ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

T2ガイアメモリ

たいぷつーがいあめもり

映画『仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』に登場する新型ガイアメモリ。
目次 [非表示]

翔太郎「俺たちのメモリとそっくりだ…」


概要

財団Xが開発した最新型ガイアメモリで「T2」とは「Type2」の略であり、ティーツーと略して呼称される。

元々はかつてミュージアムある人物が構想していた物をスポンサー特権で得たデータから勝手に完成させたものである。

 

従来のガイアメモリは同じアルファベットでも複数種が存在(例えばAならアクセルアノマロカリスアームズ等)ので膨大な本数になっていたが、こちらはアルファベット一文字につき1本なので全部で26本。

 

化石のような外装だったプロダクションモデル(ドーパントメモリ)に対してT2メモリはダブルアクセルの使用する次世代型メモリと同型。

外観上の違いは、シュラウド製は端子が金または銀でスイッチが銀色なのに対し、T2は端子は青みがかっており、スイッチはそれぞれのメモリの色のメタリックとなっている(ブラックのT2ジョーカーであればメタリックブラック)。


T2ガイアメモリは映画のサブタイトル通りに適合者とそれこそ運命の如く強く惹かれ合う性質を持っており、劇中ではNEVERの面々や翔太郎がそれぞれのメモリと運命的な出会いを果たす。

この性質を利用し、事前に自分の運命のメモリがエターナルであると知っていた大道克己は敢えてエターナルしか強奪せず散らばらせ、宝探しと称して仲間が自分に最も合ったメモリを見つけ出すように仕向けている。

 

一方で適合者と惹かれ合った結果、勝手に体内に侵入してドーパント化させたり、変身したいという衝動を抑えられなくさせるといった危険性も有している。

これでは惹かれ合うというより「メモリに乗っ取られる」という方が合っている感じさえするが、NEVERのメンバーは適合率の高さや元々の体質もあってか自我を保って使いこなしている。

また、勝手に侵入する性質を利用し、「メモリを空中に放り投げ、自動的に自身に挿入」という方法でドーパントに変身している。

 

互いに引かれ合う特性とドーパントとしての強さが一致するとは限らず、自身の能力を理解し戦略的に運用することが多かった従来の使用者に比べ、単純に暴れるだけで能力を使いこなせていないケースも多い。

本編では非常に強力なドーパントだったウェザーも一般人が変身したT2は多彩な気象能力を使いこなせておらず、呆気なく撃破されている。従来の使用者であった井坂深紅郎はメモリの研究に余念がない上に他のメモリを取り込んだドーピングも行っていたが、当然ながらそうしたメモリ本来の能力以外の強さも反映されない。


次世代メモリというのは伊達ではなく、旧来のガイアメモリではメモリを使うために必要なコネクタ手術をしなくても使用でき、またライダー達が使っているロストドライバーなどの第二世代型ドライバーでも使用できる。ガイアドライバーで使用できるかは不明だが、生体コネクタを通して使う事もできるのでおそらく可能と思われる。

ベルトに対応するためマキシマムドライブも使用でき、従来のドーパントメモリに比べ非常に高い拡張性を持つ。

さらに、従来のメモリに対しメモリブレイクできるマキシマムドライブでT2ドーパントを撃破したとしてもメモリブレイクされることはなく、そのまま排出される。変身者へのダメージはあるが、メモリそのものはすぐに使用することが可能。


単純にミュージアムやシュラウドの同じメモリに比べ変身後のスペックも向上するとされているが、ガイアメモリはスペック数値よりも使用者との適合率や能力理解度の方が重要になる性質を持つため、その点においては目立った強化にはなっていない。

しかし、こうした数々の特性により、総合的に従来型を大きく上回っている。


T2エターナルメモリ

T2の中でも中核となる特別なガイアメモリ。

やがて「全てのガイアメモリの頂点に立つ」メモリとしてT2より先行した試作品としてT1エターナルメモリと複製ロストドライバーが作られていた。

しかし、別件が切っ掛けで克己とエターナルメモリが出会ってしまい、本来の財団の想定スペックを上回る仮面ライダーエターナルに覚醒。試作品はスペックの超越に耐えられず壊れてしまうが、ロストドライバーはそのまま克己の手に渡り、後のT2強奪事件に繋がる。


その特性はT2以前のガイアメモリは起動できなくなるという、スポンサー特権としても度を越した恐ろしい完全上位互換である。

T2エターナルメモリが破壊されない限り永遠に効力が続いて二度と使えず、仮面ライダーはもちろんのこと、本編ラスボスを含む全てのドーパントも完封する、まさしくガイアメモリの頂点である。


加えて、克己との適合率の高さから発現した新たな能力としてマキシマムスロットが26本に増加しており、全てのT2ガイアメモリを同時マキシマムドライブさせるという常識外れの能力まで獲得している。


劇中での活躍

映画冒頭で財団Xによって本部にヘリコプターで輸送される途中、傭兵部隊・NEVER大道克己によって襲撃を受け、エターナルメモリが強奪される。

残りのメモリまで強奪されることを阻止するためにヘリが自爆し、25本のメモリは風都中に散らばったが、結果的にはこれも克己が仲間の運命のメモリを宝探しさせるための計画通りであった。


ばらまかれたメモリは多数の一般人を強制変身させ、風都のあちこちでドーパントが同時多発的に出現する事態が発生。

この際、本来は市販されていないメモリ=再登場するはずがないウェザーナスカが出現したこともあり、仮面ライダー達を困惑させている。


また、上述の勝手に変身させる特性により、サンタちゃんウォッチャマンが何も分からないままドーパント化し、クイーンもT2クイーンメモリを使用しかけたが、未遂に終わった。

その他、AKB48所属役者の演じるキャラがAとKとBのメモリを拾うという役者ネタとしての運命のメモリも(なお、Aはアクセルなのだが選ばれたのは照井竜ではなかった。そのためT2アクセルメモリは照井を選ばずJKにホイホイついていったとか不名誉なことをネット上で言われる羽目に)。


NEVERの宝探しと並行し、その他のメモリを発見させるために翔太郎達を騙した依頼によりメモリの捜索が実施され、紆余曲折を経てほぼ全てがNEVERの手元にわたる。

しかし、数えてみると25本しか無く、最後の1本を探させるために「見つけた市民に10億円払う」ことを宣言、これにより市民達が大混乱に陥る。もっとも、市民が持ってくるのはミュージアム製のメモリばかり(なお、風都ではメモリ犯罪の多さから所持自体が違法なのだが……)であった。

最終的に最後の1本思いがけない場所からまさしく運命の切札として発見される。

なお、これにより翔太郎が最後の1本を届けたことになったが、もともと10億払う気は無かった。


仮面ライダージョーカーが倒されたことで全てがNEVERの手に渡るが、この際にフィリップが装置「エクスビッカー」を逆流させエターナルの能力を封じ込めたことで、従来型のメモリの機能が復活。

死闘の末にたまたま風が吹いた奇跡により限界を超えたマキシマムドライブを受け、T2メモリもとうとうメモリブレイクされ失われた(直接的に割れる瞬間が描かれたのはエターナルのみだが)。


T2ガイアメモリ一覧

※作中にライダーやドーパント態が登場したメモリにはリンクを付けた。



T2ガイアメモリの能力

ここでは、T2ガイアメモリとして初登場したメモリの能力について解説する。なお、能力の詳細は「愛蔵版 仮面ライダーW超全集」にて判明したもの。


  • キーメモリ

「鍵の記憶」を有している為、施錠の他、「キー」という言葉が重要という意味を持つので対象物を探知する能力を持つ。

プロダクションモデル(ミュージアムが流通させている一般のもの)は本編で度々モブとして登場している。


  • オーシャンメモリ

「大洋の記憶」から水の弾丸の発射や液状化といった能力を引き出す。

プロダクションモデルが本編最終話で登場している。


  • クイーンメモリ

バリアを発生させる能力を持つ。女王を守る城塞をイメージした能力なのであろうか?

クイーンの手に渡り本人の意思ではなく、メモリ自体が無理やり挿入させようとした。

プロダクションモデルが「コンプリートセレクション」にラインナップされている。


  • ロケットメモリ

ロケットのように空や宇宙に飛び立つ…のではなく、その原点となったミサイルの発射を行う。

プロダクションモデルが「コンプリートセレクション」にラインナップされている。


  • ユニコーンメモリ

螺旋の力を付与し、パンチ力の強化を行う。

プロダクションモデルがVシネマ、風都探偵にも登場した。


関連タグ

仮面ライダーW AtoZ/運命のガイアメモリ ガイアメモリ AtoZ


財団X ミュージアム(仮面ライダーW)

関連記事

親記事

ガイアメモリ がいあめもり

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42312

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました