2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

1995年12月29日秋田県由利本荘市出身。身長153cm、血液型AB型、ニックネームは「いこまちゃん」「いこたん」。

乃木坂46の初期メンバーとして加入して1枚目~5枚目までのシングルではセンターを務めた。

2014年4月よりAKB48(チームB)との兼任活動を開始。

2018年2月にグループ卒業を発表した。

卒業後は、映画「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」やドラマ「真犯人フラグ」、舞台『風都探偵』、アニメ『機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズウルズハント』といった数々の映画・ドラマ・舞台・アニメに出演し、さらに、多くのバラエティ番組に出演するなど今もなお芸能界の第一線で活躍している。

そして、2022年5月14日に日産スタジアムで開催された「乃木坂46 10th Year Birthday Live」にて、卒業後初めてライブステージに立ち、自身のセンター曲「制服のマネキン」を披露した。(ファンへの事前告知は一切無く、完全なサプライズである。)

躍進と停滞

清楚ながらも地味でヲタク気質な印象の為か、ミュージカル公演16人のプリンシパルでの成績はそれほど芳しくなかった。

AKB48(チームB)に加入した際は第6回AKB選抜総選挙(37thシングル選抜)の立候補資格を取得。2014年4月4日に自身のブログにおいて立候補を表明したものの、同年5月21日の速報時点では56位となり「とりあえず圏外落ちは回避だろう」という空気で落ち着くかと思われたのだが…。

2014年6月7日に『夢の現在地~ライバルはどこだ?~』と題して開催された開票イベントにおいて、史上最高となる42人抜きの猛ラストスパートで14位に入賞。AKBのシングル選抜メンバーとして参加することが決定した。また、総選挙初参加メンバーの選抜入りは史上初の快挙であり(第1回大会を除く)、平成7年度生まれのメンバーが総選挙で選抜メンバー入りしたのは現在唯一である。

兼任解除後まもなくして12枚目のシングル『太陽ノック』2年半ぶりにセンターに抜擢された。しかし、その後は齋藤飛鳥など若手の躍進もあって徐々にメディア露出も他のメンバーと比べると減少していき、以前ほど前に出ることはなくなり、メンバーを支える立場となった。

2018年、最後の参加曲となった20thシングル「シンクロニシティ」においては、真ん中(裏センター)のポジションを務めた。選抜発表以前は、「生駒が自身最後のシングルでセンターを務める」と誰もが予想していたが、センターを務めたのは白石麻衣であった。このようになった理由として、生駒本人が「このシングルを私の卒業シングルにしたくない。」という想いがあったため、その想いを運営が尊重したためとされている。

人物

大の漫画好き・アニメ好きであり、『銀魂』や『NARUTO』、『ONEPIECE』などの週刊少年ジャンプの作品を特に好んでいる。
また、自他共に認める仮面ライダーヲタクであり、『令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』の起用について、「心臓がとび出そうなくらい嬉しかった。」「あまり連絡してこない友人が連絡してくれた。」と語っている。ちなみに、推しライダーは仮面ライダークローズ仮面ライダーダブル。推しキャラクターは、バイスカゲロウ門田ヒロミジョージ・狩崎

pixivにおいて

2014年5月30日現在、pixivでの乃木坂メンバーとしてのタグ付け数は、SKE48から兼任加入した松井玲奈を除くとトップである。

関連タグ

乃木坂46 AKB48 チームB
渡辺麻友 … 第6回総選挙優勝者。生駒はチームB加入以前から渡辺を「推しメン」と公言し、渡辺もドラマ『さばドル』での共演を通じていち早く生駒の後見人を買って出るなど関係の深い存在。
松井玲奈 … 「交換留学(=グループ兼任)」の相方で、第6回総選挙においても共に選抜入り。実は兼任以前に某ファッション誌の企画であのコンビコスプレを披露した。間柄でもある。さらに、彼女も仮面ライダーシリーズへの出演経験がある。

関連記事

親記事

乃木坂46の主なOG のぎざかふぉーてぃーしっくすのおもなおーじー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 195435

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました