ピクシブ百科事典

選抜総選挙

せんばつそうせんきょ

選抜総選挙とは、AKB48のシングル曲歌唱者をファンが選ぶイベントである。
目次[非表示]

概要

AKB48のシングル曲の選抜メンバーは通常、劇場の運営が決めるのだが、2009年から年1回ファン投票により決定されて行われている。第4回までは、出馬メンバーは特別な理由が無い限り国内の48グループ全員となっていた(SDN48を除く)。しかし第5回からは立候補制となり、国内の48グループに加え、海外グループの移籍メンバー、48グループに4年以上在籍していたOGも対象となった(2013年のみ)。また、選抜総選挙またはじゃんけん大会のいずれか両方で優勝すると48グループ二大タイトルホルダーとなる。

投票有資格者

  1. その選挙でセンターを決めるシングルの一つ前の通常版の購入者
  2. AKB48オフィシャルファンクラブ「二本柱の会」会員
  3. AKB48・SKE48・NMB48・HKT48のLIVE!! ON DEMAND月額見放題会員
  4. AKB48・SKE48・NMB48・HKT48のMobile会員
  5. AKB48 公式スマートフォンアプリ会員

開票の結果、第1~3回では、第1~21位までのメンバーが選抜メンバー、内第1~12位までのメンバーはメディア選抜、第22~40位(第1回時は、第30位まで)のメンバーは「アンダーガールズ」として、そのシングルのカップリング曲を歌うことになるという型式だった。
しかし第4回からは、第1~16位のメンバーが選抜メンバー=メディア選抜、第17~32位のメンバーはアンダーガールズ、第33~48位のメンバーはネクストガールズ、第49~64位のメンバーはフューチャーガールズ、第65~80位のメンバーはアップカミングガールズ(2014年から)となる。以下に、これまでの選抜メンバーを表で紹介する。

順位第1回(「言い訳MayBe」選抜)第2回(「ヘビーローテーション」選抜)第3回(「フライングゲット」選抜)第4回(「ギンガムチェック」選抜)第5回(「恋するフォーチュンクッキー」選抜)第6回(「心のプラカード」選抜)第7回選抜(「ハロウィン・ナイト」選抜)
1位前田敦子大島優子前田敦子大島優子指原莉乃渡辺麻友指原莉乃
2位大島優子前田敦子大島優子渡辺麻友大島優子指原莉乃柏木由紀
3位篠田麻里子篠田麻里子柏木由紀柏木由紀渡辺麻友柏木由紀渡辺麻友
4位渡辺麻友板野友美篠田麻里子指原莉乃柏木由紀松井珠理奈高橋みなみ
5位高橋みなみ渡辺麻友渡辺麻友篠田麻里子篠田麻里子松井玲奈松井珠理奈
6位小嶋陽菜高橋みなみ小嶋陽菜高橋みなみ松井珠理奈山本彩山本彩
7位板野友美小嶋陽菜高橋みなみ小嶋陽菜松井玲奈島崎遥香宮脇咲良
8位佐藤亜美菜柏木由紀板野友美板野友美高橋みなみ小嶋陽菜宮澤佐江
9位柏木由紀宮澤佐江指原莉乃松井珠理奈小嶋陽菜高橋みなみ島崎遥香
10位河西智美松井珠理奈松井玲奈松井玲奈宮澤佐江須田亜香里横山由依
11位小野恵令奈松井玲奈宮澤佐江宮澤佐江板野友美宮脇咲良北原里英
12位秋元才加河西智美高城亜樹河西智美島崎遥香宮澤佐江渡辺美優紀
13位北原里英高城亜樹北原里英北原里英横山由依横山由依高柳明音
14位宮澤佐江峯岸みなみ松井珠理奈峯岸みなみ山本彩生駒里奈松村香織
15位佐藤由加理小野恵令奈峯岸みなみ横山由依渡辺美優紀柴田阿弥柴田阿弥
16位峯岸みなみ北原里英河西智美梅田彩佳須田亜香里川栄李奈武藤十夢
17位浦野一美秋元才加秋元才加
18位宮崎美穂佐藤亜美菜佐藤亜美菜
19位松井珠理奈指原莉乃横山由依
20位多田愛佳仲川遥香増田有華
21位倉持明日香宮崎美穂倉持明日香

順位第8回選抜(「LOVETRIP」選抜)第9回選抜(「#好きなんだ」選抜)
1位指原莉乃指原莉乃
2位渡辺麻友渡辺麻友
3位松井珠理奈松井珠理奈
4位山本彩宮脇咲良
5位柏木由紀荻野由佳
6位宮脇咲良須田亜香里
7位須田亜香里横山由依
8位島崎遥香惣田紗莉渚
9位兒玉遥岡田奈々
10位武藤十夢北原里英
11位横山由依高橋朱里
12位北原里英白間美瑠
13位向井地美音本間日陽
14位岡田奈々古畑奈和
15位高橋朱里高柳明音
16位にゃんにゃん仮面吉田朱里


第1回及び第3回優勝者:前田敦子            第2回及び第4回優勝者:大島優子

言い訳あっちゃん
大島優子,総選挙の応援


第5・7・8・9回優勝者:指原莉乃                  第6回優勝者:渡辺麻友

1位様



※第5回までの優勝者3名はいずれも太田プロダクションの所属。第6回の渡辺はプロダクション尾木所属。

トラブル

第9回総選挙

第9回は3つの大きな事件が重なったため項目を分けて解説する。

ネット不正投票疑惑

第9回大会の速報発表では、NGT48の無名メンバー荻野由佳が第1位となったが、48グループ各公式サイトのネット投票サイトで、同一人物が何度もアクセスすれば推しメンの組織票ができるとネット上で「握手会などの指標を見る限り、ここまで大量にファンがいるとは思えない」「一体誰が投票したのか?」と指摘された。当初、運営は「不正な重複投票を懸念する声が上がりましたので、改めて細部に渡り調査をいたしました結果、そのような事実は一切ございませんでした」と否定していたが、その後、投票サイトを管理するサーバーからの調査で、NGT48を始めとする48各グループ投票サイトで、何回でも投票できるプログラムミスがあったことを認め、即日修正された。ちなみに運営は、荻野、本間日陽高倉萌香の不正投票の票数を修正せず、高倉以外の2人は不正投票の票数を含めた状態で、選抜入りしたという疑惑の声も上がった。

無観客開票

第9回は沖縄県内の野外特設ステージで開票イベントを開催する予定であったが、記録的大雨により中止となり、近くの豊見城市立中央公民館大ホールで史上初の無観客開票が実施された。また、晴天でも熱中症脱水症状や後述の大事件により危険だったという声もあった。しかもこの日沖縄県以外の都道府県の天気は全て晴れや曇りだった。

無観客開票に対するメンバーの発言
横山由依 - 「沖縄でのコンサート、選抜総選挙開催を楽しみにしてくださっていた皆様に本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。応援してくださってる皆様の気持ちを考えると心が痛いです。悲しい思いをさせてしまって本当にごめんなさい。。沖縄でまた必ずコンサートをやります!!」「このステージでみんなと歌って踊って、みなさんに思いを伝えることは出来なくなってしまいましたが、総選挙がなくなったわけではありません。私はどこの場所でもみなさんへの思いは変わりません!!」「味スタで失敗しているのに結局学んでいない」「この時期にやることはわかっていたのに、どこか屋内でファンの方たちが入れるスペースをなぜ用意していないのか」「2度と同じことはしないでください」
指原莉乃 - 「本当に言葉になりません。 悲しくて、ショックです。。」「楽しみにしてくださっていた沖縄の皆さん、そして沖縄に来る予定だった、もしくはすでにいらっしゃっていた皆さん、本当にごめんなさい」「観客なしの初総選挙。どうなるんだろう」「本当にどうなるのかわからないけど、それすらも楽しむのがAKBと言い聞かすしかないのが現状です」「何度も言いますが、本当にごめんなさい。今後野外でのこのような事がないように私たちメンバーも意見を出していきます」
渡辺麻友 - 「え、中止…」「言葉が出てこない」「どうしてこの時期にやろうとしたんだろう」
柏木由紀(不出馬) - 「メンバーの気持ちを思い、自分の立場を考えると、どんな言葉を言うべきかわからなくて、、」「とりあえず『雨女 治し方』で検索しました、、おはらいだそうです」
山本彩(不出馬) - 「雨天中止は本当に残念です」「きっとNMBメンバーはそんな曇った気持ちを晴れさせてくれると思う!!」
北原里英 - 「楽しみにしてくださっていたみなさん本当に申し訳ありません。。わたし自身もすっごくすっごく楽しみにしていた沖縄。悔しいです。あー、どこにぶつければ。。」「沖縄に対してすごく楽しみにしていて、沖縄浮かれ野郎で上陸したのですが、いまやこの格好すら虚しい」「明日どうなるんだろう、、どんな雰囲気になるのか想像がつかないね」
向井地美音 - 「showroom中に知りました。。楽しみにしてくださっていた皆さんのことを思うと、やるせない気持ちでいっぱいです。本当に本当にごめんなさい。でも、この逆境を味方に。こんなに何が起こるか分からない総選挙は初めてだもん。!」
岡田奈々 - 「遠くから来てくださっている方楽しみにしてくださっていた皆さんごめんなさい …もどかしい気持ちはありますが皆さんの身の安全が何よりも第一です 。」
高橋朱里 - 「中止。みんなの安全を考えた上での判断ですが、まだ状況を受け入れられない気持ちです…………このピンチをチャンスに変えれる方法は無いのかな、、悲しい。」
峯岸みなみ - 「中止... 安全面を考えたうえでの決断、誰のことも責められないしもどかしい気持ちです」「優子の卒業コンサートを思い出す」
白間美瑠 - 「ライブ中止。本当にごめんなさい。楽しみに待っていて下さった方、遠くから来て下さっていた方、たくさんの方を残念な気持ちにさせてしまい、ごめんなさい。悲し過ぎる、。」
荻野由佳 - 「総選挙中止となってしまいました…楽しみにしていてくださった皆さん!ごめんなさい…私もすごく驚いてます…」
大島優子(OG) - 「中止なのね、思い出すわ」「だけど、あの雨から私の人生はまたひとつ色がついたし、何かが変わったから。これはきっと、何かが変わるチャンスなのかもしれないね」
高橋みなみ(OG) - 「メンバーのみんなのツイートを見ると切なくなる謝らないで、、」「ファンの皆さんとメンバーの安全面を考慮すると仕方がないんだけど、会場のあの熱気と、ある意味の静けさ ファンの皆さんに見守られながらこそ出る言葉があるんだよね、、」「でも結果は出る。見守りますファンとして」
ファンからの批判
「開催が発表された時点で覚悟はしていました。怒りというよりも、なぜ、この時期に沖縄なんだという、あきれる気持ちの方が大きいです」「(14年の)大雨の味の素スタジアムの経験が生かし切れていない。来年からは屋根のある会場でお願いしたいです」「沖縄は全て個人で手配したから、キャンセル代も大変。ペットホテルに犬を預けることになってたから、そちらもキャンセル」「もうお詫びの商品券でも出して欲しいわ」「ものすごくショックでした。この時期の開催と天候に少し心配でしたが、場所が沖縄だっただけにすごく楽しみにしていました」「わざわざ総選挙のために沖縄まで飛んだのに、『荒天でイベントは中止』『開票は別の場所で、観客は入れない状態で行う』といわれたら、そりゃあ腹も立ちますよ。これ以上はないレベルの深刻なファン離れが予想される状況だけに、運営は、現在沖縄にいるファンに向けて、開票の様子をライブビューイングするなど、なんらかのフォローをすべきでしょう」「不正投票疑惑に中止とか過去最低の総選挙じゃん。」「そもそも梅雨時期の沖縄で屋外イベントを企画するなんて」「現地でのパブリックビューイングが用意されてないのはおかしい」「この時期に沖縄で開催するという大馬鹿」「梅雨の時期なんだから最初から屋内会場でやれよ計画性ゼローかよ」「なんで、こんな時期に沖縄で総選挙をやろうと思ったんですか?こんなの、決して珍しいことでもないのに、リスクを考慮せずに会場を決めるとか、ファン不在も甚だしいですよ。」「なんで野外でやるかなーウミガメの件もそうだし最初からそう言うとこでやらなければ済んだ話し前も雨天の件はあったのに学ばないそらファン減りますよもう少し考えてやってほしいもんです」「結局、中止になったとしても飛行機代も宿泊費も自己責任になってしまいますよね。それでお帰りくださいというのもちょっとファンに対して失礼かと思います。その分、何かしらの代替イベントは必要だと思います。48グループ運営会社全てで考えていただきたいです。」「そんなんだから廃れてくんですよ。中止になって返金手続きとかクレーム対応に追われるくらいなら、最初から近場の屋内でやればよかったと思いますけどね。」「この時期に、雨が降らないわけがない!最初から心配してたら、やっぱりの結果。(代替)会場がないから公民館だなんて、メンバーもかわいそう」

須藤凜々花の結婚発表

20位にランクインした元NMB48須藤凜々花が前代未聞の結婚発表をし、会場を一瞬して地獄絵図にした。また、ファンのみならず他のメンバーからも驚きや非難が相次ぎ、ファンのみならず現役メンバーやOGも巻き込んだ大騒動になり、翌日のスポーツ紙3紙が一面で掲載され、指原の3連覇や渡辺の卒業発表が有耶無耶にされてしまい、特に渡辺は結婚発表の時のドス顔がネタにされてしまった。しかも総選挙の翌日レコード会社側から報道陣に対し、「『指原の扱いが小さくなってしまうので、須藤への取材は行わないでほしい』と通達されたが、その後、運営の判断で、こうした“圧力”は消え、那覇空港での須藤の取材ができることとなったんですが、結局、週明けの19日は元SMAP稲垣吾郎草なぎ剛香取慎吾のジャニーズ離脱報道一色となってしまい、結局指原が大きく扱われることはありませんでした」と不運が重なり、話題にならなかった。更に運営は「須藤がステージで話したことは事実です」と回答し、この日に発表することは、須藤自身の意志で、一部の関係者や運営だけが把握しており、結婚発表した瞬間、「聞いてないよ」「マジか」「中継止めなくて大丈夫か?」と、関係者たちが狼狽し、少なくともその場にいたほとんどが、須藤が結婚宣言することを知らされていませんでした」と発言し、これについて、関係者の間では、「本人の意思というよりも、運営がそうさせざるを得なかった」とささやかれていた。また、この1時間後に、週刊文春公式サイト「文春砲Live」にて、今回の結婚の件については、週刊文春も影で絡んでおり、ファンの一般男性とのお泊まりデートを速報と銘打ってスクープし、「文春砲が発射される前にファンに正直に言いたかったじゃないか」「文春が絡んでたならしょうがない」など同情論も少なからずあった。総合プロデューサーの秋元康は2013年12月に発売されたフォトブックで掲載された小嶋陽菜との対談で、卒業や恋愛、結婚などをテーマにしたトークで、秋元氏は「でもさ、一番かっこいいのは総選挙のステージで『私から発表があります……』と言って、みんなが卒業発表かな?と思ったら、『結婚します!』っていきなり宣言することだよね」と今回の須藤の騒動を予言したような総選挙サプライズのプランを明かしていた。また、運営は上記の速報結果の「不正投票疑惑を吹き飛ばすための身代わりにされたんじゃないか?」という声も上がった。更に結婚発表を止めようとしなかった秋元康と運営や会場内で「おめでとう」と祝福していたメンバーにも批判が殺到していた。『スポニチアネックス』によると、須藤さんは周囲に迷惑をかけたことを謝罪した上で、AKBグループに存在していた「恋愛禁止」の掟について、「各自の判断に任せるという認識」と解釈していたと説明。更に、「恋愛禁止で我慢できる恋愛は恋愛じゃない」と自身の価値観を語っており、運営側からは残留の提案も受けていた。この報道について、ネット上では須藤と運営に対して「都合が良すぎる考え方」「自分のことしか考えていない。わざわざあの場で言う必要はなかったのでは?」「身勝手すぎる。結婚する意思が固まっていたなら、選挙には出るべきじゃなかった」「なんで結婚が決まっていたのに選挙に出たの?それだけが理解できない」「運営側から残留の提案って、そんなの絶対に許せない!運営側は何を考えてるの?」「自己中すぎ。結婚することを伝えた上で選挙に出ればよかったじゃん」「運営側が残留の提案をするのが理解できない」「事前に結婚宣言した上で総選挙に出てほしかった」「運営側が残留の提案って…他のメンバーに失礼すぎる」「しょせんは綺麗事。周りに迷惑かけて、自分だけ良ければいいんだな」「サプライズを許した秋元康のコメントがほしい」「希望者には返金対応するべき。どんなに綺麗事を言ってもファンへの裏切り行為」「恋愛禁止で我慢出来る恋愛は恋愛じゃないって、哲学じゃなく屁理屈」「運営や秋元は謝らないの?」「運営が残留を提案って、ファンなめてるね」「運営から残留の提案があったってことは、もう恋愛禁止じゃなくていいってことですね」「秋元康や運営サイドも含めて、詐欺罪にならないのが不思議」と批判の声が多く挙がっていた。

・メンバー・OGの反応
早坂つむぎ(圏外) - 「来年は総選挙出ない。ファンに金を使わせて、ああいう人(須藤)がいる壇上に登ることに意味があるとは思えない」
峯岸みなみ(第19位) - 「何もかもが一瞬にしてぶっ飛んで、速報圏外からの19位ランクインが話にしても記事にならん」
松村香織(第18位) - 「私も完全に空気の流れを変えきれずに、何を言ったらわからなくて…。全然いいことを言えないし、後悔の残るスピーチしたことは本当に反省している」
高柳明音(第15位) - 「SKEだったらその場でぶん殴っていた」「でも、かおたん(松村)なら許していた」
高橋朱里(第11位) - 「結婚しますとか、ファンが複雑な気持ちになってしまう事を言うメンバーを見て、涙を流した他のメンバーのことを考えると本当に胸が痛い」
岡田奈々(第9位) - 「スキャンダルをネタにしてはい上がるメンバーもいるけど、絶対に真似してはいけない」(ただし、指原と峯岸の事を決して批判しているものではないと釈明)
須田亜香里(第6位) - 「あの結婚発表の後、ファンから『他のメンバーも恋愛してるんだろ』と言われるのが本当に許せなかった」
渡辺麻友(第2位) - 「いやーほんとにさ色々ありますわ」
指原莉乃(第1位・3連覇) - 「今回、沖縄でのコンサート、そして開票イベントが中止になってしまったこと、天候のこととはいえ、6月に野外でという無茶があったと思います。本当に申し訳ございませんでした。こうやって一つひとつの積み重ねで、皆さんの気持ちが離れていってしまうことがとても恐いです。今のAKB、どんどん信頼を失っている気がして、みんなが離れていくのが本当に恐いです。皆さん、どうかこれからもメンバー・スタッフ一丸となって頑張りますので、AKB48を見捨てないでください」「お願いだから、明日の新聞をみて悲しい気持ちになりませんように。(自分のことではない)」「先輩たちが怒っているのも事実。私はスキャンダルがあったから怒れないけど、先輩たちが作ったステージであることを考えてほしかった」「結婚するとか恋愛するとかはさておき、あのステージ上で言ったのは間違いだった」「あの場はメンバーみんなが立ちたくて、立てない子もいるステージ。1分1秒でも多くファンの方に感謝の気持ちを述べたいステージなのにもかかわらず、ああいったファンを裏切るような発言(はよくない)」(この発言の背景には、朝長美桜矢吹奈子の2人が選抜入りを目指していたが、アンダーガールズからネクストガールズに陥落した事に加え、結婚発表した須藤に順位で負けたショックを指原が気がかりしていた説がある)
山本彩(不出馬) - 「意味分かれへん。後日発表するってどういうこと?」「え?ほんまに結婚するの?」「終わったら凜々花に電話する」「あの人の考えることはよくわからへん」「凜々花の結婚発表につい」「応援して下さっているファンの皆様をはじめ沢山の方々に、ご心配とご迷惑をお掛けして申し訳ありません」「当日の事については、発表されるまで誰も知りませんでした」「あの宣言をあの場で真剣に事実だと捉えるメンバーは配信で観ていた私含め、一人も居なかったと思います。ただただ、驚きと混乱だけが生まれていました。あの状況でおめでとうと声をかけているメンバーが居たのもどうすれば良いか分からない中、咄嗟(とっさ)に考えたNMBメンバーなりの配慮だったと思います」「私ばかりが言葉を並べるのは違うかと思ったのでこうな風にしか話せず、すみません。凜々花からの言葉を改めて聞いてまた私から書かせていただくかと思います」
大島優子(OG) - FUCK帽子、「結婚発表、何考えてるのかしら」(Instagramを通しての配信の最後でFUCK帽子を見せる。数日後に謝罪。その後、休業を宣言)
小嶋陽菜(OG) - 「いつか誰かやるかとは思っていましたが、まさかりりぽんが…」
高橋みなみ(OG) - 「これまで必死になって創り上げて大切にしてきたあなたたちだからこそ感じることもあるかと思います」「違うのよ。今のAKBを作ってるのは今の子達なのだから凄いなって尊敬してる」「私がモヤモヤしてるのは運営。この事を知っていたとするなら物凄いニュースになり話題になり根本的な事を色々言われるのは目に見えていて彼女自身も色々言われるでしょう」「何かあった時に大変なのは現役のメンバー自身。私も昔それを経験してきました」「だからこそ慎重に対応しなければいけなかったんじゃないかなと」「スタッフ全員が知ってるわけじゃないと思う。でも一部は知ってたはずなんだよ」「私とか優ちゃんが意見して周りに言われるのはどうぞどうぞよ。悔しいねぇー」「その場にいたメンバーも本当なのかどうかと思っていたと思う。すごい発言だったと思う。私もビックリした。ドキドキしながら見ていた」「結婚自体は素晴らしい事だと思いますが、あそこの場所で言うのはすごいリスキーだと思う。この後どうなっていくか見守りたい」
宮澤佐江(OG) - 「でもね、ちゃんと契約書に恋愛禁止ってある」「もちろん男の人ともダメだし、女の子との恋愛もダメって契約書に書いてある」「そこは契約書として、守らなきゃいけなかったところ」
野呂佳代(OG) - 「私は圏外しか味わったことがないので何とも言えないですが、(須藤が)20位にランクするのはすごいこと。1番盛り上げてくれるのはファンなので、ファンのことを思うと、かわいそうな気がします」
川崎希(OG) - 「えっダメよ、、、総選挙の発表中に。結婚発表なんてファンだったらショックだよ」

・ファンの反応
中国のファン - 「ファンの夢をぶち壊しただけじゃない。先輩たちが長年培ってきたものまで一気にぶち壊した」、「次世代を担うメンバーだから必死に応援したのに。報われない」「裏切られた。本当に失望した」
中国のファイサイトの運営者 -「深い苦しみと葛藤の中にある」
指原莉乃、渡辺麻友のファン - 「さっしーの晴れ舞台が汚された。絶対に許せない」「あんな発表に話題を持って行かれて麻友ちゃんがかわいそうだ」
須藤のファン - 「裏切り者」「お前を信じて投票した俺の気持ち考えろや」「変に残るより早くやめてください。グループのために!」「あなたと運営のせいでNMB48を応援する気がなくなりました!」「もうこれ以上難波のことが嫌いになるまえに辞めてください」「あり得ない。これから頑張ってもらうために票を積んだファンが報われない」「この場で発表する意味が分からない。裏切られた気がする」「いくら注ぎ込んだと思ってんだ」「返金対応すべき」「恋愛禁止って言っといて流石に結婚は酷い」「なんでわざわざ総選挙の場で言ったの?」「結婚が悪いとは言わないが、時と場合を考えてほしかった」「りりぽん総選挙失格!81位繰り上げ!」
その他のファン - 「AKBの歴史と地位を壊した」「先輩方の汗と涙が滲んだ「総選挙」というステージで、あのような発表は全く頂けません。過去に先輩が築き上げてきたものを一瞬で壊すような事は決して許されません。」「ものすごく不愉快。」「プロならしっかりルールは守らないと。AKBは恋愛禁止なんだよね?」「開票を見守る投票してくれた人たちに対して、すごい裏切り」「さすがにヲタに同情する。CD代金返金しろって思う」「20位まで押し上げてくれたファンの気持ちをサプライズに使うとは何事か! 」「ほんとうにおぞましくて無理 自分のこと応援してくれてる人たちがみんなCD何枚も何枚も積んで投票してくれて、そのおかげで立てた場所で結婚発表?どういう思考回路があればそうなるんだよ」「結婚はおめでたいし、お祝いしたいのですが…総選挙で結婚発表はないかと。真面目に頑張ってるメンバー、ファンの方に失礼です。 」「文春砲やられる前に自分で言ったのは面白いが俺はりりぽんを許さない。結婚するならNMBやめろ!」「AKBグループ史上最低メンバーやな」「NMBのメンバーからしたら、いい迷惑だろうね」「りりぽん結婚発表する意味あった?相手いますってことは恋愛禁止破ってたってことじゃん?3万票以上入れてもらったのにファンの気持ちはガン無視…?相手いて結婚するんなら卒業すればいいのに何がしたいんだ?」「りりぽん何事だよ……この場で結婚発表とかガチなら最高の裏切りだよ……()」「たとえファンでも「りりぽん結婚おめでとう」とは言えないよね。こんなにファンから祝福されない結婚発表も珍しい。しかもこれグループに対する裏切りにもなるよね。恐い恐い。」「大量に金ぶっ込んで立たせてあげれた素晴らしい舞台で結婚発表されるファンの気持ちはもうね、駄目だろうねこれ。まゆゆがあんな顔するのもしょうがないよなあ……彼女アイドルちゃんとしてるからな」「あっちゃん、優子、たかみな達が築いてきたものを破壊してくれましたね。貴女のせいで48Gのイメージは急降下です。」「アイドル舐めてるんですか?今いる現役生、卒業生、研究生、ファンに失礼だと思わない?」「前田敦子大島優子板野友美高橋みなみ篠田麻里子小嶋陽菜この人達以外にも沢山いる先輩方が無名のAKBをここまで大きくしたんです。そんな事を知ってか知らずか貴女みたいな糞ガキが先輩達の努力を踏みにじった。絶対許さない」「さっしーが「ファンのみんながAKBから離れていってしまうのが怖い」的なこと言ってたし、あんな場で結婚発表するやついるし…もうAKB終わったなって思った瞬間だったわ」「流石にファンに失礼だし結婚発表には場違いでしょ……。」「ファンの人が本当に気の毒。 やめる前に、ファンの前で土下座して謝罪してください。」

・芸能界からの・反応
宮根誠司 - 「ファンの人は一生懸命推しメンとして推して応援してるわけですよ。AKB48ってのは16位まで入るとね、選抜メンバーっていうことなんで、この16位までとにかくみんな入りたいわけなんですよ。で、44位から20位ってわけですから、ファンのみなさんからしたら“よし来年は”っていうところだったんですよね。そのファンのみなさんの想いはどうなのか?ってのが僕は考えるとね(胸が痛い)」
ミッツ・マングローブ - 「アイドル史上、大事件ですよ」
マツコ・デラックス - 「彼女1人で突発的にやったとは思えない。何百万つぎ込んだ人がいるわけじゃない」
SUPER☆GiRLS浅川梨奈 - 「新聞の一面が指原さん三連覇、麻友ちゃんの卒業発表であってほしかった。麻友ちゃん…。」
極楽とんぼ加藤浩次 - 「こんなことをする子が現れるなんて、俺は度肝抜かれましたけどね」「週刊誌に男性とのことを書かれるから、追い込まれていたのかもしれない」「ビジネス的にはダメだが、今回のひと言が(話題になって)AKBの利益になる」「ファンとか関係者とか、どういう目線かで意見が変わる」「AKBのファンの方とか関連している方には申し訳ないけど、引いて見てるから超面白い、なんて子が現れたんだ。とんでもない人が現れた」
ハリセンボン近藤春菜 - 「CDを買って投票したファンの方とか、今までのAKBをつくっていたメンバーの方からしたら裏切りだと思いますし、わがままに見えると思うんですけど、すごい根性あるなと思う。言うことで知らなかった人も知ったと思う。二十歳の女の子に翻弄されて考えさせられるって、スターだな。善しあしは別にして、こんな形(結婚発表)はなかったから、伝説をつくった子だなと思う」
安田大サーカスクロちゃん - 「鬼だね。ひどすぎる。ファンかわいそう。結果出る前に辞退しろよって思う。マジでファンが可哀想すぎる」「総選挙っていつからそんな場所になったの?」
ダレノガレ明美 - 「もし、私がAKBでまゆゆとかさっしーだったら嫌だろうな」「まゆゆはたくさん考えて今回の場で卒業を発表したのに」「さっしーはいろいろあった後から必死頑張って頑張って頂点いったのに、話題が結婚だらけ」「あかんやろ。私ならまじ嫌だ。私ならね。私ならの気持ち」
本村健太郎 - 「弁護士さんによっても意見違いますけども。そもそも恋愛禁止っていうルール自体が無効だって言う弁護士さんもいますけど、僕はこれは有効です!アイドルは恋愛禁止ですから!」
小林よしのり - 「NMB48のメンバーは、あんな大舞台でファンを裏切った須藤凛々花に「おめでとう」なんて、言っちゃダメ」
ヒロミ - 「昔は、アイドルはアイドルって言わなかったね、歌手で。アイドルっていうのは周りが言うことで…。今は“アイドル”っていうプロアイドルじゃんね。そのアイドルのルールが『本当に恋愛もしないでアイドルだけをやってる』から、ファンは応援してるって俺は思うんだけど。だとしたら、(恋愛禁止の)ルールはやっぱり守ったほうがいいんじゃないのかな」「バレなきゃいいっていうんで付き合ってて、アイドルやってますっていうのは、プロアイドルじゃないじゃんね。そのルールの中でやってるんだったら」
坂上忍 - 「恋愛禁止を理解したうえで、そこ(NMB48)に入って、入ることによってやっぱり得がある。ルール違反はルール違反なんじゃないですか」
美川憲一 - 「場所が場所なんだからわきまえないと非常識よ。男性のファンが順位を上げようと、どれだけCDを買ったか。どれだけお金がかかっていると思っているの」
シブがき隊布川敏和 - 「ファンの方はショックだと思います。でも記事の文章を読んで彼女の気持ちを思うと……わかります。しょうがないですね。恋愛禁止と言ったところで若者なんだから、絶対恋愛はしてしまうこともあると思うんですよ。でも彼女は、両方大事に思っていたわけじゃないですか。彼氏もファンの人も。迷いに迷って結婚を選んだというね」
元シブがき隊薬丸裕英 - 「恋愛禁止と言ってもみんな陰でしている人はいる。僕らの時もそうだった。それは分かるんです。ファンの人たちも薄々分かっていたと思うが、今回は人気投票だから。彼女のためにCDを買って投票してくれた人の気持ちを思うと、これはやっぱりここで発表するべきではなかったなと、個人的には思う」
フットボールアワー岩尾望 - 「あの場で結婚を発表していいのは指原だけ」「3連覇して、圧勝で、いくところまでいって、結婚します!って言ったらも誰も文句は言わない。20位ぐらいであんなこと発表したら、他の仲間が初めて選抜に入ったとか、圏外から上位に入っても、は?みたいになっちゃう」
ホラン千秋 - 「報道がなければ言ってなかったと、それはちょっとセコくないかな」
ビートたけし - 「AKB48の総選挙で、NMBの須藤凜々花って子が結婚宣言したんだってね。AKBもそろそろ末路だろ? 大島優子とか「卒業して役者になる」なんて言うヤツもいたけど、まだまだだからね。ただ団体でいるから、この須藤って子も交じってかわいく見えるけど、1人でオーディションに来たら落とすぜ。」「それにAKBって、20歳過ぎてまで付き合っちゃいけないなんて人権問題じゃないの? 今は17歳以下は淫行だけど、18歳からは付き合っていいんだから。それなのに「彼氏作っちゃダメ」だって、よく国がほっとくよな。それで今度は「結婚する」って言ったら怒られたりしてるけど、ばかばかしい話だよ。」
武井壮 - 「その発表の場で、恋愛禁止を自分たちで設けたアイドルとしてがんばっている彼女たちに、その間だけでもせめていい思いをしてもらいたいと思って、自分の給料をさばいていくわけだから。そこで『結婚します』というのはファンの人が確かにかわいそう」「本当に自由だと思うし、恋愛もファンの人もある程度はそんなこともあるだろうとは思っているとは思う」「だけど、総選挙というものに関してはお約束事だと思う」「モバイルでも300円いくらか払っているし、(投票権が付く)CDは、CDが持てるというのもあるけど…俺も投票しているのでわかる」「ファンの人が入れる気持ちは“恋愛も我慢して、私頑張ります”っていう(メンバーの思いに投票している)。シングルのジャケットに順位のいい子は入れる。それで、その後の活動が決まったりする。だから、みんなお金使ってバカバカ入れる。それを20位に入ったのに、結婚します、辞めますじゃ、入れた人は何の意味があんだよ!となる」
サバンナ高橋茂雄 - 「僕らが参加してないから何とも言えないけど」「お金払ってその参加している人の嘘やろ感はえぐいんじゃないかなと思う。ずっと課金して、課金して育てたRPGのデータが消えた時のような感じ」
葉加瀬マイ - 「ファンの人が頑張った集大成ってことなので、かわいそうだなと思う」
テリー伊藤 - 「指原が3連覇しても、そんなこと話題にならないわけ。これ(須藤)のほうがよっぽど(話題に)なってるってことは、総選挙自体がもう動いてるよね」
爆笑問題太田光 - 「どうもね、これは秋元康が裏で糸引いてるように思う。結婚を言わせたのは、秋元康だよ、絶対」「秋元康は恋愛禁止って言ってないんだよね。だって、自分はおニャン子食っちゃったんだから」
トレンディエンジェルたかし - 「僕はブチ切れてますよね。やっぱ。『こいつ、何言ってんだ』って思って。おかしいでしょ!」「恋愛禁止条例、ちゃんと守ってんの僕らオタクの方ですからってことですよ」
岩本勉 - 「プロ野球でスタンドプレーをする選手がいるけど、範囲内だったらフォローできるけど、彼女は恋愛禁止というスタンドプレーを犯したので、まゆゆが『あんたフォローできんわ』ていう顔になっても仕方ない」
中森明夫 - 「間違いなく今年の主役は須藤。そもそもAKBは既成の概念にとらわれない壮大なアイドルの実験場だったはず。指原1強にうんざりしていた。選挙前の閉塞感、それをぶち壊した須藤。僕は彼女の発表を評価します」

その後

運営は今回の総選挙の雨天対策、雨でビーチが使えなくなった場合の代案を用意しておらず、記録的大雨で無観客開票、不正投票疑惑、結婚発表という形にもなってしまったため、ファンからは後味が悪いなど史上最悪の総選挙という多くの声が上がった。また、生中継特番も13.2%と過去最低視聴率を更新した。更に関係者の間では、「須藤も言っていたように、秋元氏は彼女をグループに残したいと考えていたそう。しかし、やはりほかのメンバーの怒りが運営側にも向けられ、とても須藤を残しておける状況にないと判断したようです。特に、HKT48・指原莉乃など一部有名メンバーは、日頃からライバルグループ・乃木坂46と自分たちの“差”が開きつつあることを気にしているそうで、「だから乃木坂に負けるんだよ!」と、運営に食って掛かったといいます」と明らかにしており、実際、同年7月1日にオンエアされた日本テレビ系『THE MUSIC DAY 願いが叶う夏』で乃木坂は、放送当日にコンサートが行われた神宮球場から生中継で登場。歌唱シーンだけでなく、番組中たびたび出演するという特別待遇されるなど、AKBメンバーの楽屋からは、自分たちとの待遇の違いに、怒りと嫉妬が入り混じった悲鳴が巻き起こり、テレビ局からも“色モノ扱い”され、更にAKBよりグループ結成から、1年早く東京ドーム公演が実現し、AKB超えを成し遂げ、乃木坂や欅坂46に、完全に人気を逆転されて後発グループに追い抜かれた形という印象を決定付ける結果となってしまった。

指原も上記のスピーチでファン離れを不安視していたが、総選挙での3つの大きな事件が重なってしまったため、総選挙後、48グループのファン離れを大きく加速してしまった。ただ、通常通りイベントが行われていたら、須藤ファンによる暴動事件が発生していたという声も上がり、無観客での発表を決定した運営に対してネットでは、「結婚発表によるヲタクの暴動を回避するためだったのでは」と陰謀説が浮上していた。更に須藤のグッズがヤフオク!やフリマアプリで相次いで出品され、ファン離れを象徴する出来事が起きてしまった。しかもその煽りで、4年ぶりの五大ドームライブ計画が完全に立ち消えとなり、消滅してしまい、今後3年間AKB関連のイベントが行われる予定だったが、地元企業が撤退を申し出たため、助成金が打ち切りになり、47都道府県代表制を取るチーム8にとっても大打撃となった。更にSTU48の劇場船の建造が大幅に遅れ、グループのメジャーデビューも当初の11月1日から翌年の1月31日に2ヶ月延期される羽目になってしまった。

司会を務めた徳光和夫が自身のラジオ『徳光和夫とくモリ!歌謡サタデー』上で本件について「須藤が前回44位から今回20位に躍進したのに嬉しいという気持ちが伝わってこなかった」「ディレクターからは次の子に行ってくれと指示があったが無視し、須藤に質問をしたら結婚発言だった」と発言し、それを聞いたスタッフから「すいません引っ張ってください」と指示があったことを明らかにした。

生中継特番でMCを務めた宮根誠司は自身がMCを務める『情報ライブ ミヤネ屋』で、開票イベントの模様を振り返り、須藤の結婚宣言については「実は僕これナマで聞いてないんです」と明らかにし、宮根アナはその時、開票イベントが行われていた沖縄県豊見城市立中央公民館の前で、荒天に見舞われた現地の模様を伝えるリハーサルをしており、「リハーサルしている最中にプロデューサーが走ってきて、「宮根さん戻ってきてー!りりぽんが結婚を! 須藤が結婚を!」って、何を言ってるのかわからない。とりあえず連れ戻されて、騒然としてるわけですよ会場が。僕は何が起こったのかわからなかった」と明らかにした。

8月6日のNMB単独ライブで総選挙から続く騒動について涙ながらに謝罪した。しかし騒動を謝罪するも「茶番」と批判が殺到し、謝罪に対してネット上では、「なにこの茶番。台本でも用意してたんでしょ。炎上商法もいい加減にしたほうがいい」「プリクラ流出だけでクビになった子もいるのに、なんで結婚宣言したコイツはクビにならないわけ?」「こんな茶番で納得できるファンいないだろ、早く辞めろよ。こうやってAKBグループは終わっていくんだな」「なんかドイツに留学するとか言ってたけど結婚は?あれはなんだったの?」「コイツの悪質なところは、結構人気があってファンにそれなりに金使わせておいて、「貢いでもらったのにすみません」という謝罪はないところ。ファンはお金をドブに捨てたようなもんなのに、なぜかクビにならない」「まぁ正直結婚宣言のときから全て台本あったんだろうな。自分たちで炎上させて落ちぶれ気味のAKBを盛り上げようとしたんでしょ」「メンバーの「幸せになれよ!」で爆笑ww本心ではかなりイラついてるだろうに」「この子、哲学好きなんだっけ?それにしては全然自分の思考について整理できてないよね。」と総選挙での結婚発表後の批判も収まらなかった。

こちらもあまり話題にされていないが、指原も「恋愛禁止なのに恋愛ネタで売れて1位になる指原や、結婚発表するアイドルがいるグループってまゆゆには相応しくない」「本当に正直なこというと、なんで指原なんでしょうか? スキャンダルをネタにするアイドル普通に嫌じゃない?」「アイドルの王道はスキャンダルに勝てへんのかな。この世間おかしい」「スキャンダルで炎上した指原が1位だったし、結婚宣言したバカな後輩もいたし、まゆゆ最悪な1日だったね」「スキャンダルで開き直るような女に。負けるなんて悔しいね」「王道を貫くまゆゆよりも、スキャンダルをネタにし続けた指原が1位って意味わからない。頭おかしいんじゃないの?」と3連覇に納得いかないという多くの批判の声が上がり、第9回選抜シングルの選抜メンバーが史上最低の選抜と批判されてしまった。

須藤は、その後のインタビューで「いつ結婚するかわからないし本当に結婚するかどうかもわからないけど、とりあえず選抜総選挙の場で発表してしまった」と明らかにし、文春砲回避のための結婚発表が裏目に出て火に油を注いでしまい、取り返しの付かない騒動になってしまったことをかなり後悔しており、48グループ全体のファン離れ、イメージダウン、ファンからの信頼、総選挙の歴史、次世代メンバーの夢と目標を壊してしまう結果になってしまった。

須藤は卒業後、『ダウンタウンDX』にゲスト出演した際、結婚宣言騒動の裏側を告白し「アイドルとしても自分の恋も両方諦められなかった。両方頑張ろうって決めたので、やっぱりアイドルとして選挙に出るのは大事な仕事だと思った」「やっぱ営業じゃないですか」と言い切り、共演者からは「言葉が悪いな!」とツッコミが入った。結婚の日取りは、2人の間ですでに決めており、卒業後は海外に留学するとの報道もあったが「前々から言っていたことが切り取られてしまった」と指定していたが、この発言がインターネット上で大炎上を招いてしまい、「オタクの気持ちをちょっとは考えてやれ」「アイドル=営業ってアイドルに言われるとめっちゃ傷つく」「ここまで言葉を選ばないなんて」「それをテレビって公の場で公言するのはおかしくねえか?」「ファンがかわいそう過ぎる。営業? ほんとに頭おかしいんじゃない?」「自分の推しが卒業したとして須藤みたいに投票呼び込みは結局営業とか暴露されたら、ほんとにほんとに嫌だな」と、須藤のあっけらかんとした態度にファン以外からも批判が殺到した。また、この放送では、「秋元康は結婚のことについて事前に知っていたか否か」という重大な話題が事前に告知されていたのだが、実際の放送ではカットされていた。その後、須藤はTwitterで「私は極悪人です。私は悪いアイドルでしたが、他のメンバーは違います」「私は自分の悪さを笑い話にする極悪人でした。他の人を悪く言えないのは、私以上に悪い人はいないからです。この発言や今までの私の発言によって傷つけてしまった優しい方々、本当にごめんなさい。全部本当に思って言ったことです。クズでごめんなさい」「たくさん痛い目を見て大人になっていきたいです。優しくなりたいです。優しい人になることを諦めたくないです。私の周りにいる人たちをみて、強くそう思います」「アイドルとファンの方との関係は、茶髪にしたり、ピアスを開けたり、過去が流出したりしたことですぐ壊れてしまうものだと思っていました。そうでしたし、そうではありませんでした」「私はアイドルをさせて頂いた時間の中で、アイドルの世界の素晴らしさを知りました。そこには確かな絆がありました。そして同時に、私は人間としての自分の未熟さを痛感しました」「そんな私を好きだと言って下さった人たちがいたということは、今でも私の生きる希望です」「時間がかかるかもしれませんが、時間をかけて、人間として成長していきたいです」「こんなクズを好きでいて下さった方々は本当に優しい人です。私もそうなれるように頑張りたいです。同じようにできなくてごめんなさい」と改めて謝罪したが、この投稿に対しても、「この反省ツイートも営業でしょ?」「どんどん48グループのイメージが悪くなる。悪いと思うならそういう発言最初からしてほしくない」「これ以上、グループに迷惑をかけるな」と批判的な返信が数多く見られた。更にそうした過激発言をしたからこそ一般にも注目されているともいえるが、「これ以上、調子に乗ると危ない」という声も上がっており、「当初、住所まで特定されてしまったりりぽんの恋人男性には、脅迫めいたメモが投函されたり、注文していない出前が大量に届いたりする嫌がらせがあったそうです。もともと彼はいちファンだったということも、嫉妬を買った要素。すでに彼は引っ越していると聞いていますが、選挙直後はファンの歪んだ嫉妬心だけにとどまっていたものが、ここにきて攻撃性を帯びてきて、りりぽん本人に矛先が向きつつあります。りりぽんは過激発言をして注目を浴びることに一種の快感を覚えているんでしょうが、このままファンの気持ちを逆なでし続けると危険なこともあり得ます」と須藤の結婚相手にも、被害に遭っていた。その後、須藤は『アッコにおまかせ!』で、翌年の4月に結婚する事を発表し、総選挙で司会を務めた徳光もゲスト出演しており、「司会を徳光さんにお願いしたら?」と声をかけられると、徳光が「いま約束しました」と自ら司会を務めることを宣言していた。しかし、「怒りを通り越した」という声も多く「ああそう」「もう好きにすれば」「取り上げないで欲しい」と呆れムードの意見も多数に及んでいた。

関連タグ

選挙 政治 衆議院 衆院選
AKB48 大島優子 前田敦子 じゃんけん
アメリカン・アイドル

pixivに投稿された作品 pixivで「選抜総選挙」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17703

コメント