ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

風都探偵第5話「pは悪魔だ」に登場する東城整骨院の整体師。東城整骨院は今回の依頼人の漫画家「菅生伝一郎」の行きつけであり、週末に行き、漫画を描く疲れをとっている。


眼鏡を掛け、髪を結んでいるのが特徴的な男性。整体の腕は抜群で、店が客で埋まるほどである。温厚な物腰で行きつけの客から慕われている。翔太郎曰く「名医」。


伝一郎の他に整骨院に来なくなった客を聞き込みをしたところピアニストの「奏利津子」が浮上した。一ヶ月前、挨拶したところ手袋をした右手を思わず隠したらしいが......。


関連タグ

整体師 風都 風都探偵






































ネタバレ注意!












































































「....ふふっ。まさか見つかるとは思わなかった。黒い方の探偵は凡人だが、こっちの緑くんが優秀なんだろうな。」

「腕狩りはないだろう?俺は泥棒じゃない。交渉を持ちかけて買っただけだ。」

「俺はね....自分も千手観音のようになれる日が来たんだと思ったんだよ。このまま人間の手を集めていけば....俺は最後には万能の神になる!


パズル・ドーパント


その正体は、今回の依頼対象「浮かぶ右手」こと「パズル・ドーパント」であり、裏風都のメンバーである。

穏やかな物腰は演技であり、本性は自分が神になると信じて疑わず、才能のない人間を「凡人」と見下す傲岸不遜な性格。また貪欲でもあり、本人曰く「金を積んででも、一刻も早く欲しいものを手に入れる主義」で幹部の証であるガイアドライバーrexを欲しがっていた。


裏風都のメンバーだけあってハイドープであり、「人間時でも触れた対象の身体能力を瞬時に把握できる」能力を持つ。そのため相手の動きを先読みすることが可能。


また一ヶ月前に行方不明になった奏利津子は実は愛人であり、腕を売ったことを後悔していた伝一郎とは違い自分の苦しみを理解してくれた恩人としてむしろ感謝されていた。


というのも腕を購入した人間の八割は東城に感謝しており、伝一郎のように心底後悔しているのは3、4人しかいないのだという。それほどドーパントの力は超常的であるものと言えよう。

東城は中学の修学旅行に行った際千手観音像を目にしており、それを見て心底美しいと感じ憧れるようになる。


一年前、興味本意でパズルメモリを購入し、「自分の肉体を分解する」「パーツを組み替えることで多少能力が変化する」という大したものでしかなかったため落胆し、物を盗んだり、人を驚かしたりしてはた迷惑な行動を繰り返していた。しかし、当人はもっとメモリの力を伸ばせると気づき、しばらくすると「組み替えたパーツに対象の腕のスキルを奪う」能力に目覚め、元々二本あった腕が四本になっていた。


そしてハイドープになった結果、裏風都からスカウトが来て、莫大な資金援助ができるようになった。こうしてかつて自分を魅了した千手観音になれるという結論にいたり、万能の神を目指す*という狂気に走ることとなった。


まだ正体が明るみに出ていない頃、上記の能力で目星を付けた患者の身体的特性を把握して、弱味(病気や才能の限界等)に漬け込み、その人間と交渉してスキル(つまり)を莫大な金で購入する、あくどい人身売買を行っていた。東城曰く20人程取引を持ちかけたらしい。


裏風都に来て、万灯にドライバーが欲しいとねだり、自身の評価を上げるために仮面ライダーを倒すことを宣言する。その後聞き込みにやって来た翔太郎に奏の情報を教え、彼女の自宅付近で翔太郎とときめと接触し、仮面ライダーWと交戦する。ハイドープ能力で翔太郎の体を熟知していたため攻撃を先読みして圧倒するも、先読みの仕組みに気づいたフィリップが駆け付けファングジョーカーに変身し、フィリップの体を把握していなかったため押されてしまい、奪ったスキルのひとつを奪われてしまう。これにより裏風都に撤退せざるをえなくなった。

その後被害者の共通点がが東城整骨院の患者であることを突き止められ、正体を暴かれてしまう。


そしてドーパントに変身し、裏風都に逃げようとするも醜態をさらしたパズルのステップアップのためにあえてビゼルを停止させた万灯によって阻止されてしまう。

パズルは汚名返上のために、奏と協力し、伝一郎を誘拐し、翔太郎に罠を嵌めさせる。その際伝一郎から金はいらないから腕を返してほしいと懇願されるも、伝一郎の努力をボロクソに罵倒し、踏みにじり、嘲笑う卑劣な東城はついに翔太郎の逆鱗に触れることとなった。


しかしパズルは物ともせずその場を去り、フィリップを始末するべく鳴海探偵事務所に乗り込むも(クレイドールヒートユートピアに続き事務所に乗り込んできたドーパントはこれで通算四人目。1回目は実質パペティアーだが)ときめの連絡で駆け付けた仮面ライダーアクセルの妨害に遭うもスクリームの加勢で難を逃れる。


そして今度こそフィリップを始末しかけるも、始末したと思っていたキズだらけの翔太郎と伝一郎が現れた。


実は翔太郎の感情に呼応して出力が上がったジョーカーメモリスタッグフォンに装填してのマキシマムドライブでスタッグフォンを半暴走させる荒業を使い強引に拘束から脱しており、翔太郎がキズだらけのになったのもその暴走の余波を受けたからである。

これまでの怒りからジョーカーメモリの出力上限を突破した翔太郎の変身するダブル・サイクロンジョーカーと再戦。しかし、前回とは完全に異なる動きと強さに対応できず、一方的に追い込まれる。

サイクロンジョーカー→ヒートジョーカーとメモリチェンジしながらの近接攻撃によってパズル・ドーパントとなった自分の一部であるブロックも、プライドと自信が崩れるように零れ落ち、そのまま地面に叩きつけられてしまう。


「嘘だ。俺は万能の神になる男なんだ。こんな凡人に押されていいはずがねぇ!」


自分の劣勢を認められぬまま、往生際悪くブロック操作をするよりも先にルナジョーカーによって反撃を潰されると、最後はジョーカーストレンジを顔面に受けてメモリブレイクされた。


「俺は…特別な人間なんだ…神になる男……なんだぞおぉぉっ…!」


何度も地面に転がされ、地べたを這いずる醜態を「凡人」と甘く見た翔太郎に見下ろされた挙げ句、「神様気取り」と言われたことで今まで完璧に組み立ててきたプライドが完全に崩壊。屈辱の叫びをあげて失神した。


腕を奪われた人たちも元に戻ると、その後は共犯者の奏とともに警察に逮捕され、現在は風都警察病院に収容されている。その際裏風都を心酔している故メガネウラのように消されはしないから、あの町に戻るためならどんな苦痛にも耐えて見せると一切口を割らないことを宣言していた。また奏本人は東城に心酔していただけなので裏風都のことは知らなかった模様。


一方、伝一郎をはじめのした腕を売ったことを後悔していた人たちは違法な人身売買を行っていたことは変わりないため、警察に出頭することにしたようだ。


後にフィリップの推測でパズルとの戦闘の際ときめが所持していたガイアメモリが火花を散らし、同じ頃怒りで翔太郎のジョーカーメモリも出力がアップしていた。つまりときめが所持していたのはジョーカーのドーパントメモリであることが判明した。


真の関連タグ

風都探偵 裏風都 整体師


ライアー・ドーパント:似たようなことを行っていたドーパント

イザク:思想&目標と断末魔の内容が類似しているライダーの敵キャラ。

ちなみに同作品にアニメ版風都探偵のフィリップの中の人とある怪人役で出演している。

関連記事

親記事

風都探偵の登場人物 ふうとたんていのとうじょうじんぶつ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1249

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました