ピクシブ百科事典

選抜総選挙

せんばつそうせんきょ

選抜総選挙とは、AKB48のシングル曲歌唱者をファンが選ぶイベントである。
目次[非表示]

概要

AKB48のシングル曲の選抜メンバーは通常、劇場の運営が決めるのだが、2009年から年1回ファン投票により決定されて行われている。第4回までは、出馬メンバーは特別な理由が無い限り国内の48グループ全員となっていた(SDN48を除く)。しかし第5回からは立候補制となり、国内の48グループに加え、海外グループの移籍メンバー、48グループに4年以上在籍していたOGも対象となった(2013年のみ)。また、選抜総選挙またはじゃんけん大会のいずれか両方で優勝すると48グループ二大タイトルホルダーとなる。

投票有資格者

  1. その選挙でセンターを決めるシングルの一つ前の通常版の購入者
  2. AKB48オフィシャルファンクラブ「二本柱の会」会員
  3. AKB48・SKE48・NMB48・HKT48のLIVE!! ON DEMAND月額見放題会員
  4. AKB48・SKE48・NMB48・HKT48のMobile会員
  5. AKB48 公式スマートフォンアプリ会員

開票の結果、第1~3回では、第1~21位までのメンバーが選抜メンバー、内第1~12位までのメンバーはメディア選抜、第22~40位(第1回時は、第30位まで)のメンバーは「アンダーガールズ」として、そのシングルのカップリング曲を歌うことになるという型式だった。
しかし第4回からは、第1~16位のメンバーが選抜メンバー=メディア選抜、第17~32位のメンバーはアンダーガールズ、第33~48位のメンバーはネクストガールズ、第49~64位のメンバーはフューチャーガールズ、第65~80位のメンバーはアップカミングガールズ(2014年から)となる。以下に、これまでの選抜メンバーを表で紹介する。

順位第1回(「言い訳MayBe」選抜)第2回(「ヘビーローテーション」選抜)第3回(「フライングゲット」選抜)第4回(「ギンガムチェック」選抜)第5回(「恋するフォーチュンクッキー」選抜)第6回(「心のプラカード」選抜)第7回選抜(「ハロウィン・ナイト」選抜)
1位前田敦子大島優子前田敦子大島優子指原莉乃渡辺麻友指原莉乃
2位大島優子前田敦子大島優子渡辺麻友大島優子指原莉乃柏木由紀
3位篠田麻里子篠田麻里子柏木由紀柏木由紀渡辺麻友柏木由紀渡辺麻友
4位渡辺麻友板野友美篠田麻里子指原莉乃柏木由紀松井珠理奈高橋みなみ
5位高橋みなみ渡辺麻友渡辺麻友篠田麻里子篠田麻里子松井玲奈松井珠理奈
6位小嶋陽菜高橋みなみ小嶋陽菜高橋みなみ松井珠理奈山本彩山本彩
7位板野友美小嶋陽菜高橋みなみ小嶋陽菜松井玲奈島崎遥香宮脇咲良
8位佐藤亜美菜柏木由紀板野友美板野友美高橋みなみ小嶋陽菜宮澤佐江
9位柏木由紀宮澤佐江指原莉乃松井珠理奈小嶋陽菜高橋みなみ島崎遥香
10位河西智美松井珠理奈松井玲奈松井玲奈宮澤佐江須田亜香里横山由依
11位小野恵令奈松井玲奈宮澤佐江宮澤佐江板野友美宮脇咲良北原里英
12位秋元才加河西智美高城亜樹河西智美島崎遥香宮澤佐江渡辺美優紀
13位北原里英高城亜樹北原里英北原里英横山由依横山由依高柳明音
14位宮澤佐江峯岸みなみ松井珠理奈峯岸みなみ山本彩生駒里奈松村香織
15位佐藤由加理小野恵令奈峯岸みなみ横山由依渡辺美優紀柴田阿弥柴田阿弥
16位峯岸みなみ北原里英河西智美梅田彩佳須田亜香里川栄李奈武藤十夢
17位浦野一美秋元才加秋元才加
18位宮崎美穂佐藤亜美菜佐藤亜美菜
19位松井珠理奈指原莉乃横山由依
20位多田愛佳仲川遥香増田有華
21位倉持明日香宮崎美穂倉持明日香

順位第8回選抜(「LOVETRIP」選抜)第9回選抜(「#好きなんだ」選抜)第10回選抜(「センチメンタルトレイン」選抜)
1位指原莉乃指原莉乃松井珠理奈
2位渡辺麻友渡辺麻友須田亜香里
3位松井珠理奈松井珠理奈宮脇咲良
4位山本彩宮脇咲良荻野由佳
5位柏木由紀荻野由佳岡田奈々
6位宮脇咲良須田亜香里横山由依
7位須田亜香里横山由依武藤十夢
8位島崎遥香惣田紗莉渚大場美奈
9位兒玉遥岡田奈々矢吹奈子
10位武藤十夢北原里英田中美久
11位横山由依高橋朱里惣田紗莉渚
12位北原里英白間美瑠高橋朱里
13位向井地美音本間日陽向井地美音
14位岡田奈々古畑奈和吉田朱里
15位高橋朱里高柳明音古畑奈和
16位にゃんにゃん仮面吉田朱里本間日陽


第1回及び第3回優勝者:前田敦子            第2回及び第4回優勝者:大島優子

言い訳あっちゃん
大島優子,総選挙の応援


第5・7・8・9回優勝者:指原莉乃                  第6回優勝者:渡辺麻友

1位様



※第5回までの優勝者3名はいずれも太田プロダクションの所属。第6回の渡辺はプロダクション尾木所属。

トラブル

第9回総選挙

第9回は3つの大きな事件が重なったため項目を分けて解説する。

ネット不正投票疑惑

第9回大会の速報発表では、NGT48の無名メンバー荻野由佳が第1位となったが、48グループ各公式サイトのネット投票サイトで、同一人物が何度もアクセスすれば推しメンの組織票ができるとネット上で「握手会などの指標を見る限り、ここまで大量にファンがいるとは思えない」「一体誰が投票したのか?」と指摘された。当初、運営は「不正な重複投票を懸念する声が上がりましたので、改めて細部に渡り調査をいたしました結果、そのような事実は一切ございませんでした」と否定していたが、その後、投票サイトを管理するサーバーからの調査で、NGT48を始めとする48各グループ投票サイトで、何回でも投票できる様に見えてしまうプログラムミスがあったことを認め、即日修正された。ちなみに運営は、「改めて不正な投票はなかった」として、荻野、本間日陽高倉萌香の不正投票の票数を修正せず、高倉以外の2人は不正投票の票数を含めた状態で、選抜入りしたという疑惑の声も上がった(一部の意見では、不正投票は間違いであり、総選挙に強いと言われていたSKEやHKTのファンがよりフレッシュなNGTに乗り替えた説やNGTと同じソニーミュージック系の坂道シリーズ(乃木坂46および欅坂46)ファンがライバルグループの枠を越えて肩入れしているという説もある)。ちなみに翌年の速報発表でも荻野は第1位になったが、この時もネットで不正投票疑惑が上がり、「荻野由佳には企業票の疑いがある」という声もあった。

無観客開票

第9回は沖縄県内の野外特設ステージで開票イベントを開催する予定であったが、記録的大雨により中止となり、近くの豊見城市立中央公民館大ホールで史上初の無観客開票が実施された。また、晴天でも熱中症脱水症状や後述の大事件により危険だったという声もあった。しかもこの日は沖縄県以外の都道府県の天気はほとんどが晴れや曇りだった。また、この失態から翌年の総選挙の開催地は総選挙史上初めて、ファンからの公募で条件は数万人規模のスペース、観客を輸送する交通機関、会場に屋根がある条件の3つ及び国内にとどまらず、海外からも募集する事になり、別府国際コンベンションセンター北九州メディアドームナゴヤドームの3つの候補から絞られ、最終的にナゴヤドームで開催される事に決定された。

須藤凜々花の結婚発表

20位にランクインした元NMB48須藤凜々花が前代未聞の結婚発表をし、会場を一瞬して地獄絵図にした。また、ファンのみならず他のメンバーからも驚きや非難が相次ぎ、ファンのみならず現役メンバーやOGも巻き込んだ大騒動になり、翌日のスポーツ紙3紙が一面で掲載され、指原の3連覇や渡辺の卒業発表が有耶無耶にされてしまい、特に渡辺は結婚発表の時のドス顔がネタにされて、人生最大の屈辱を受けてしまった。しかも総選挙の翌日レコード会社側から報道陣に対し、「『指原の扱いが小さくなってしまうので、須藤への取材は行わないでほしい』と通達されたが、その後、運営の判断で、こうした“圧力”は消えた。しかし、週明けの19日は元SMAP稲垣吾郎草なぎ剛香取慎吾のジャニーズ離脱報道一色となってしまった。

運営は「須藤がステージで話したことは事実です」と回答し、この日に発表することは、須藤自身の意志で、一部の関係者や運営だけが把握していた。この1時間後に、週刊文春公式サイト「文春砲Live」にて、今回の結婚の件については、週刊文春も影で絡んでおり、ファンの一般男性とのお泊まりデートを速報と銘打ってスクープし、「文春砲が発射される前にファンに正直に言いたかったじゃないか」「文春が絡んでたならしょうがない」など同情論も少なからずあった。しかし、一部のアンチファンからは「峯岸事件以降、AKB運営は人気メンバーの文春スキャンダルは完全スルーし、若手メンバーのみ卒業や活動辞退など表向きの理由を付けて文春スキャンダルで次々とクビにした結果、恋愛禁止ルールが完全に乱れて、文春砲被弾前に結婚発表と言う取り返しのつかない大事件に発展した」と批判された他、前述の不正投票と投票期間中に発覚した小嶋真子のジャニーズjr合コン写真流出事件を吹き飛ばすための運営による陰謀説が浮上した。

第10回総選挙

中井りかの文春砲予告事件

第10回総選挙で37位になったNGT48の中井りかが、当選スピーチで「やっちまいました」「おととい木曜の朝に週刊文春記者4人に囲まれて取材を受けまして」とまさかの文春砲を自ら予告。それにより初優勝とじゃんけん大会とリクエストアワーの初三冠を達成した松井珠理奈の話題が有耶無耶になってしまった。その後、「悪目立ちすればこうなるんだなと身に染みました」「アイドルだっていろいろあるんだよー!」と急に開き直って謝罪した。総選挙終了後の当日深夜の文春公式サイトにて、ファンの男性との半同棲疑惑記事が掲載された。一部ファンからは(岡田奈々の去年のスピーチの一部を引用して)「去年の須藤の結婚事件をマネして這い上がるつもりか」「須藤の事件の経験が活かされていない」など非難が相次ぎ、翌日今村悦朗劇場支配人が中井に変わって謝罪した上で、「アイドルとしての自覚と反省を厳しく促す」と中井本人に対して口頭による厳重注意を行ったことを報告した。また、山本彩も動画配信での実況で「去年の凜々花の件の傷が全然癒えてない」と去年の須藤事件のトラウマを思い出してしまった

松井珠理奈パワハラ問題

第10回総選挙で1位になったSKE48の松井珠理奈がスピーチでライブ中にHKT48の宮脇咲良に対して「ちゃんと踊って欲しい」とダメ出した事を発言し、態度が悪いという問題になってしまった。

須田亜香里の不正投票疑惑

第10回総選挙で2位になったSKE48の須田亜香里に対して、ネット上で票の不正操作があったとの疑惑が流れ、一部のファンからは「去年のNGTの不正投票疑惑の経験が全く活かされていない」などの批判が相次いだ。

関連タグ

選挙 政治 衆議院 衆院選
AKB48 大島優子 前田敦子 じゃんけん
アメリカン・アイドル

pixivに投稿された作品 pixivで「選抜総選挙」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20873

コメント