ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

仮面ライダーW』に登場するガイアメモリの1つで、仮面ライダーW最終フォームであるサイクロンジョーカーエクストリームに強化変身するために必要なキーアイテムである。
登場してから終盤に至るまで、ストーリーの重要な局面に関わるキーアイテムとして大きな役割を果たした。

ファングメモリと同様「ライブモード」を持つ自立行動型ガイアメモリであり、黒い鳥のような姿を持つ。そして必要に応じてWのもとに自動的に飛んでくる。
通常のメモリとは異なり地球の記憶を内包しておらず、他のメモリを取り込み強化する上に地球の記憶と直接データリンクするという機能を持つ。
その機能を使って使用者を地球の記憶と直結させて膨大なエネルギーと知識を与えて強化するというエクストリーム化させる能力を持っているが、対象者がエクストリームのその力を完全に制御できる領域に達していなければ変身はできない。

もう1つ重要な特殊機能として、フィリップの肉体をデータ化して取り込むというものがある。
内部はガイアスペースと呼ばれる特殊な電子空間となっており、ここは地球の記憶と直結した空間で、ここでフィリップの体を保護してダメージを回復できる他、ここから現実世界を覗くこともできる。
シュラウドが内部に入り込んでいたこともあるが、どういう仕組みで入っていたのかは不明。(何らかの手段で精神体となっていたか、あるいは既に精神体の類の存在であった可能性もある)
またこの仕組みを応用して、フィリップの緊急時の移動手段に利用することも可能である(第44話、『風都探偵』等)。

Wをエクストリームに強化変身させる時は、この能力を使ってメモリの中に一度フィリップを回収することで、フィリップとボディ担当の相棒を身も心も完全に融合させて変身させることができる。(このためエクストリームへの強化変身は両者の力や精神状態が完全に調和して均衡を保った状態でなければ安定しない)

この状態でダブルドライバーにセットし(これも自動的にセットされる)、展開することでダブルをサイクロンジョーカーエクストリームに強化変身させのである。
変身後の状態でメモリを閉じ再度展開させることでマキシマムドライブを発動できる。

単体でもファングと同等以上の戦闘力を有しており、劇中ではウェザー・ドーパントの竜巻をはね返して牽制する、クレイドールエクストリームの隙を付いて事実上のトドメを刺す等の活躍も見せた。

最終決戦後にフィリップと共に消滅したが、後に地球の記憶の全てを取り込み、地球の巫女となっていた若菜自身の体を使って復元され、内部のガイアスペースで前述の特殊機能を使って約一年の時間をかけてフィリップの体を再構成して復活させた。
また上記の通り内部のガイアスペースは地球の記憶と直結した空間である為、フィリップはこの場所で地球の記憶と一体化した園咲家の家族達と再会して、かつての優しい家族に戻った彼らと和解し、彼らに風都を託されて送り出された。

T2エクストリームメモリ

【XTREME】


「劇場版 仮面ライダーW AtoZ/運命のガイアメモリ」に登場。
他のT2ガイアメモリと同形状のUSBメモリ型で、前述の特殊機能も有していない。
他のメモリと同じく仮面ライダーエターナルが持つマキシマムスロットに挿し込まれてマキシマムドライブが発動されている。
Wの使うものと同等である場合、特定の記憶を持たないメモリなのだが、描写から他の25個のメモリのエネルギーをエクストリーム化で強化・増幅できる模様。
また、このメモリ単体でライダーやドーパントに変身可能なのかは不明である。

主な形態

ダブルドライバー


余談

エナジー・ドーパントに翼を傷つけられるもその後自己修復したと思われる節がある等、エクストリーム自身も一種のデータ生命体のような存在と思われる。

また、アルファベット表記は"EXTREME"ではなく"XTREME"に改字されており、公式媒体で登場したガイアメモリの中では唯一イニシャルがXのメモリである。
他にXから始まる英単語としては「XANADU(桃源郷)」「XYLOPHONE(木琴)」「XUANWU(玄武)」等がある。

なお、ライブモードが鳥型のためか一部のファンから、『エクス鳥ームメモリ』と呼ばれることも。

関連タグ

仮面ライダーW 仮面ライダーダブル
サイクロンジョーカーエクストリーム サイクロンジョーカーゴールドエクストリーム サイクロンアクセルエクストリーム
ガイアメモリ

関連記事

親記事

サイクロンジョーカーエクストリーム さいくろんじょーかーえくすとりーむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エクストリームメモリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26656

コメント