ピクシブ百科事典

サイクロンアクセルエクストリーム

さいくろんあくせるえくすとりーむ

「仮面ライダーW」に登場する仮面ライダーの形態の一つである。
目次[非表示]

フィリップ照井「「俺たちはW…サイクロンアクセルエクストリーム…!」」

概要

フィリップ照井竜が変身した「究極のダブル」。
シュラウドテラー・ドーパント打倒のため構想していた本来の究極のWの姿だった。

その強さの根源は「憎しみ」にあるとされ、「完全な戦闘マシーン」となってしまう。
だがダブルの力が最大まで引き出される他、二人が生まれながら持っている精神干渉攻撃への耐性も相まってテラー・ドーパントに対しては凄まじい力を発揮するとシュラウドからも予想されていた。
しかし照井が拒否し、フィリップが最終的に翔太郎の弱さも受け入れて彼と究極のWに至ったために、劇中では結局は実現せずに幻のフォームとなった。しかしゲームやS.H.FiguartsS.I.Cなどでは登場している。

究極のWとして

上記の通りダブルのスペックが極限まで引き出されることはもちろん精神干渉波に耐性のある2人で変身するため、理論上はテラーを初めとした精神干渉波能力のドーパントの力を完全に抑えられるまさに最強のWである。
しかし園咲琉兵衛は最初からエクストリームの完成も計画に含んでおり、そのために仮面ライダーやシュラウドを泳がせていた為、本当にこのサイクロンアクセルエクストリームの力だけで琉兵衛達に勝てたのかは疑問である。
実際に正統続編の風都探偵では裏風都のメンバー達がこのことを言及しており、「それだけではミュージアムに勝てたとは思えない」「ダブルは翔太郎とのサイクロンジョーカーが基本形態だからこそ究極を超えた領域まで到達できた」と結論付けている。
この分析を踏まえてもやはり同フォームだけではミュージアムに対応するのは難しかったと思われる。また仮にミュージアムは何とかできたとしても風都を襲った最大の脅威に対しては同フォームだけでは到底敵わず、最終的に風都を滅ぼされていた可能性が高い。(彼らの襲来はシュラウドを含めて敵、味方ほぼ全てのキャラにとって完全に想定外だったため仕方がないのだが)

ゲーム作品

仮面ライダー クライマックスヒーローズ オーズ」にプレイヤーキャラクターとして登場。
右手にエンジンブレード、左手にプリズムビッカー(盾状態)を装備し、超必殺技やフォームチェンジは使えないが、攻撃力・体力共に高めに設定されており、非常に強力なキャラクターに仕上がっている。

余談

ジョーカーはトランプの切り札をモデルとしているが、エースもトランプの切り札を指す言葉である。こうして考えるとエクストリームの素材にAかJを頭文字に冠したメモリが必要となるのは中々考えられた設定と言える。

関連イラスト

いたりあ
仮面ライダージョーカー&サイクロンアクセルエクストリーム



関連タグ

仮面ライダーW
フィリップ(仮面ライダーW) 照井竜 シュラウド
仮面ライダーダブル 仮面ライダーアクセル サイクロンジョーカーエクストリーム

イタリアのカラーリングが国旗と同じ。
サイクロンスカル:同じくシュラウドが想定していた本来のW。こちらは鳴海荘吉とフィリップでWになっていた場合の基本フォームである。

関連記事

親記事

サイクロンジョーカーエクストリーム さいくろんじょーかーえくすとりーむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サイクロンアクセルエクストリーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31672

コメント