ピクシブ百科事典

山本彩

やまもとさやか

アイドルグループNMB48のメンバー。歌手。
目次[非表示]

概要

1993年7月14日生まれ。大阪府茨木市出身。身長155cm。血液型はB型。NMB48の1期生。趣味は歴史探索、音楽・映画鑑賞、学ぶこと、知ること。

彩という名前は初見で「あや」と間違えられてしまう可能性があるが、『さや姉』の愛称が全国に浸透しているため、近年では読み違えることは少ないと思われる。

NMB48に入る前はガールズバンド「MAD CATZ」のメンバーであった。

結成当初からチームNのキャプテンとNMB48全体のキャプテンを兼務しており、グループの絶対的エースである。2ndシングル「オーマイガー!」から9thシングル「高嶺の林檎」まで、不動のセンターポジションを与えられていた。NMB48の全てのシングル表題曲に選抜入りしている唯一のメンバーである。

2014年2月24日の大規模組閣にてAKB48チームKとの兼任をする事となったが、2016年4月13日、NMB48劇場でのチームBII公演で、AKB48チームKとの兼任解除を自ら申し出て受諾されたことを発表し(同時に結成当初から山本と共にグループの2トップだった渡辺美優紀もグループからの卒業を発表)、5月26日のチームK公演をもって兼任を終了した。

2015年10月から放送予定となるNHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』の主題歌「365日の紙飛行機」でAKBのメンバーとして初めてセンターに抜擢された。姉妹グループの現役キャプテンをAKB48の表題曲のセンターへの起用は今回が初めての事。

2016年8月24日、『AKB48のオールナイトニッポン』にて、ソロデビューアルバムを発売することを発表。同年10月26日、ソロアルバム「Rainbow」でソロデビューを果たす。また、その年の12月31日、第67回NHK紅白歌合戦で実施された「夢の紅白選抜」では指原莉乃を抑え、1位に輝いた。

2018年7月30日、中野サンプラザで行われた「NMB48 LIVE TOUR 2018 in Summer」の初日公演にて、グループからの卒業を発表。しかし、その翌日に元AKB48メンバーの前田敦子が俳優の勝地涼と結婚を発表したため、あまり話題にならなかった。これは前年の選抜総選挙で結婚を宣言した須藤凜々花の影響で、渡辺麻友の卒業発表が話題にならなかった事とは対照的である。

選抜総選挙

  • 2011年に行われた『AKB48 22ndシングル選抜総選挙「今年もガチです」』では28位で、アンダーガールズ入り。NMB48からは唯一のランクインとなった。
  • 2012年に行われた『AKB48 27thシングル選抜総選挙「ファンが選ぶ64議席」』では18位。
  • 2013年に行われた『AKB48 32ndシングル選抜総選挙 「夢は一人じゃ見られない」』では14位に入り、選抜入りを果たした。
  • 2014年に行われた『AKB48 37thシングル選抜総選挙「夢の現在地~ライバルはどこだ?~」』では、6位に入り初の神7入り。
  • 2015年に行われた『AKB48 41stシングル選抜総選挙~順位予想不可能、大荒れの一夜~』では、前回同様6位(それでも10万票目前の9万7866票を獲得)に入り、2年連続で神7入りとなった。
  • 2016年に行われた『AKB48 45thシングル選抜総選挙「僕たちは誰についていけばいい?」』110.411票と初めて10万票を越えて過去最高の4位を記録。
  • 2017年に行われた『AKB48 49thシングル選抜総選挙』は立候補を辞退したが、同期の白間美瑠吉田朱里が揃って選抜メンバー入りしたことで山本不在の危機から脱出することができた。しかし、同選挙で20位であった須藤凜々花がスピーチの中で「結婚します」と宣言したために、NMB48のキャプテンとして謝罪している。(須藤が結婚発表をすること、またその原因が文春砲であることを山本本人も知らなかった)。余談であるが、翌年の総選挙でNGT48中井りかがスピーチにおいて、文春砲を受けたためスクープされると自ら観客へ予告したことについてコメントを求められた際、「一年前の傷(須藤凜々花の結婚宣言)が全然癒えてないので…」と言葉を濁しており、その衝撃の大きさを窺わせていた。
  • 2018年に行われた『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙 〜世界のセンターは誰だ?~』にも不出馬。




人物像

『完全スペックアイドル』

抜群のプロポーション(前田敦子から「おっぱいちゃん」といわれたほどの巨乳。)に、小学校時代のダンススクールで鍛えられたダンスの完成度の高さとガールズバンド時代に培われた歌唱力とギターセンスにより圧巻のパフォーマンスを見せつけている。AKB48の50thシングル「11月のアンクレット」のType Dに収録されている、48グループの全メンバーからダンスで選抜された8名が歌う「野蛮な求愛」ではセンターを務めた。また、身体能力が高く、48グループ内でも最強の腕力(並の中学の男子生徒が敵わないほどだが、2015年に行われた第2回AKB大運動会の腕相撲大会の決勝において大家志津香と対決し、敗れている)を持ち、おまけに大学生も劣らない知識と常識力を持つ才色兼備なハイスペックアイドルともいえる。
小学5年生から中学3年生まで学級委員長を、高校2年生のときには生徒会長を務めており、その経験からか真面目で面倒見のいい性格である。グループを問わずメンバーからの信頼が厚く、女性ファンも多い。

『野獣になれない猫』

…とここまで聞けば死角らしい死角など見当たらないようにも感じられる。
だが、その内実は人見知りで繊細である。本人も周囲に気配りする繊細さがマイナスに働いてしまう性格であると認めている。
第5回の総選挙でスピーチでも「猫かぶりは卒業する。野獣になりたい」と宣言したものの、2014年4月から放送されている『バイキング』で金曜レギュラーで、慣れない単独出演であまり発言しないことが多く、山本自身が謝罪をしてしまう事態が発生している。

神7入りとNMBにおける現状

第6回総選挙で山本は6位となり神7入りを果たしたが、次点の渡辺が18位に沈み、そのほかのメンバーも軒並みランキングが低く、NMB内でランクインしたのは全グループ最低の11人に留まった。その後も、総選挙でのランクイン率は姉妹グループ内で低い値をキープしている。
紅白に単独出場は出来たものの、地元大阪の浸透度は他のグループよりもまだまだ浅いとされている。

とはいえ、2016年以降は元々女性ファンの多い山本はもちろん、白間美瑠吉田朱里などがさらに多くの女性ファンを獲得しており、ライブでは女性専用エリアができるなど、少しずつファンが拡大しているのも事実である。



関連イラスト

さやねえ


絶滅さや姉
絶滅黒髪少女 (´・ω・)ノ

pixivに投稿された作品 pixivで「山本彩」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 175089

コメント