ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

仮面ライダーW』の登場人物、照井竜仮面ライダーアクセルへ変身する際に使用する変身ベルト。
アクセルメモリの能力を最大限に発揮することに特化しているため開発に時間がかかっており、シュラウドが照井に渡したのはエンジンブレードより後だった。

オートバイハンドルタコメーターを模した形をしており、ダブルドライバーともガイアドライバーとも全く異なる独自のデザインをしている。
メモリスロットは中央に位置し、ここにアクセルメモリを上から装填して右手側のパワースロットルをひねることで装着者をアクセルに変身させる。
このパワースロットルは、変身した状態でひねることでメモリのパワーを上昇させ、バイクフォームではハンドルの役割を果たす。
また、左手側のマキシマムクラッチレバーを引いてからパワースロットルをひねることでマキシマムドライブを発動する。

システムとしては単独のメモリの力を引き出すロストドライバーをさらにアクセルメモリ専用に特化させたドライバーであり、アクセルメモリやその適合者である照井の使用が前提の為に他のメモリには一切対応していない。
複数のメモリの組み合わせによる汎用性が売りのダブルドライバーとは真逆の発想で作られた一点特化型のドライバーである。

この為、劇中で装填されたメモリはアクセルとそれに対応したトライアル・エンジンのみだが、玩具ではもちろん他のメモリにも対応している(ただし、ダブルドライバーに合わせた構造の関係上スロットルを捻ったままにしていないとダブルドライバーを閉じた扱いになってしまい変身メロディが止まってしまう)。
また、半クラッチにするとメモリを抜いた扱いになる。これを利用するとメモリを装填したまま変身待機音をもう一度鳴らす事ができる。

隠された用途

実はこのドライバーを作った開発者のシュラウドの真意は、照井と最も適合率の高いアクセルメモリの力を最大限に引き出すことで照井をフィリップとのエクストリーム化が可能な領域まで強化することである。そして最終的には照井とフィリップで究極のWを完成させることだった。
アクセルドライバーとアクセルはあくまでも究極のWを完成させる為の強化アイテムのようなものであり、いわば"つなぎ"に過ぎなかったのだが照井は自分が究極のWになることを拒否して、本編後も引き続き仮面ライダーアクセルとして活動を続けている。

関連タグ

仮面ライダーW
仮面ライダーアクセル アクセルトライアル アクセルブースター

変身ベルト
ガイアドライバー ダブルドライバー ロストドライバー
ガイアドライバーrex

ガイアメモリ
エンジンブレード

関連記事

親記事

仮面ライダーアクセル かめんらいだーあくせる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アクセルドライバー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15456

コメント