ピクシブ百科事典

パペティアー・ドーパント

かなしみのどおぱんと

パペティアー・ドーパントとは、仮面ライダーW第25-26話に登場したドーパントである。
目次[非表示]

「どうだ?自分が操り人形になった気分は。」

概要

小説家・堀之内慶應がパペティアーのガイアメモリを顎に挿して変身したドーパント
クラリネットから放つ怪音波以外は大した攻撃手段を持っていないが、恐ろしいのはその特殊能力。両手から放つ糸を使って人形を自在に操るほか、糸で捕縛した人間やドーパント、仮面ライダーの意志を奪い、文字通り「操り人形」にしてしまう。

劇中では当初、フランス人形の『リコちゃん』を操り、自分の小説を酷評して娘への愛情を否定した評論家たちを襲撃していた。事前にリコと名乗る少女が鳴海亜樹子の前に現れていたため、当初は堀之内の娘・里香子がドーパントの本体と誤解されていたのだが、後に里香子は交通事故で亡くなっていたことが判明する。『リコちゃん』は里香子の残した形見だったのだ。

普段の『リコちゃん』は可愛らしい顔つきだが、操られた際には口が耳まで裂けた悍ましい形相に変形。サバイバルナイフを手にして敵に襲い掛かる。動きが素早く、サイクロンジョーカーの蹴りをいなしたり、サイクロントリガーからトリガーマグナムを奪って発砲するなど、トリッキーな芸当も可能。仮面ライダーアクセルアクセルグランツァーを食らったものの、破壊されないほどの耐久性をも備えている。

物陰から『リコちゃん』を操っていた堀之内はルナトリガーの攻撃で炙り出され、『リコちゃん』も亜樹子に回収されてしまうが、井坂深紅郎の助けでその場を離脱。口論の際に「あんた自分の娘を愛してないんでしょう!?」と非難した亜樹子を抹殺すべく、井坂から手駒として与えられたクレイドール・ドーパントを操って鳴海探偵事務所を襲撃した。

所内にいたフィリップを追い詰めたものの、ガンナーAの乱入でクレイドール・ドーパントを倒されて失敗したため、次は亜樹子を直接襲撃。助けに現れた仮面ライダーダブル、アクセルと交戦する。

当初はアクセルを糸で操ってダブルを追い詰めたものの、メモリガジェット「フロッグポッド」の音声で騙された隙に反撃を受けてアクセルが解放。そのままサイクロンメタルのメタルツイスターによりメモリブレイクされた。

変身解除された堀之内は、妻も娘も亡くして全てを失った事を吐露するが、亜樹子から「まだ『リコちゃん』がいる」と諭される。劇中で亜樹子の前に現れていた少女は里香子本人ではなく、パペティアーメモリが人形に影響を及ぼして現れた幻影、或いは『リコちゃん』の付喪神とでもいうべき存在であり、彼女はずっと堀之内を止めようとしていたのだ。
その言葉を聞いた堀之内はようやく狂気から解き放たれ、慟哭した。

備考

スーツは白いスーツを着たアクターが手袋と頭部を着けただけという簡素な物。
W劇場版第2作「運命のガイアメモリ」にもT2パペティアーメモリとしてメモリのみ登場。
人形の声は後に仮面ライダーOOOキヨちゃんの声に流用された。

関連タグ

仮面ライダーW ドーパント 呪いのデーボ
斎田リコ - 「人形」の「リコ」繋がり。両エピソードには同じ脚本家が関与している。

pixivに投稿された作品 pixivで「パペティアー・ドーパント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1494

コメント