ピクシブ百科事典

ジャルジャル

じゃるじゃる

よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いコンビ。
目次[非表示]

よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京本社所属お笑いコンビ。およびそのイラストにつくタグ。
キャッチフレーズは「ネクストコントジェネレーション(『爆笑レッドカーペット』)」「技ありゲートタワー(「baseよしもと)」」
出囃子はチューリップの「ぼくがつくった愛のうた」


概要

2003年結成した、高校からの同級生によるお笑いコンビ
若手時代は関西拠点に活動し、大阪の劇場「baseよしもと」にて在籍当時は中心かつ代表的存在として人気を博し、天竺鼠と並んで関西流シュールの主流と言われていたところを、「爆笑レッドカーペット」で全国区知名度を広げ、2008年しずるはんにゃなどの関東人気コンビと並んで『THE_THREE_THEATER』のレギュラーとなる。後に『THE_THREE_THEATER』は『爆笑レッドシアター』としてプライムタイムに昇格し、同時にジャルジャルも初の全国区のプライムタイム枠のレギュラー獲得となった。


メンバー

後藤淳平

ボケ(たまにツッコミ)担当。立ち位置は向かって色白でやや細身左目の下に泣きぼくろがある方。コントの時はTシャツベージュチノパンを着る(内容によってはシャツスーツを着用)。
1984年3月20日生まれ。身長177cm、体重65kg、血液型AB型。
大阪府吹田市出身。吹田市立西山田中学校、関西大学第一高等学校、関西大学経済学部卒業
吉本男前ランキング2010年度7位、2011年度9位。
バッファロー吾郎が主宰する大喜利イベント「ダイナマイト関西」には2回(2006年の第13回・2008年の第14回)決勝トーナメント大会進出している。
煙草ギャンブルを一切嗜まず、食事前にはビール代わりにカルピス風呂上がりにはゼリーを食す。ただし『煙草を吸っているはカッコえぇ』とも言っている。
妻帯者。3人姉弟の長男。弟と妹がそれぞれ1人ずついる。父親は吹田市長の後藤圭二。
2010年時点ではペーパードライバーであったが、現在は旧車マニア2016年6月16日放送の『アメトーーク』に「旧車芸人」として出演(また2010年公開の主演映画ヒーローショー』では運転シーンも披露している)。
中学時代は小学校から始めた卓球吹田市選抜エースとして活躍し、プロを目指してたが自分実力では到底無理だと悟り断念。現在も趣味として行っており、本人にとってはリフレッシュではなく『あー、試合したい!競争したい!』と掻き立てる物で、「baseよしもと」の芸人と卓球をしてた時は『やってあげてる立場』の気持ちで行っていた。
学生時代成績が良く、後藤のテスト回答クラス模範解答になっていた。
田中圭が似ており、何度顔チェキをやっても一番高いパーセンテージで田中圭が出てくる。
ザ・ビートルズの大ファンで、度々ザ・ビートルズ関連のイベントや企画参加していたり、自身のメールアドレスに“beatles”と入れている程である。単独ライブ演出ザ・ビートルズからの影響が随所に反映されている。
お笑い芸人にしては後藤も福徳も真面目大人しいが、福徳と比較しても特に人見知り寡黙で飄々としている事が多い(その無機質さはコントや漫才中にも垣間見える)。
結成10周年の2012年マニフェストとして、2人揃って金髪活動した際には、人生で初めてを染めた。


福徳秀介

ツッコミ(たまにボケ)担当。立ち位置は向かって色黒の方。コントの時はTシャツベージュ短パンを着る(内容によってはシャツスーツを着用)。
1983年10月5日生まれ。身長176cm、体重65kg、血液型O型。
兵庫県芦屋市出身。芦屋市立山手中学校、関西大学第一高等学校、関西大学文学部卒業
煙草ギャンブルを一切嗜まない。
祖父日本で最初に中国からぜんまい輸出する等の貿易関係仕事をしていた事から、生後10カ月から5年間ロサンゼルスで過ごした帰国子女
4人姉弟の末弟。双子の姉や兄がいる。高校時代歯医者だった父親を交通事故で亡くしている。その後、兄姉が相次いで独立し、福徳自身が実家を出てしまうと母親が一人になるため、東京へ進出後も長らく実家暮らしをしていた。東京住まいを借りた現在でも、仕事大阪に来た時には必ず実家に帰っている。
実家は芦屋市山奥にあり、とても広いが古い為、所々ガタがきている。芦屋にある実家の福徳の部屋地下にあり、小さいサウナもある。リビングには小さい暖炉もあるが今は使っていない。
「ラブ」という名前ラブラドールレトリバーを飼っていた。
筋肉質だが細身しなやか体型と力強い顔立ちだが、2010年公開の主演映画ヒーローショー』では“自衛隊のレンジャー上がりで喧嘩が強い元ヤンキー”を相方の後藤が演じている。
スピッツの大ファンでライブに何度も足を運んでおり、スピッツが特集された番組『KDDI presents Music Lovers〜一夜限りのスペシャルライブ〜』(2010年10月24日放送日本テレビ)では後藤と共にゲスト出演している。
ブルース・リーの大ファンで、部屋中にリーの写真を貼る・リーに似せたメイク髪型にしている。好き言葉ブルース・リー主演の映画『燃えよドラゴン』の冒頭登場する台詞『Don't think. Feel』(考えるな。感じろ)。
NMB48山本彩が似ており、兄妹説の噂が流れた事もあった(なお、山本は高校時代ジャルジャルと併せてモンスターエンジンファンとして「baseよしもと」に足繫く通っており、特に西森洋一推しとしていた)。
2014年2月21日お笑いライブで、『僕は一生独身です。彼女なんてコロコロ変わるものと思ってるので。20歳前ではこいつと結婚すると思ってたけど、いつしかどうせ別れるんだと思うようになった』と結婚願望が無い事を明かしている。
元カノが料理本を福徳に渡し、『食べたい奴どれでもいいから折り目付けて』と言われ、福徳は『こんな事は珍しい』とご機嫌でページを捲ると、既に折り目の跡が複数に付いている事に気付き『この折りの力強さ、絶対元カレでしょ!』『ツメの甘さが気になる』と一気に冷めた様子。


来歴

お笑いを始めたキッカケは高校同級生で同じラグビー部で一番仲が良く、高校から大学当時までお互い友達が殆どいなかった為に、高校で休み時間になれば保健室へ直行して2人だけで喋っていたり保健室の先生を笑わせる事が楽しみとなっていた。携帯メールで笑かし合いをしていく内に漫才台本が出来上がりどちらが面白いか競うよりになるも、共に部活で忙しくテレビを殆ど見ておらず、お笑い唯一ハマったのがふかわりょうの一言ネタ本で(後藤は幼少から嘉門達夫が好きで家族ぐるみで触れていた)、ダウンタウン台頭以降のお笑い芸人の中では珍しくダウンタウン影響を受けていないコンビであり、『ダウンタウンのごっつええ感じ』についても『小学生の時に見ていたが当時は意味が分からなかった』と述懐している。
養成所入学直後は漫才を中心にしていた。しかし、養成所在学中に出場したM-1グランプリでは1回戦で敗退。当時は漫才のネタがその1本しかなく、敗退した翌日養成所内でのネタ見せというタイミングであり、『1回戦負けしたネタでネタ見せするのは嫌だ』という理由で、即席で作ったコントを披露したところ受けが良かったため次第にコント作りをメインとするようになった。


芸風

後藤がボケで福徳がツッコミとなっているものの、福徳がボケたりするネタ(例:「理解不能者(麦わら)」など)や、そもそもボケとツッコミがはっきりと分かれていないネタ(例:「ハンドイートマン」など)が多い。
これまで作ったネタは数百を数え、「しつこいひったくり」「手押し車」などの体を張ったコントから「変なキャラ練習させられてる奴」「めっちゃふざける奴」などのネタがあり、毎年開催する単独ライブ東京凱旋公演を記念したWEBプロジェクトJARU JARU TOWERジャルジャルがネタ帳に書き留めたネタになる前のアイデア「ネタのタネ」が1階ずつ積み上がっていく世界一高いタワー建設という設定で新たに撮影した動画2018年2月15日から毎日1ネタから毎日1ネタとしてYouTube並びに公式HPへ投稿中(計8000本を投稿・2039年11月8日タワー完成する予定としている)。
漫才では、ボケ・ツッコミの役割が一つのネタの中で入れ替わってゆくいわゆるWボケのスタイルである。即興を装う・お約束振りに従ってコントに入るなどといったような漫才暗黙のルールを衝くメタフィクション的手法を特徴とする。漫才M-1グランプリ用にしか作っていないが、決勝進出3回と結果を残している。
漫才の披露する際は2012年11月18日放送されたテレビ東京『ざっくりハイタッチ』内で共演者小籔千豊ゲームに勝った成り行きで、後藤が福徳の分も併せて自腹で20万で購入した光沢があり淡めのモッズスーツ(後藤が崇拝するザ・ビートルズに倣っている)を着用している。
ウッチャンナンチャン内村光良は、『(ネタの)発想の仕方がすごく独特なんですよ。おそらく彼ら自身もネタにはかなり自信があるんじゃないですかね。(中略)何かひとつの細かいことに着眼して延々それだけで押し切る、あのしつこさなんかも新しいパターンの笑いで、とにかく不思議な今までにあまりいなかった感じのコンビだと思います。見た目は若い頃のウッチャンナンチャンに似てるんですけどね、後藤が僕で福徳が南原で(笑)』と評している(2008年1月3日放送TBSイロモネア』でウンナンと初共演した際もネタにしている)。
即興コントを得意としており、冠番組『開放!ジャルジャル・倉本美津留のコント会議』から派生した“観客が書いたお題を2つ組み合わせてコント題名にして即興コントを始める”不定期開催ライブ『超コントLIVE』に客演したサンドウィッチマン伊達みきおは公式ブログで『めちゃくちゃ楽しかったけどなかなかの難易度でしたね!ジャルジャルの発想力・瞬発力・創造力には驚きましたね(^O^)彼等は素晴らしい!台本を作り込み本自体の内容を面白くさせてからネタを合わせる作り方の我々とはスタイルが大幅に違う…ジャルジャルはコント設定が広いんだろうなぁ。特異発想ですぐにストーリー展開可能にする力が凄い。このスタイルでジャルジャルと競える芸人いるのかなぁ。』と評している。
ネタの作風や性格・振る舞いや外見などの印象からしばしば『尖ってる』『人間味が無い』『無機質ロボット的』『何を考えているのかよく分からない』『プライドが高そう』というイメージが先行しがちである。先輩芸人ケンドーコバヤシには『コンビ揃ってこんなに無機質な奴らも珍しい。後藤なんか、この目の前にあるより人間味ないで』と言われている。
デビュー初期から「爆笑レッドシアター」にレギュラー出演していた時期にかけて、同じくシュールコント定評のある一年後輩の東京吉本のしずると、何かと比較され「西ジャルジャルしずる」と言われていた。


エピソード

福徳の中学時代の友人を加えてトリオでやろうとしたが、後藤と相性が悪くて断念した。
単独ライブでは12〜13本のネタをやっているが、ライブ用のネタを作る時はまずは即興コントを100本作り、そこから絞る。若手時代にネタが10個できるまで入浴禁止を自分達に課して、約2週間風呂に入らなかった事もある。
コンビ仲は良好で、互いが長所と短所を50個づつ言い合えるぐらい特徴思考把握信頼している為、それらはお笑いコンビとして武器になる・前述のような即興でのコント漫才が行えるという事を、若手芸人オーディション番組『笑けずり シーズン2〜コント編〜』(2016年9月30日放送NHK BSプレミアム)にてゲスト講師として参加芸人指導している。


関連イラスト

トリックスター


関連タグ

お笑い 芸人 爆笑レッドシアター レッドシアター レッドシアターズ 後藤 福徳 base 悪魔降臨 5up めちゃイケ

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャルジャル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 333676

コメント