2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

演:山本ひかる
CV:小松未可子(ゲーム『KAMEN RIDER memory of heroez』、『風都探偵』)

概要

大阪から物語の舞台・風都へとやって来た、鳴海探偵事務所所長
二人の探偵左翔太郎フィリップの纏め役であり、コメディリリーフ兼序盤のトラブルメーカーでもある。
翔太郎が「おやっさん」と呼び慕っていた鳴海荘吉の娘に当たる。そうは見えないが本編開始時点で20歳。

元々風都に来た目的は、父・荘吉の行方を追ってのことだったが、その荘吉がもうこの世にいないことを、当初翔太郎は話せないでいた。

人物

「私、聞いてない!」が口癖。
風都に来た当初は視聴者目線で、Wドーパントの存在に驚きの連続だった。
普段は標準語で話すものの、強烈に驚いたり納得のいかない事態が発生したりして興奮状態になると「何やて!?」等、大阪出身ゆえの大阪弁がポロッと出て来たりする。

好奇心旺盛で、行動力に溢れ、図々しく目立ちたがり。うざかわいい
初めは翔太郎達を事務所から追い出そうとしていたが、仮面ライダーの存在に興味を持ち、探偵事務所の権利書を振りかざして所長に就任してしまった。
が、威厳は殆ど無く、二人からは娘、妹、或いは友達のように扱われている。翔太郎には、その子供っぽい言動と童顔を指して「女子中学生」呼ばわりされる始末。成人なのに。

一方で、父親譲りの強い正義感と情の厚さを持ち合わせており、事件の解決に尽力する。
物語当初は依頼人への情と図々しさが災いして、事件に首を突っ込んでWに助けられる羽目になったり翔太郎の調査に同行して妨害行為に及んでしまう事もあった(しかも「大人しくしてろ」とあしらわれると所長の肩書きを盾に逆上)。

しかし第10話にて、翔太郎から依頼人を危険な目に合わせた事を手厳しく咎められた際には流石に素直に謝罪し、自分が荘吉と会えていなかった間彼と過ごしていた翔太郎が羨ましかったのかもしれない事を打ち明けた。以降は身勝手さも鳴りを潜る様になっていく。
作中では翔太郎とフィリップの仲を取り持つ役目も度々担っており、スタッフ曰く「本当に大事な場面では、日頃のやかましさからは考えられない位ちゃんと場の空気を読むことのできる娘」

そのぶっ飛んだ言動や一般人が故の何気ない疑問が事件解決の糸口になる事も多々ある。
また、翔太郎が自分の美学に拘るせいで破綻寸前となっていた鳴海探偵事務所の経営を立て直す程の商才も兼ね備える。
この実績や、依頼人への正式な報告書を製作し提出している(小説版及び風都探偵より)点を踏まえると、探偵事務所の所長としての実務能力は意外と高い事が窺える。

戦闘に関しては完全に普通の人間で非戦闘員であるため、生身の翔太郎やフィリップや照井に比して(そして後述のときめを含めても)からっきしと言わざるを得ないが、(上述の依頼人を危険にさらした件の反省や事務所所長としての責任感・意地もあってか)依頼人の為なら、たとえ殺気立ったドーパントと直接相対しても依頼人を庇って敢然と立ち向かうだけのガッツは持ち合わせている。
また数々の事件の中でドーパントとの戦闘に巻き込まれることも多々あったこともあってか、風都探偵劇中においてはフィリップからリボルギャリーを操縦する専用のリモコン(翔太郎&フィリップのスタッグフォンのそれと同等の機能)を渡されており、敵ドーパントの戦闘員の群れ程度ならリボルギャリーに乗り込んだり操作したりで応戦することも可能になっている。

何だかんだで女子力もそれなりにはあるが、料理の腕前に関してはお世辞にも良いとは言い難く、捜査の一環で園咲家にメイドとして潜り込んだ際にミックに出した手製の猫まんまは食べたミックがしばらく元気を無くしてしまう程であり、DVD特典の『左翔太郎 ハードボイルド妄想日記』のあるエピソードのオチで亜樹子が作った味噌汁(と称するタコ入りの汁物らしき料理)は、それを振舞われた翔太郎・フィリップ・照井を微妙な表情で絶句させる代物だった(尚、この時翔太郎もモノローグで、あの世の荘吉に亜樹子の料理の腕前を嘆いている)。
まともに作れたのはWのてれびくん特典のハイパーバトルDVD作中で披露した「W丼」(料理の分類の中でもキャラ弁の類だったが)位であろうか。

Vシネマ『仮面ライダーアクセル』では旦那(照井)が朝食を作ってその間彼女は爆睡している様子が描かれ本編中の微妙な腕前から食事は旦那任せかと思われていたが、ゲーム『KAMEN RIDER memory of heroez』では照井に「晩御飯を作り過ぎたから今すぐ帰って来て!」と発言している事から料理を全くしない(させて貰えない)と訳では無いらしい。最も同作では旦那の留守中に勝手に作っているので普段は分からないが。
そこから更に後の話となる続編漫画『風都探偵』では、新マシン開発で事務所のガレージに籠り切りになったフィリップに、ガレージ出入口ドアの前に汁物・ご飯もの・丼等をお盆にのせて出していたりしており、そこからメシマズ騒ぎにもなっていない為、(その料理が亜樹子が作った品だとするなら)徐々にではあるが料理の腕も上達して来ているのかもしれない。

翔太郎から蔑ろにされたり、フィリップの天然ボケに遭遇すると、緑の生地に金色のプリントで"なんでやねん!"等と書かれたmyスリッパで激しいツッコミを入れるのがお約束。
尚、スリッパの文字には膨大なバリエーションがあり、状況に応じてそれに合う文句(大半が大阪弁)の書かれた物を取り出して相手を引っぱたいている。
因みにこのスリッパ、劇中で使用した相手全員にリアクションをとらせている最強装備(?)である。

上述の通り良くも悪くも行動力や好奇心が強く、探偵業務の際は潜入捜査と称してメイドに扮したり、夢の世界で仮面ライダーダブル"なにわの美少女仮面"に変身した事もある。とある回の囮捜査にて自分がいるにも関わらずフィリップが女装(しかも自分は男装)した際には嘆いていた。

人間関係

鳴海探偵事務所

TV本編の「鳴海探偵事務所」は亜樹子(所長)、翔太郎(探偵)、フィリップ(探偵)の3人で構成されている。
亜樹子がまだ若く、また作中最初期のフィリップはそれに加えて変人であった為、事務所の中心となっているのは翔太郎であった。

物語初期の翔太郎は、(書類上の)所長である亜樹子の事を鬱陶しく感じ、また、荘吉の死を言い出せない事に後ろめたさを抱えていた為、亜樹子の事は子供扱いしてあしらい、マトモに向き合うのを避けていた。
亜樹子もまた、何かにつけてハードボイルドを気取る翔太郎に呆れており、言い争いの絶えない仲であった。

しかし幾重の事件を解決するにつれ、翔太郎も亜樹子もそれぞれの仕事や依頼人に対するひたむきさ、真摯さを互いに認め合い、兄妹分のような信頼関係を持つに至っており、映画『MOVIE大戦CORE』で亜樹子が照井竜と結婚する際、結婚式で本来父親である荘吉が一緒に歩くはずだったバージンロードを歩く相手を、翔太郎に頼む程だった。
また、フィリップが人間の心理を読む事を苦手としている為、翔太郎が心底落ち込んでいる時に助け船を出すのは大体亜樹子だったりする。わかりやすい例は本編32話風都探偵43話

対照的に、亜樹子が「超天才」と呼ぶ程頼りにしているのが、フィリップである。
フィリップもフィリップで、予測不能な亜樹子と言う存在に興味を持ち、早い段階で親しくなった。
先述の様に亜樹子の言動が解決の糸口になった際には、フィリップから「亜樹ちゃん、やっぱ君天才かも!」と言われるのがお決まり。
只、フィリップその人が食えない人物である為、流石の亜樹子も翻弄される事が多い。

しかしながら、会って数週間後には、フィリップから"家族の代わり"と認識される程溶け込んでおり、事務所の人間関係は円満だったと言えるだろう。
W変身時にフィリップの身体を回収する役目は殆ど亜樹子が担当している。

亜樹子が荘吉の死を知ったのは、劇場版『ビギンズナイト』で、TVシリーズの時間では第12話、第13話に当たる。
ショックも大きかったが、翔太郎たちと築いて来た信頼関係もあり、少しずつ受け入れていった。

サイクロンジョーカーエクストリーム!
無題



照井竜

彼は風都警察署に配属された刑事であり、仮面ライダーアクセルとしての顔を持つ。
当初は仮面ライダーWといがみ合っていたが、幾度かの事件を経て仲間となり、鳴海探偵事務所に出入りする様になった。

照井は亜樹子のことを「所長」と呼ぶ唯一の人間である。
翔太郎の様にあしらうでも、フィリップの様に翻弄するでも無く、クールにエスコートする。そんな照井を亜樹子は「竜君」と呼んで慕っている。
そうで無くても照井は女性全般に紳士的なのだが、共に多くの事件を乗り越えたのが縁となったのか、劇場版『AtoZ/運命のガイアメモリ』では一緒に花火大会へ行く約束をするまでに親しくなっている。

この2人のカップリングは、ファンの間では「てりやき」と呼ばれている。

2010年12月18日から公開された『仮面ライダー オーズ&ダブル featスカル MOVIE大戦CORE』で本当に結婚し正真正銘の公式カップリング、もとい夫婦となった。

……のだが、放送終了後に展開されたVシネマ『仮面ライダーW RETURNS』の一編『仮面ライダーアクセル』にて早速離婚の危機に陥っている。
なお、この『仮面ライダーアクセル』より名字が照井姓に変わりクレジットが照井亜樹子表記になった。只「“鳴海”探偵事務所の」所長をしている事もあり、探偵業の仕事上では「鳴海亜樹子」のままで通している(『風都探偵』より)。

因みに上述の照井からの「所長」呼ばわりは結婚してからの夫婦生活でも変わっておらず(但し夫婦仲は円満その物)、結婚後の初めのころは「亜樹子」と名前で呼んで貰えない事で不満や不安を募らせており、そこら辺がVシネ『アクセル』で火種の1つになっていくのだが……。

尚、後年、照井が『仮面ライダードライブ』の外伝Vシネマ『ドライブサーガ 仮面ライダーチェイサー』で泊進ノ介達と出会う頃には、照井との間に娘の春奈が生まれており、順調に母親として育児にも勤しんでいる模様である。
料理の方面でちょっと不安が残るが…
照井パパがんばれ、超がんばれ。

ときめ

TV本編終了後の正統続編コミック『風都探偵』から加わった探偵事務所の新しいメンバー。
第1集『tに気をつけろ』事件で翔太郎が関わり合いになり、事件終了後、記憶喪失という事情を鑑み、担当刑事である照井竜の判断で身柄が探偵事務所預かりとなってから、翔太郎の探偵助手として事務所で正式に雇用(給料や休暇もちゃんと出している)。
亜樹子との仲は若い女性同士ということもあり良好。また、翔太郎・フィリップ・照井といった一癖も二癖もある仲間たちの仲を本編から取り持ってきた事務所のオカンとして、ときめと仲間たちの間のぎこちない部分や仕事についても的確にサポートやメンタルケアなどしており、ときめからも「所長さん」として信頼を得ている。
探偵仕事用として渡した「ひみつ手帳」には、事務所のメンバーとして知っておくべき、Wやアクセルに関する情報を亜樹子なりにまとめて書き込んである(ただしあくまで「亜樹子なりに」なので、あらかじめ読んだ手帳の情報と実情のギャップにときめが困惑することも)。
『tに気をつけろ』事件から翔太郎がときめに惹かれ、ときめも翔太郎のことを憎からず思っていることから、二人の絆が深まり恋仲として進展するよう陰でちょこちょこ応援している模様。

本編後の出番(客演)

ガールズリミックス

「ココにも検索する人いた~!しかも情報が早くて正確…ウチの探偵事務所にも欲しいわぁ…!」
意外な事に事実上の初客演。この客演まで、Vシネマを除く本編後の山本女史の出演は『天下分け目の戦国MOVIE大合戦』で「亜樹子にそっくりなだけの別人」であるチャチャとしての出演のみだった。

一応、今回までで『風都探偵』や『memory of heroez』で亜樹子の出番自体はあったが声無しだったり別のキャストが担当していた為、亜樹子本人としては11年ぶりとなる。因みに、夫である照井は『The_Mystery』の方に登場した為、夫婦揃って『リバイス』の登場を果たした事になる。なお、今作は時系列上『The_Mystery』よりも後のためさくらが兄たちを助けてもらった礼を亜樹子にする場面もある。以前よりは落ち着いたとはいえお茶を服に溢したりとちょこちょこドジな性分は健在。

星の本棚のようなワード検索抜きでもヒューマギアの機能で即座に照井が仮面ライダーアクセルだと見抜いたイズには舌を巻いて驚いていた。

今回は登場人物の中では唯一の非戦闘員だが、巷で噂となっている電波人間の手掛かりを掴むべく衛生省飛電インテリジェンスソードオブロゴス、ウィークエンドとそれぞれ仮面ライダーに変身できる面々を独力で集める重要な役割を果たしている(言及はないが一応翔太郎やフィリップの力も借りたとは思われる)。

しかし、偶然とはいえ家族がほとんどおらず悪魔教に利用されていた過去のある花に対して家族構成を聞いてしまったりとさくらに止められる場面もあったが…?(以下、ネタバレ注意!)
























実は、花に対してデリカシーのない質問をしていた亜樹子は亜樹子本人ではなく花をブラックサタンへと引き込もうとしていた女怪人「ミスタイタン」。服を汚してしまいしあわせ湯の風呂場を借りた本物の亜樹子と入れ替わる形で花を誘い込もうとしていたのだ(ただ、本物の亜樹子が溢していたお茶がタイタンの化けた偽物のだけ服が綺麗なままなことを玲花にバレてしまい、結局花を引き込むことは叶わなかった)。

なお、仮面ライダーの面々を集めたのはちゃんと本物の亜樹子その人であり、本人はお風呂を借りたタイミングでのぼせてダウンしていたらしい。

「風…フィリップくんかなあ...??」

余談

  • 上述した通り、作中の亜樹子は20歳ながら翔太郎に「女子中学生」と言われる容姿と言動だが、演じた山本ひかる女史は放送開始当時18歳。
    • 山本女史は大阪出身であり、時折発したり、前述の夢の世界で話したりした大阪弁はネイティブのものである。



関連タグ

仮面ライダーW 鳴海探偵事務所
所長 たこ焼き てりやき

光夏海鳴海亜樹子泉比奈

関連記事

親記事

鳴海探偵事務所 なるみたんていじむしょ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「鳴海亜樹子」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「鳴海亜樹子」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1941532

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました