ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

照井竜「お前のメモリはなんだ?教えろ」

「LOVE…愛、愛の戦士だよ。そんな剣じゃ、傷つけられないぜ?」


データ

身長229.0cm
体重130.0kg
特色/力虚構を真実と思い込ませる言葉の針「ライニードル」の発射、巨大な口を模した杖のような武器「ライスピークス」から放つ強力なエネルギー光弾
登場話第24話『唇にLを/シンガーソングライダー』〜第24話『唇にLを/嘘つきはおまえだ』

概要

「電波塔の道化師」を名乗る何者かがライアーメモリを右の首筋に挿して変身したドーパント

「嘘をついたら舌を斬られる」という嘘つきへの罰がモチーフとなっているのか、銅の装甲に青白い体色が特徴のドーパントで全身に拷問器具のような棘や針を無数に生やしたような姿が特徴。また、嘘を吐くとが伸びる「ピノキオ」のイメージからか、頭部には尖った長い鼻を持つ。


夢を目指す人間を騙し金を巻き上げる詐欺紛いの犯罪で私腹を肥やしている。しかし、このメモリ使用者は金銭が払えなくなった所で真実を明かし、絶望させて流した涙を小さく切った白紙に染み込ませてコレクションする悪趣味を持つかなりの外道エリック・カートマンかお前は。

フィリップからも「屈折した愉快犯」と言われるほどの悪辣さだが、自らが騙された時は憤慨していた。


能力

「嘘ついたら針千本」の表現通り、口から無数の針を発射することが可能。

しかし、本来の能力は「Liar=嘘」という名の通り口から言った嘘を針に変えて敵に刺し、その嘘を信じ込ませてしまうというもの(アクセルが餌食となり、ガイアメモリを酢昆布と錯覚してしまうシーンが描かれた)。


また、専用の武器として舌を出した口を模した杖からエネルギー弾を飛ばす攻撃も持つが、あくまで能力特化型のためか本体の戦闘力は低め。


正体

調査をする内に、このドーパントが涙を集めるのに使った紙はただの白紙ではなく和紙であることが判明。核心を迫るキーワードが手に入ったことで正体が明らかになった。

その正体は路上詩人の沢田さちお(演:モロ師岡)。劇中では売れないミュージシャンであるジミー中田を騙していたが、上記の和紙の数から相当数の人間が被害に遭っている事が窺える(フィリップの見立てによれば、沢田本人も夢に敗れた過去があった事が犯行の動機なのではないかとのこと)


お得意の嘘を信じ込ませる針を封殺されてしまい、必死に抵抗するも最終的にWジョーカーエクストリームを受けてメモリブレイクされた。

皮肉にも、メモリブレイク後の自分の涙が染み込んだ紙が彼の最後のコレクションとなるという、「嘘をついたら舌を斬られる」という言葉に相応しい因果応報の末路を迎えた。


その後の活躍

AtoZで爆笑26連発

井坂深紅郎の診療所を訪れるが、例によってスキンシップの餌食となった為、ライニードルで反撃している。

外に「劇場版に登場するドーパントがいる」と吹き込んで、その様を嘲笑っていたが、ドーパントを探し回る井坂の死角には…


MOVIE大戦アルティメイタム

ライダーリングで召喚された仮面ライダーオーズのオーズバッシュで一閃され爆散した。


ロストヒーローズ2

ハザード・キューブでザコ敵として登場する。前作では登場しなかったがパペティアー・ドーパントユートピア・ドーパントも並びに今作に初登場した。(後者はボスキャラ)


余談

第23話から第24話に掛けて、Wの主題歌を歌う上木彩矢女史とTakuya氏が本人役で、アニキこと水木一郎氏が大貫一朗太役として出演している。なお、水木氏は2022年12月6日に亡くなったため、これが唯一の仮面ライダーシリーズ出演となった。


また、このドーパントの能力である「虚構を確信レベルで信じ込ませる言葉の針」は言葉を針にして対象に「物理的に刺して」術中にはめるという能力であるため、「精神干渉”波”」に先天的な耐性を持ち、実際にWの大ボスであるテラー・ドーパントや、その対テラー能力の試金石として用意されたオールド・ドーパントの能力ですら跳ね除けて見せた照井竜や同様の耐性を持つフィリップさえも見事に術中に陥れてしまっている(このライアー以外ではナイトメアもやはり干渉波を伴わない精神操作能力で照井をハメる事に成功している)。


Wとの戦闘中に「赤い仮面ライダーはドーパントだ」という嘘をWに植え付け、Wとアクセルの同士討ちを誘発したが、そもそもW世界の仮面ライダーはドーパントと同等の存在であるため、あながち嘘ではないと言えるであろう。


第24話で園咲若菜に変装したフィリップに蹴り倒されるシーンがあるが、このシーンのみフィリップ役の菅田将暉ではなく若菜役の飛鳥凛が吹き替えている。

これは菅田氏より飛鳥氏の方が足が上がったためである。

ちなみに当話の収録後、菅田氏は「(女装が今後)癖になっちゃったりして」というスタッフの冗談に「もう二度と女装はしませんよ~」と返したそうだが……後年女装男子役を演じることになるのはまた別の話である。

さらに余談だが、続編漫画(後にアニメ化された)「風都探偵」の「閉ざされたk(アニメ版第9話)」にてフィリップが再び女装をする羽目になり、「ひとつ、弁解させてほしい。なぜかよく女装を押し付けられるが、ぼく本人にそういう趣味はない」と弁解している(なお、この回のCMに入るアイキャッチを見てみれば女装させた人物は明らかに翔太郎と思われた)。また、この前に当たる第7話では「仮面をつける風習」というルールがあった為か翔太郎とフィリップは仮面をつけたが、この時に2人が被った仮面は明らかに原典で2人がつけた仮面シンガーの物と言う前述のオマージュ要素がいくつか挿入されている。


関連タグ

仮面ライダーW ドーパント 嘘つき 照井竜

仮面シンガー Finger_On_The_Trigger


フォルミカアルビュスワーム:中の人が同じ怪人。


ライノセラスファンガイア:夢を追う人間を支援すると言いながら多額の金を払わせ、殺害するという外道な行いをした怪人。


ユニコーンヤミー次回作の人の夢を奪う怪人。


外部リンク

ライアー・ドーパント | 仮面ライダー図鑑 | 東映

関連記事

親記事

ドーパント どーぱんと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3472

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました