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

M-1グランプリ』(朝日放送テレビ朝日系列24局)、『R-1ぐらんぷり』(現在はR-1グランプリ関西テレビフジテレビ系列局、ただし年によっては放送しない系列局あり)『キングオブコント』(TBS系列局)そして2011年から2014年まで放送されていた『THE_MANZAI』(フジテレビ系列局、ただし放送を断念した系列局も存在)に続く新たなるお笑いコンテストであり、女性のお笑い芸人の中の頂点を決める大会。正式なタイトルは『女芸人No.1決定戦 THE W』。


2017年から開催されており、開始当初は毎年12月第2月曜日に、日本テレビ系列局全27+2局(NNS加盟局)にて決勝戦が生放送形式で放送されていた。その後、2022年から12月第2土曜日にて放送されている。


事の発端は、2002年のR-1でだいたひかるが優勝して以来女性のチャンピオンが登場しておらず、女芸人からの強い要望を受けて開催されたのがきっかけである。


タイトルの「W」はそれぞれ「笑い」と「WOMAN」から取っている。


内容

タイトルにある通り、女性限定の大会であるため男性芸人及び男女コンビは参加できず、女芸人であれば芸歴や年齢は関係なくピン芸人・コンビ・トリオでも出場が可能で漫才やコントなどあらゆるジャンルも問わない。

(2023年の第7回決勝は、結成1年の「梵天」(太田プロダクション所属)、「はるかぜに告ぐ」(吉本興業大阪所属)から芸歴18年ながらアマチュアでM-1に決勝進出経験のある「変ホ長調」、芸歴22年で2018年以来の決勝進出の「あぁ〜しらき」(グレープカンパニー所属)まで幅広く出場している。)


審査方法は現在全て審査員と国民投票による多数決方式となっている。かつては会場の観客による多数決方式だった。


出演者

総合司会


進行


歴代優勝者

放送年放送回/放送日優勝者所属事務所エントリー総数
2017年第1回/12.11ゆりやんレトリィバァよしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪636組
2018年第2回/12.10阿佐ヶ谷姉妹ASH&Dコーポレーション606組
2019年第3回/12.93時のヒロイン吉本興業東京627組
2020年第4回/12.14吉住プロダクション人力舎646組
2021年第5回/12.13オダウエダ吉本興業東京700組
2022年第6回/12.10天才ピアニスト吉本興業大阪735組
2023年第7回/12.9紅しょうが吉本興業東京863組


余談

  • レベルが低いだとかで一部芸人たちから舐められている。但し某大会と違って局が売ろうと頑張ってくれる。
  • 2021年のR-1グランプリには第1回のゆりやんと第4回の吉住の2人の『THE W』優勝者が決勝進出、ゆりやんが優勝した。
    • ちなみに吉住は2022年、2024年にも決勝進出、それぞれ3位、準優勝になっている。
  • 2023年の第7回決勝は、次のトラブルが発生した。
    • 司会の後藤輝基が体調不良により代役で南海キャンディーズ山里亮太が登板。
    • 最終決戦には、最初にネタを披露した「スパイク」(吉本興業東京)の時冒頭で音声トラブルが発生。その為「公平な審査が出来なくなってしまうので、ここの回は国民投票は中止」となった。同時に「スタジオの観客には音声が聞こえていたと判断され、審査員6人の投票が同率になった際は、観客票を1票として加算」となった。

関連タグ

日本テレビ 演芸賞レース

M-1グランプリ R-1ぐらんぷり R-1グランプリ キングオブコント NHK新人お笑い大賞

ABCお笑いグランプリ THE MANZAI THE SECOND

NHK上方漫才コンテスト ytv漫才新人賞 歌ネタ王決定戦


30-1グランプリ…2021年から水曜日のダウンタウンの番組内で年一回行われているお笑いコンテスト。


有吉の壁…第4回の決勝直前にパロディ企画「男版 THE W」を開催、インポッシブルが演じた「JKボンバーズ」が優勝した。


外部リンク

2023年大会の公式サイト

Wikipediaの記事

関連記事

親記事

演芸賞レース えんげいしょうれーす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2076

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました