ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ジョーカー!!

概要

仮面ライダーWの「サイクロンジョーカー」を始めとする各種形態へ変身させる、「切り札の記憶」を宿した黒いガイアメモリ
ジョーカー本来の意味は「ひょうきん者」「道化師」だが、トランプにおける活躍から「切り札」と比喩される事が多いため(ちなみに切り札の意味があるのは「トランプ」の方である)。

左翔太郎が所持している物は次世代型のガイアメモリの内、「ボディメモリ」と呼ばれるメモリであり、Wの肉体とバトルスタイルを形成する。
また、翔太郎との適合率が最も高いメモリでもある。

内包した「切り札の記憶」は、使用者の身体能力や潜在能力を極限まで引き出す性質があり、この特性によって翔太郎の格闘技術や運動能力が最大限に高められているため、正攻法の格闘戦ではかなり強い。

専用武器は持たないものの、基本的にはどのメモリと組み合わせてもそれなりの相性を発揮可能であり、さながらトランプのワイルドカードの様な性質を持つ。

事実サイクロンジョーカーファングジョーカーは言うまでもなく、ルナジョーカーは伸縮自在の身体で小回りが利き、ヒートジョーカーは闘争本能を高めるヒートと近接格闘の組み合わせの相性の良さでパンチ力が上がっている。


それに加えて、正統続編「風都探偵」では使用者の感情が放つエネルギーにより性能の上限を超えた力が発揮できるという特性も判明している。
フィリップの成長によりW本編中に発生した「ソウルサイドの能力急成長」により、ボディサイド担当の翔太郎が一時期ついていけなくなりかけた際、それに根性ひとつで食らいついてその差を埋めることに成功し、バランスを取り戻してサイクロンジョーカーエクストリームへの進化を果たしている。

更にフィリップとの別れの後、翔太郎が仮面ライダージョーカー(スペックだけでならサイクロンジョーカーの約半分)としてガイアメモリ1本で1年間戦い抜けたのも、『使い手の心の強さに応えて力を発揮する』このメモリの性質を鑑みれば納得である。

ただし、逆に言えば使用者の感情に左右されやすいということでもあるため、感情が落ち込む、戦意を折られる等の精神が不安定な状況では、急激に弱体化するという側面も併せ持つ。
実際作中でも、推理が大外れして混乱した1年前に死んだはずの師匠に襲われた精神攻撃で恐怖に苛まれた際等には劣勢に陥っていた。

この特性がTV本編放送時から設定されていたのかは不明だが、ここまで挙げてきた本編描写との辻褄の合い具合、かつ説得力のある設定からファンからは高い評価を得ている。

これらの性質から『風都探偵』にて翔太郎は「こいつは時には俺の運命を狂わせ、時に切り札として俺を救う。まさにトランプのJOKERのような二面性を持ったメモリだ」と評している。

T2ジョーカーメモリ

劇場版『AtoZ/運命のガイアメモリ』に登場。財団Xが開発した26の最新型ガイアメモリ「T2ガイアメモリ」の1つ。
仮面ライダーエターナルによって旧型ガイアメモリが機能停止状態に陥り、さらにフィリップもNEVERに拐われてしまう中、翔太郎が手に入れたT2ガイアメモリの最後の1本。

翔太郎やNEVERが血眼になって探していたのだが、実は既に映画の物語冒頭で事務所の屋根を突き破り、一番引き合った翔太郎のもとに―――彼のデスクのすぐそばへ落下していたのだった(物語冒頭の、事務所の天井を見て雨漏りを気にするシーンでできていた穴は、T2ジョーカーメモリによるものと思われる)。

最終的に、ゾーンメモリによってエターナルのマキシマムスロットに装填され、エターナルメモリを含めた他のT2ガイアメモリと同じ運命を辿る。

主な形態

ダブルドライバー


ロストドライバー


ファイナルフォームライド


関連タグ

仮面ライダーW 仮面ライダーダブル 左翔太郎 ガイアメモリ
AtoZ/運命のガイアメモリ 切り札














ネタバレ注意























ジョーカーメモリ(風都探偵
『風都探偵』に登場するときめが持っていたガイアメモリ。翔太郎が持つ次世代型と異なり、ドーパントの使う化石型である。

当初は中破していたため正体不明であったが、検証の為の修復中、翔太郎のジョーカーメモリと共鳴反応を示したことで判明した。

ただし修復後確認のために起動した際にはときめの体に生体コネクタの反応が出ず、少なくとも体に直接挿して使用したものではないことが判明している。

関連記事

親記事

仮面ライダージョーカー かめんらいだーじょーかー

pixivに投稿された作品 pixivで「ジョーカーメモリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4317

コメント