ピクシブ百科事典

サイクロンメタル

さいくろんめたる

サイクロンメタルとは仮面ライダーダブルのフォームの一つである。
目次[非表示]

「えーと、1、2…ああ、面倒臭え!」

3話の



概要

左翔太郎フィリップがそれぞれサイクロンメモリとメタルメモリをダブルドライバーに挿入する事で変身する。

サイクロンの力を纏ったメタルシャフトによる旋風棒術で戦う。
素早い行動のとれるサイクロンと、力はあるが鈍重なメタルは相反するメモリである為、9つのフォーム中では少々相性が悪い(その為、サイクロンを使っていながらルナメタルよりも鈍重)。しかし最も防御に優れたフォームであるため、敵の飛び道具を弾く際に使われる(その場にとどまってメタルシャフトを動かす分にはサイクロンの素早さを十分生かせ、サイクロンサイドでスタミナも回復できるため)。
敵の攻撃をしのいだらヒートメタルへメモリチェンジするのがお決まりのパターン。

また、スタッグフォン、スパイダーショック、バットショットの全てを武器に合体させて使用した唯一の形態でもある。
バットショットをメタルシャフトに合体させるとソニックシャフトとなり、物体を破壊する超音波を放てるようになる。スパイダーショックを合体させた場合は先端から白いワイヤーを放ち、相手の能力を封じる事が可能。スタッグフォンを合体させた場合は後述。

設定とは裏腹に基本9フォームの中では一番大きな武功を揚げており、(フィリップが過去の記憶を取り戻したことによる頭脳プレー込みとはいえ)スミロドン・ドーパントをメモリブレイクしている。
小説版にも登場しており、ゼブラ・ドーパントを撃破している。

スペック

身長195cm
体重100kg
パンチ力3.5t
キック力7t
ジャンプ力37m
走力100mを9.5秒


マキシマムドライブ

マキシマムドライブは『メタルツイスター』。回転しながら、旋風を纏ったメタルシャフトを連続で叩き込む。

スタッグシャフト(メタルシャフト+スタッグフォン)でマキシマムドライブを行う場合、風でできた巨大クローで相手を拘束し挟み潰す『メタルスタッグブレイカー』に変化する。

関連タグ

仮面ライダー 仮面ライダーW 仮面ライダーダブル 左翔太郎 フィリップ(仮面ライダーW)

関連記事

親記事

ハーフチェンジ はーふちぇんじ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サイクロンメタル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41675

コメント