ピクシブ百科事典

ジーン・ドーパント

じーんどーぱんと

ジーン・ドーパントとは、仮面ライダーW第39-40話に登場したドーパントである。
目次[非表示]

「彼方へ・・・私の道を切り開く。」

概要

映画館Tジョイ風都のスタッフ・川相透がジーンメモリを左手の甲に挿して変身したドーパント。後述の能力を使い自分1人で作った映画を勝手に延々と長時間(7時間以上)流し、客を閉じ込め上映が終わるまで帰さないなど非常に迷惑な行為を行った。
遺伝子操作に長けた特殊能力を持ち、コイル状の右手で対象物の遺伝子組み換えを行い全く別の物体に変化させてしまう。仮面ライダーダブル戦では右腕を縫い包みに変えてしまった(ルナメモリで元通りになった)。
しかしそれ以外戦闘力は皆無で、結局敗れてメモリを排出。メモリは鳴海亜樹子に没収された(その時メモリを破壊してしまえばよかったのだが何故かそれをしなかった)。

外見

エンドウ豆を模した頭部を持ち、螺旋の模様をした身体をしている。いかにも弱そうである。

備考

W劇場版第2作「運命のガイアメモリ」にもT2ジーンメモリとしてメモリのみ登場した。
声と人間態を演じた川野直輝氏は獣拳戦隊ゲキレンジャーのロン/無限龍でも知られている。

関連タグ

仮面ライダーW ドーパント クレイドール・ドーパント

pixivに投稿された作品 pixivで「ジーン・ドーパント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1445

コメント