ピクシブ百科事典

原始タイガー

げんしたいがー

デストロン・結託部族の一角『キバ一族』の偉大なる魔女にして母であるスミロドーンの真の姿。
目次[非表示]

「キバ族の母なる魔女スミロドーン、キバ男爵の求めにより100万年の眠りより目覚めて、今ここに目覚めましたぞ」
CV/山下啓介うすいたかやす

概要

仮面ライダーV3・第34話「危機一発!キバ男爵対三人ライダー!!」に登場。
キバ一族の偉大なる母である暗黒の魔女・スミロドーンの真の姿であるサーベルタイガー(スミロドン)型改造人間。鳴き声は「ヌホーッ‼」
設定では100万年前に君臨した猛獣の祖先というトンデモ設定である。アンデッドアンノウンが聞いたら困惑するだろう。そのスミロドンを基に作った怪人という事なのだろう。
100万年もの長きに渡り眠りに就いていたが、一族の歴戦の戦士たちが次々にV3に敗れ去り、追い詰められたキバ男爵が起死回生とライダー抹殺の為の最後の切り札としてドーブー教の秘術を使い現代に甦らせた。

一応女性怪人ではあるが、怪人態では(大人の事情で)体付きが男性的になり、声も男性のものとなる特徴がある。
口から放射する火炎や鋭い牙や爪を使った攻撃を得意としており、「牙型マシン」と呼ばれる牙のフォルムをした専用のバイクを乗りこなす。その運転テクニックは相当なもので、V3や2号と壮絶なチェイスを展開した。バイクには機銃も仕込んである。
スミロド-ンの姿でもこのバイクを使用しており、志郎とのカーチェイスの際にキバ型ナイフも使用した。仮面ライダーシリーズで、オリジナルデザインのバイクを乗用した敵キャラは彼女が初である。

デストロン首領からは当初は「女がライダーたちの相手を出来るのか?」とあまり期待されていなかったが、キバ一族の始祖だけはあり、その戦闘能力はライダー単体より上であり、3人ライダー相手にも善戦した実力者。また、「姉小路」と名乗って風見志郎宛に猛毒を塗ったドーブー教の呪の人形を送り付けて本郷猛を毒に侵させたり、医者に化けて彼が担ぎ込まれた病院へとやって来たおやっさんたちを閉じ込めたりと狡猾な策士家としての一面をも持つ。

順調に計画を推し進め、本郷、風見を捕える事に成功するが、2号との交戦時、彼を完全に葬ったと思い込んでいた事が仇となり、密かに後を付けていた一文字隼人により2人が救出されてしまい計画は失敗。

3人ライダー相手にも奮戦するが、最後は1号と2号のサイクロン号の間にV3がまたがって体当たりする技「ライダートリプルパワー」の前に敗れ去った。

なお、彼女の敗北により“最早これまで”とみたキバ男爵は自らドーブー教の祭壇を破壊。最後の決戦を決意することになる。

一応所属はデストロン怪人なのだが、100万年も眠ってた彼女はいつ改造されたのだろうか。仮面ライダーSPIRITSの設定ならば色々と納得は付きそうな物だが…。恐らくだがゴルゴムは関係ないだろう。デルザー軍団とかならありそうだが。

派生作品での活躍

仮面ライダーSPIRITSに置いて暗闇大使の力により魂を持たない状態で復活。
V3救援のために駆けつけた村雨良に人間態であるスミロドーンの姿で怪人に襲われる一般人を装い彼に取り入ろうとするが、同じく駆けつけた結城丈二に正体を暴露されたため正体を現し彼らに襲いかかる。

原作では男性的な体付きであったが、こちらでは女性的なフォルムにアレンジ、要は女体化されている。
四国の全域を包む特殊な電磁波の為に本来の力を発揮できないZXを精神的に追い詰めるが、最終的には彼にを叩き潰され絶命した。

余談

OPクレジットでは怪人名が「スミロド-ン」と表記されており、キャストが市川治になっている。

2代目EDにてユキオオカミらと主に登場。

関連項目

デストロン キバ男爵 仮面ライダーV3 サーベルタイガー

同じモチーフの怪人

スミロドン・ドーパント

関連記事

親記事

キバ一族 きばいちぞく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「原始タイガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3466

コメント