ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ロッチ

ろっち

ワタナベエンターテイメント所属のお笑いコンビ、あるいは偽ビックリマン
目次 [非表示]

概要

  1. かつてカプセルトイメーカーのコスモス社から出されていた偽ビックリマンシールのブランド名。今でもpixivにおいて、ビックリマンパロディイラストにこの単語が用いられ、タグになることもある。
  2. コカドケンタロウ中岡創一によるワタナベエンターテイメント(ナベプロ)所属のお笑いコンビ

この項目では主に2.について解説する。


解説

2005年結成。ワタナベエンターテイメント所属。

最初はコンビ名をロッテにしようとしたが、企業名と同じなのはまずいのではと思い「ロッチ」にした。


コントメインで活動しており、有名なネタは中岡のイントネーションが耳につく「UFOどこ!?」や、中岡がオチで車に轢かれる「ひかれた~」、レッドシアターでヒットした「こんにちは根岸」などがあるが、それら以外にも幅広いシチュエーションで緩い日常を切り取ったようなコントを得意としている。


略歴

二人とも本来は吉本興業のタレント養成所であるNSC出身である。コカドが大阪NSC14期生(フットボールアワーと同期)、中岡が大阪NSC16期生(ザ・プラン9浅越ゴエと同期)で、若手扱いであるが芸歴も長い。

2004年の夏にコンビを解散したコカドが、当時芸人をやめていた中岡とともに沖縄に旅行に行き、その旅行があまりにも楽しかったのでそのままの勢いでコンビを結成することを決めた。

当時一般企業に就職していた中岡の都合によりコンビとしての初舞台は2005年である。

多くのネタは中岡がボケでコカドがツッコミだが、逆のネタもある。


ブレイクのきっかけとなったのは「爆笑レッドシアター」及びその前身であるスリーシアターである。かつて中岡はロッチのことを「スリーシアターの申し子」と自称したこともある。


同じ事務所の我が家とは、よく共演することが多かった。現在はピンでの活躍がメインになっている。


キングオブコントは2009年と2010年、2015年でファイナリストになっており、特に2015年は「中岡が入っている試着室をコカドが何回も開け閉めする」コントでファーストステージ1位通過になったものの、ファイナルステージで「ボクサーの中岡が試合に行きたがらず母親役のコカドが説教する」コントが大いにスベって3位で終わってしまう。

この高成績で最終決戦に駒を進めたがそこで低評価に終わる出来事からロッチ現象と呼ばれるようになった。以降、中岡はKOCの決勝でそんな事が起こらないように毎年祈っている。


メンバー

中岡創一(なかおか そういち)

1977年12月8日生まれ、奈良県橿原市出身。

小道具あるいはボケ担当。

2024年5月、13年間交際した女性との結婚を発表。


コカドケンタロウ

1978年8月8日生まれ、大阪府大阪市出身。

ボケ&ツッコミ及びネタ担当。


関連イラスト

ロッチ

けおし

あっち こっち ろっち


関連タグ

芸人 お笑いコンビ コント

ワタナベエンターテインメント


爆笑レッドシアター

こんにちは根岸 十文字アキラ


ロッチ現象

関連記事

親記事

ワタナベエンターテインメント わたなべえんたあていんめんと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 391018

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました