ピクシブ百科事典

スミロドン・ドーパント

すみろどんどーぱんと

スミロドン・ドーパントとは、仮面ライダーWに登場するドーパントの1体である。
目次[非表示]

フィリップ「メモリ使用者を、人間と仮定していた所に僕らの落とし穴があった。」

前置き

猫のミック

そうはいかんざき!


演:ブリちゃん CV高戸靖広(怪人態のみ)

表向きは園咲家で飼われているペットブリティッシュ・ショートヘアしかし、その実体こそがミュージアムの幹部・スミロドン・ドーパントである。
いつもは琉兵衛の膝に乗っており若菜にも懐いているが、冴子霧彦には懐いていない。
12年前に園咲家にやってきたため、年齢は12歳と推定される。人間に換算すればかなりの高齢。怪人態になる時以外は意外と大人しい性格であり、ミュージアムが壊滅し左翔太郎に引き取られた後も堂々としていた。
ちなみに亜樹子が作った特製猫まんまを食べた時にはあまりの不味さから具合が悪くなったらしい。

本編終了後、青年漫画誌ビッグコミックスピリッツに舞台を移してのW本編の続編「風都探偵」でも、鳴海探偵事務所の飼い猫として過ごしている。上の記述に則れば少なく見積もっても13歳オーバーという猫としては立派な老齢でありながらも、ミュージアムで上級ガイアメモリを使う始末屋などという仕事をしていたせいか、まだまだ知力・体力ともに旺盛であり、一度外出したらなかなか事務所には戻ってこないが、風都の猫たちの間でも一目置かれるくらいの存在である模様。
その猫離れした知性的かつ気骨のある立ち振る舞いは、フィリップや亜樹子に言わせれば「翔太郎よりもずっとハードボイルド」とのことらしい。やはり年の功か。
基本あまり人間に懐かないが、美人のときめには初対面ですり寄っていた。(その様子に亜樹子は「私の時と全然態度が違う!!」と驚愕していたが、亜樹子の場合上記の変な餌を無理矢理食べさせたから嫌われているのだと思う。)
また、今作で性別がオスだと判明した。

概要

ミック首輪型のガイアドライバーにスミロドンメモリを挿してもらう事で変身する上級ドーパント。鋭いが武器(両手を合わせる事で光弾も発射可能)で、アクセルトライアル以上の高速移動が出来る。
見た目はスミロドン(サーベルタイガーの一種)の獣人。首輪のドライバーが腹部に移動している。

終盤までダブルとアクセルの両名を圧倒したが、自身の過去を全て閲覧し終えたフィリップから餌を与えられる時の一定の動作を見せられたことで動きが止まり、その隙を突いたメタルスタッグブレイカーでガイアドライバーを破壊され変身が解けた。

スーツは後に仮面ライダーフォーゼカニスミノル・ゾディアーツや小獅子座のゾディアーツに流用されている(シルエットのみの登場)。

MOVIE大戦MEGAMAX』ではナスカクレイドールテラーと共に複製怪人が登場するも、所詮は偽物、仮面ライダーアマゾン大切断の前に敗れ去った。

関連タグ

仮面ライダーW ドーパント

ユルセン:猫繋がり

pixivに投稿された作品 pixivで「スミロドン・ドーパント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16074

コメント