ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

万灯雪侍

ばんどうゆきじ

仮面ライダーW続編、「風都探偵」に関する裏風都の住人の1人にして、オーロラ・ドーパントの正体である謎の青年。
目次 [非表示]

「私の場合はね、そうは言わない。“入って来る”んじゃないんだよ」

「……“降って来る”のさ」


CV:小野大輔

演:君沢ユウキ(舞台『風都探偵』)


概要

漫画『風都探偵』に登場するメインキャラクターの1人。

異空間裏風都を拠点とし、ガイアメモリを用いて暗躍する謎の勢力『街』のリーダー格であり、自らもオーロラ・ドーパントへと変身する謎多き男性。自称「上流階級の上層市民」「天使」。


『裏風都』を「選ばれし優れた人間だけが住める街」と称し、その「優れた人間」とはガイアメモリに呼応し、秘めたる超常の力を引き出したハイドープを指すようだ。

メガネウラ・ドーパントを始め、只のドーパントに止まらない進化をしている者を『街』へと勧誘すべく彼に接触する、進化を遂げた者に対しての援助などを行っているが、その目的や正体についてはいまだ謎に包まれている。


また本作のヒロインである謎多き女性、ときめの謎を握る重要人物でもある。


容姿

藤色の長髪に虹色のメッシュを入れており、その部分を編んで金のリングで留めていると、特徴的な容姿をしている。

長身かつ眉目秀麗な若い男で、服装は常に白いスーツ。


人物

一人称は「私」。

基本的な言葉遣いは穏やかで紳士然とした好人物。

それでいて高いカリスマ性を以て『街』の住民を纏めあげている。部下からは老若男女を問わず慕われているようで、とりわけ準幹部の二階堂守は彼に心酔している。


ハイドープである前提条件は付くが、接触した相手がどのような卑劣漢であろうとも、穏やかな態度を変えない。

相手の投げかけた言葉を「そうは言わない」と、やんわりとした口調で否定した後、彼の思う表現に直して伝える口癖がある(本項目冒頭の台詞は、いつの間にか部屋の中に出現していた彼に対する美原睦夫の反応への返答)。


ただし、接触したものの見込み違いだった者や、大きな失態を犯した者については、あからさまに見下した態度で「クズ」や「ブザマ」となじる場面も見られる。

また『裏風都』建造の際、使役した多量のロード・ドーパント達が喰らったであろう数多くの犠牲者についても「理想の世界を築くための『美しい犠牲』」と称したり、自身と関わりを持ったドーパント達が敗れた際は「後始末」「君たちの街に申し訳ない」と称して変身者を始末する等々、本性は極めて冷酷である。


その様はフィリップをして「正真正銘の『悪魔』、そのものだ」と断言させたが、本人は「私は『悪魔』ではなく『天使』なんだ」と返していた。

恐らくフィリップが『悪魔』と呼ばれた過去への皮肉と推測され、この点からフィリップや『ミュージアム』の詳しい情報を得ている事実をうかがわせる(もっとも、神に従い神の意に叛く存在 や、神の威光を貶める存在 を無慈悲に駆逐していく天使も存在する以上、上記の傲慢なままに他者を選別する万灯の姿は、悪い意味で『天使』と呼ぶのに相応しいのも事実であろう)。


組織の運営者としては、人員に対して非常に寛容。

「好きにさせた方が、才能が弾ける人間というのもいる」を基本スタンスに、各配下の行動理念等にほとんど口出しはせず、よほど下手を打たない限りは多額の資金等で援助しつつ見守るに留めている。側近として従える五条一葉/スクリーム・ドーパントの扱いはその顕著な例であり、彼女の趣味である猟奇殺人はお目付役を付けつつも黙認している。


一方で仮面ライダー達に関しては「立場こそ違えど、ハイドープに限りなく近い超人」と最大限に評価しており、それ故に可能な限り接触を避けるのを基本方針とする等、『街』最大のリスクとして捉えている様子。


ある事情から、不本意にも彼らに協力を求めざるを得ない事態となった際も、有事を想定して2人の最高戦力を忍ばせていたり、翔太郎らに提供した資料には自分達の不利になる情報は一切載せず、自ら「国家間の文書」と評される程に徹底して隙を見せない。

その割には自身の名をあっさりと明かし、フィリップに対し「後で検索してみたまえ。まあ、すぐに落胆するだろうが。」とも断言して退けたが……?。


深層心理

物腰こそ穏やかながらも、最奥は極端なまでの完璧主義者であり、既出の言動に反比例して器量そのものはとても小さい

上記の通り、自陣の者に対しては非常に寛容に見える一方で、万が一失態・敗北を犯した=1つでも傷が付いた者は掌返しで見限り、でき得る限り早く処分しないと気が済まない。


挑発までしに来た裏切り者への怒りと嫌悪は妥当ではあるが、支援しておきながら「見込み違い」としてメガネウラを消し、敗北するや叛意は無かった一葉にも処分の刺客を差し向け、自分自身も同行する様がそれを如実に示している。


無論、機密保持の観点では間違っていないものの、重用していた幹部でさえ強引に処する姿は、慢性的に人員が不足している組織の現状を併せれば、逆に合理性を欠いた行動なのは明白である。

更に、上記の一葉の始末の意図には「裏風都の『守護神』を復活させる」起爆剤としての意味合いもあったのだが、それで幹部格をもう1人失う結果になっても気にもかけない等、最早「組織など二の次」とばかりな行動すら見せている。


また、そのような苛烈な面を見せながらも、同じように失敗したパズルオウル等の自身や裏風都、ガイアメモリに異常に狂信・心酔する者達の処分は保留しており、これらの相反する両面から “カルト教団教祖” じみた空気を感じさせる。


結局、万灯にとって最重要なのは『ハイドープの素質』以上に『 "自分の理想" に叶うか否か』のようであり、新入り故にニュートラルな視線を持つヒカルはその矛盾を早々に悟り、彼への信用を無くし始めている。


ドーパント能力

通常のドーパントや旧組織のミュージアムの幹部ドーパントとも異なり、新型のドライバーガイアドライバーrexを用いてオーロラ・ドーパントへと変貌する。

また、劇中での証言やアニメ版の描写から、オーロラメモリはゴールドに位置するガイアメモリである様子。


明言こそないが彼自身も恐らくハイドープであり、閉ざされた空間や室内に忽然と現れる能力を持つ。彼はこの現象について、冒頭のセリフなどで「降ってくる」の表現を用いている。


ガイアメモリへの執着

人々がガイアメモリを求め、使用し続ける様に対して「これは完璧だからだ!」「何年経ってもこれ以上の発明品を人類は生み出せていないのさ」と誇らしげに語っている様子からも分かる通り、ガイアメモリに対する傾倒・心酔は並々ならぬものがある。

平成ライダー作品内で見ても『地球に存在しうる概念』と豊富なバリエーションに加え、よほど異常な使い方をしなければ、基本的に中毒以上のデメリットが生じない安全性(ただし、中毒性医薬品による治癒効用の減衰に加え、毎に危険過ぎる副作用がある 時点で安全性は皆無に等しいが)を兼ね備えるガイアメモリは、変身アイテムでは文句なしの性能を誇るのは間違いなく、少なくとも『兵器』或いは『凶器』としては、十二分以上の性能である実態はほぼ間違いない。


もっとも、オーメダルアストロスイッチ等の別作品のツールが、風都市内では大っぴらに流通していない事情もあるが、これらのツールは人が使用する上で、何かしらのツールを駆使する必要があったり、使用回数が一部例外を除いて設けられたりしている等、何かしら制限がある場合が多く、他の外部ツール無しに単品だけで完結するガイアメモリの方が万人の使用に向いているのもまた事実である。


ときめとの関係

記憶喪失になる以前からのときめを知っている節がある。

作中でのセリフも「私たちの街を出て行ってしまったのかい?」に代表されるように、ときめが本来「自分達の仲間である」と匂わせる発言が多い。

また、彼女が鳴海探偵事務所の一員として暮らしている現状を「奇妙な運命」と称し、以降も彼女に対し『運命』の形容を用いている。


第80話『fに感謝を/私は君を知っている』にて、遂にときめと直接接触した際は視力の良さや髪質、足指の特徴等の尋常な関係ではありえないレベルで身体の特徴を把握しており、その上で「君は私の一番の宝物だ。」と告げた。

そして、彼女を放置しているのは彼女の「何か」が熟する時を待っている、自身がときめから「ユキ」と呼ばれていた過去も明かしている。


また彼女が所持していた『破損したあるドーパントメモリ』のホログラムを観ているシーンも存在し、こちらとも縁が深いようだ。

秀夫からそのメモリについて話題を振られた際、「……ああ、私も愛しているよ。」「同時に憎らしくもあるがね……」と言及しているが……?


しかし、ときめが記憶を取り戻すも敵対関係が維持された状態に陥り、その現状を危惧する秀夫に対し、万灯は「本人がこの手に入りさえすれば味方にする方法ならいくらでもある」「投薬、洗脳、催眠…みんな君のお手の物だろう」と平然と断言しており、結局「宝物」と称賛するときめですら「自分だけのペット」のように見なしているのが実態であった。


余談

『街』の幹部陣の名前は日本の紙幣が元ネタとなっており、彼の場合、名前の由来は「一万円札」及び、描かれている「福沢諭吉」と思われる。


『街』については、園咲家が率いていたミュージアムよりも遥かに進んだ技術力を持っている点や、一部の進化したドーパント態を持つ人物が所属している以外は殆ど分かっておらず(少なくとも彼の言動から、なんちゃって後継者を名乗っていたグループとは違い、琉兵衛の関与はないものの規模等に限れば、正当なるミュージアムの後続組織であるのは確かな模様)、今後の動向が注目される。


演者の小野大輔氏は過去に仮面ライダー電王テディ以来の出演であるが、悪役を演じるのは初。ちなみに万灯は第7話(原作漫画における第3巻)にて『金森大介』の偽名で行動している。


舞台版で万灯を演じる君沢氏は、本編にて園咲霧彦/ナスカ・ドーパントを演じており、ファンからは「霧彦さんがナスカからオーロラに転身した」と話題になった。


関連タグ

風都探偵 裏風都 オーロラ・ドーパント


…………:傲慢さと狭量さから人材を使い潰し、組織を自滅に導いたヴィラン。万灯が現状のままであれば、こうなる可能性が極めて高い。







































































以下、ネタバレ注意!!

作中で断片的に明かされた彼の過去を記載していく。


まずフィリップが「地球の本棚」で彼の名を検索し、その結果、彼がかつて人材育成企業「カイ・オペレーションズ」のCEOだった事実が判明。

この会社は財団Xの母体の一部であり(上記の名前もカイ=χXの関連性をうかがわせる)、翻って彼もまた財団Xの元メンバーだった、ないしはその関係者であったと見て間違いない。

財団Xはミュージアムのスポンサーとして、ガイアメモリ開発に携わっていた組織であり、彼も「その折にガイアメモリの実態を知ったのだろう」とフィリップは推測した。


……しかし、会社を離れて以降の万灯の記録は地球の記憶に刻まれておらず、現在に至るまでほぼ白紙状態となっていた。この現象は彼が「地球ではない別の場所」……つまり『裏風都』で活動を始めたのが原因と推測されている。


また、中盤からときめが幻視する風都タワーが崩落する事件の記憶の中には、ときめの傍らに立つ万灯の姿があった。

本人も「大道克己というのは大変な男だった」「数多くの人間の運命を変えた。何を隠そう、私もその一人だ」と発言しており、この時の体験が彼に大きな影響を与えているのは間違いない。


また、秀夫の素性詳細を知っている描写がされた現状唯一の人物でもあり、彼に「子供扱い」をするよう指示されている実態を明かしている。





















更なるネタバレ注意!!

第144話にてときめとは血が繋がっており、双子の姉弟であると判明。更に元々は異国の果ての生体実験場で生まれ育っており、「非常に優れた遺伝子の持ち主を配合した結果生み出す子供」として作られたため、両親の顔すら知らずに育ったが財団Xが拾い上げカイ・オペレーションズのCEOを任されていた。その役目はガイアメモリの適性者の選出であり、それをよく思わなかったときめとは対立していた模様。本来の名前は不明。


そのような経緯もあってか財団Xには崇拝レベルの忠誠を捧げており、千葉秀夫の出自やガイアメモリへの深い造詣もこの時の地位や経験があったからと思われる。

実験という形で多くの犠牲を出すガイアメモリに傾倒する姿勢や歪な選民思想にはときめから反対されていたが、唯一の肉親で姉である彼女には執着心にも似た強い愛情を示しており、シャワー中に背後から抱き締めて驚かすなど何処か子どものような悪戯もしていた。


また現在の戸籍は財団Xによって与えられたものであるため、日本人ではない可能性がある。

自身の本来の名前ではなかったため、地球の本棚では調べられないと踏んでいた模様。


さらに、彼には腹違いの妹がおり、彼女の自分を慕う思いを利用して財団Xに入れた上で街を創造できるメモリを与えてドーパントに変身させ、裏風都を創造させたことが判明。同時に、ときめに対して自身の計画に協力するよう促すが、彼女は強い怒りを顕にし、雪侍に詰め寄ったり、妹を説得するも、聞き入れられなかった。


そんな中、風都NEVERが襲撃する事件が発生。そのリーダーが変身する仮面ライダーの能力(※)によって試作型ビゼルが機能停止し、風都に戻っていたときめと雪侍は裏風都に戻れなくなってしまう。更に最悪なことに、使用していたガイアドライバーが破損し、シティメモリが暴走を始める……。


※詳しくはこちらを参照。


その後、エターナルが倒されたことによって裏風都に入れるようになったため、ときめと共に再び訪れるも時既に遅く、シティ・ドーパント(=トワ)は暴走の限りを尽くしていた。体格は巨人のように大きくなり、頭部の天使像も苦悶の表情を浮かべたものに変化している他、理性を失い視界に入ったものを見境なく攻撃、破壊するようになってしまう。

更に能力の暴走によって裏風都は拡大し、あの禍々しい街並みが形成された他、風も吹かなくなり淀んだ空気が立ち込める現在と殆ど同じ姿となった。

それでも、雪侍は変わり果てた彼女を救うため、「オペレーションX」を当時の秘書だった出紋大騎に発動させるようときめに言い残し、オーロラ・ドーパントに変身。(この段階では旧式のガイアドライバーを使っていた。)マントで彼女を捕縛、裏風都に抑え込む。

その後、ときめとの連絡は取れない状態となっていたが……















ときめが秀夫と裏風都に戻るまでに(この間にビゼルは完成し、現在と同じタイプとなっていた。詳しくはこちらを参照)あの禍々しい街並みをほぼ完成させ改築、増強された裏風都タワー内でトワをドーパントのまま植物状態におき、その名の通り半永久的に封印する。


ガイアメモリが原因で起きたと呼べる一連の悲劇に、雪侍は後悔を見せるどころか「始動の日」や「運命」と計画の本格始動だと捉え、何処か恍惚とした表情を浮かべていた

但し、歪ながらトワに対しても肉親の情を持っていたのは確かであり、彼の顔を見た当時のときめは心が壊れてしまったと感じたらしい。実際、事件の経過を見守る時やビゼル停止時などでは今では考えられないような狼狽えた表情を浮かべていたが、これ以降はそういった人間らしい表情を見せることはほとんどなく、ほぼ常に不遜かつ穏やかで、凍りついたような笑みを浮かべるようになっている。


その後ときめに完成したガイアドライバーrexを与え好きなメモリを選ぶよう言うも、彼女は当然断固拒否。しかしWがミュージアム頭領その協力者を倒したこと、それを受けて財団Xがガイアメモリ計画の打ち切りを決めたことを伝え、妹を守るためだと計画に協力させる。

そう、オペレーションXとはトワの暴走を食い止める策ではなく、「財団Xから逃れて裏風都を完成させ、雪侍の理想郷とする」彼の野望そのものだったのだ。組織に恩義こそ感じていた雪侍だったが、結局は自分の理想を達成させるための踏み台としか思っていなかったらしい。


財団Xも薄々それを感じていたのか、関連設備の破却と撤退指示を無視した雪侍たちに制裁を与えるべく、精鋭部隊と思わしきメンバーが裏風都へと足を踏み入れる……。


ネタバレの余談

カラーイラストやアニメでは、ときめと似た髪色をしていたことから、ファンの間では「ときめの肉親(兄ないし父)」ではないかと早い時点で考察されていた。


ガイアメモリに魅せられ、組織に命じられるまま実験に手を貸す姿はある意味ではフィリップのIFとも呼べなくもない。

また、家族の変わり果てた姿と能力を見て怪物の心を宿してしまったという点では旧組織のトップだった恐怖の帝王と共通している。


真の関連タグ

デザイナーベビー シスコン

関連記事

親記事

裏風都 うらふうと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7618

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました